NFL

2014年2月 4日 (火)

【NFL】スーパーボウル

第48回スーパーボウルもついに終わりました。

ニューヨークでのシアトル・シ―ホークス対デンバー・ブロンコスの戦い。

最後の大一番なのでいつもスーパーボウルは感動ですが、今回もすごい試合でした。

シーズン序盤からシ―ホークスを応援していたので、今回もシ―ホークスを応援してましたが、みごとデンバーのマニングの攻撃を8点に抑えましたね。
それにしても。2年目QBのラッセル・ウィルソンはほんとにすごいですね。
2012のルーキーQBはRGⅢとラックがドラフト前から話題をさらっていて、ラッセルは2012シーズンは影が2人に比べると薄かったイメージですが、成績は抜群でした。
そしてその勢いのまま、2013シーズンを勝ち抜き、マニングも破ってスーパー制覇!お見事でした。

それにしても、今回は最初の1プレー目で、マニングがセンターと息が合わずにまさかのセイフティー!
こんな始まり方はやっぱりスーパーの緊張感から来るんですかね。
その後もマニングは頑張るものの、シアトルのディフェンスがそれを上回り、デンバーの攻撃は前半0点!
今シーズン最高の攻撃陣が0点に抑えられるという展開は誰も予想できなかったでしょうね、いやシアトルの選手やコーチは狙ってたのかな。

ウィルソンの攻撃はリンチのランやショートパス、それに自身のスクランブルも決まり得点を重ね、文句なしのできでしたね。
ウィルソンはモバイルQBといわれてるし実際スクランブルから走ることができたり、相手のサックをうまくかわす身体能力は並はずれてますが、キャパニックやニュートン、RGⅢのように無理に走らないので安心して観てられますね。
それになんといってもパスの精度が高いのと、スクランブルからターゲットを探す能力がすごいですね。
2年目のジンクスも関係なかったし、これからも毎年プレーオフには進出してシアトルを盛り上げてくれそうですね。

シアトルのグッズが欲しくなった。

2014年1月22日 (水)

【NFL】チャンピオンシップ

2013年シーズンもあとはスーパーボウルを待つだけとなってしまいました!

ほんとはブログのカテゴリーも作ってるので、NFLの話題も書いていきたかったのですが、毎週の試合を見るので精いっぱいいでした!
試合は毎週4試合くらいは見てましたね。

ということで先日はカンファレンス・チャンピオンシップが終わり、48回スーパーボウルへの出場チームが決まりましたね。

シ―ホークス対49ナーズとブロンコス対ペイトリオッツの試合はさすがにどちらもいい試合でした。

なんというかNFCは若い新しいQB同士の決勝で、AFCはスーパーボウル制覇経験者同士の戦い。
だからどのチームが勝ってもスーパーは若手QB対ベテランQBになることが決まってましたね。

49ナーズのキャパニックは12年シーズンの途中から先発しだしてみごとスーパーまで行って、今年もチャンピオンシップまで来たのは本物の証拠でしょうか。
シ―ホークスのウイルソンも12年シーズンはルーキーながら序盤で先発QBを任されるようになり、ワイルドカードまで進んで、13年シーズンは序盤から好調でみごとカンファレンス1位通過、こちらもまだ2年目ながら安定した成績で本物の感じですね。

ブロンコスのペイトンは11年シーズン全休と12年シーズンからブロンコス移籍という誰もが不安視するなかワイルドカード進出、13年もチャンピオンシップとさすがはエリートQBですね。
ペイトリオッツのブレイディーも誰もが認めるエリートQBだけど最近はスーパーでは勝ててないですね。13年シーズンは昨シーズンまでのレシーバーが誰もいなくなり、序盤戦はパスが全然通らなくて、苦しい試合が何度もあったのに、一からチームを組み立てなおしてチャンピオンシップまで上がってきたのはさすがですね。

密かに今シーズンは序盤からシ―ホークスを応援していたので、キャパニックを抑えられるか心配でした。
試合は最後のキャパニックの粘りが怖かったけど、なんとか押さえてシ―ホークスの勝利。
しかしニュータイプ?のモバイルQBでパスも正確!どちらも一発逆転があるのでほんと面白かったです。シ―ホークスのホームアドバンテージもあったかな。

ペイトン対ブレイディーはこちらもホームのペイトンが有利だったような感じですね。ブレイディーはプレイオフではラン中心でしたが、チャンピオンシップではランもパスも出ずに苦しい戦いでしたね。寒さ対策もばっちりのペイトンが久しぶりのスーパーへ!

さあスパーです。もうペイトンも選手生活がそう長くないと思われるので、スーパーは最後の花道ではないけど、全力でリングを取りにくるでしょうから楽しみですね。
ウイルソンは2年目でスーパー、まだ若手だしスーパーは緊張しないかな?ラッシュをかわしてのパスとかスクランブルが成功すると波に乗っていっちゃうかもですね!
1回スーパー制覇したくらいではエリートQBとは呼ばれないみたいですが、ウイルソンにはこれからもどんどん活躍してほしいですね。

スーパーの日は仕事なんでうっかり結果を耳やら目に入れないようにしっかり情報規制をしないとだめですね~

2013年1月21日 (月)

【NFL】ついにハーボウル実現【スーパー・ボウル】

いや~まさかこんなことが実現するなんて!

ガオラ解説の浜田氏が盛んに今度のスーパーでは”ハーボウルが見たい”とおっしゃってましたが、そうなれば面白いだろうけど、そんなにうまくいくわけないやん!と今日まで思ってました。

ちなみに”ハーボウル”とは49ersのHCとレイブンズのHCがハーボー兄弟でだからです。

今日は5時に起きて、と思ったら5時20分でしたが、テレビで観戦してました。

まずは49ers対ファルコンズ。シーズンの勢いから行くとファルコンズ有利かなと。
49ersのQBキャパニックも2年目で途中からのスターターだし、ファルコンズが勝つだろうと思って見てました。
途中まではファルコンズがリードしてたのに、49ersのランが出だしてからは、キャパニックの足も生きてきてなんと逆転!

この時点でもまだ、まさかのハーボウルの可能性を残すなんて。
しかし次は天下のブレイディー様のペイトリオッツ!レイ・ルイスに華を持たせるといっても相手が悪い。
そう思って安心して観てたのに、レイブンズがリードで第4クォーターに突入。
なんかペイトリオッツ攻撃がちぐはぐでうまくいってませんよ。逆にフラッコは冷静に攻撃を進めてるじゃないですか!
あれよあれよという間に時間が減っていき、試合終了・・・

なんと49ersとレイブンズが勝っちゃいましたよ、ハーボウル実現ですよ。

浜田さんの予想すごいですね。レイダースはだめだめでしたが。
スーパー行かれるんですかね。
いや~楽しみですね。ん~スーパー当日は仕事なんで情報シャットアウトで録画を観なければ。

2012年12月24日 (月)

GAORA解説陣の予想はどうだったか

GAORAのNFL解説陣がシーズン直前特番で全チームの分析と、各地区の優勝、スーパーボウル進出チーム予想をしてました。
解説陣は浜田さん、近藤さん、村田さん、有馬さんです。
それを一応メモしてまして、どうだったのかな?と振り返ってみようと思います。
一視聴者の遊びです。

まずはAFC東地区 ビルズ、ドルフィンズ、ペイトリオッツ、ジェッツです。
有馬さんはバッファロー・ビルズ、近藤さんと村田さんがニューイングランド・ペイトリオッツ、浜田さんがニューヨーク・ジェッツの予想でした。
この地区は近藤さん村田さんが予想したペイトリオッツが優勝です。他の3チームに比べてひとつ出てる感じでしたね、さすがブレイディー。
ジェッツはティーボウ加入で話題は多かったけどサンチェスがどうもだめで今年も伸びなかったですね。ジェッツの来年のQBとティーボウの移籍先は?HCは?

AFC北地区 レイブンズ、ベンガルズ、ブラウンズ、スティーラーズです。
近藤さん、浜田さんがボルティモア・レイブンズ、村田さん、有馬さんがシンシナティ・ベンガルズの予想でした。ピッツバーグ・スティーラーズを挙げてる人がいないのはちょっと意外でした。
ここは近藤さん浜田さんのレイブンズが地区優勝。ベンガルズがプレイオフ進出でまさかのスティーラーズはプレイオフ進出ならず。ですが解説陣はスティーラーズを挙げてない!さすがですね。

AFC南地区 テキサンズ、コルツ、ジャガーズ、タイタンズです。
近藤さん浜田さん有馬さんがヒューストン・テキサンズ、村田さんがテネシー・タイタンズの予想でした。
ここは3人が推したテキサンズが抜き出てました。そのままテキサンズが地区優勝。
コルツはQBが新人QBのアンドリュー・ラックに代わったということで、上位に来るとは言われてなかったですが、予想外にいい成績でした。コルツもプレイオフ進出!すごいですね。確かこの予想のときに有馬さんが去年ほとんど勝てなかったコルツが新人QBを迎えて急に優勝を目指す雰囲気になれないのでは、とおっしゃてて、ぼくもその通りだと思ってたんですが、この時点で10勝は新人QBとしては記録だしできすぎですね。
ジャガーズがちょっと負けすぎですね。

AFC西地区 ブロンコス、チーフス、レイダース、チャージャースです。
村田さんがカンサスシティー・チーフス、近藤さん浜田さんがオークランド・レイダース、有馬さんがサンディエゴ・チャージャースの予想でした。
ここはなんとノーマークのブロンコスが優勝!1年以上試合から離れていたペイトン・マニングの復活なるか?がみんなの注目だったわけですが、解説陣もさすがのペイトンも移籍一年目はチームとのコンビネーションの問題とか、首の怪我の治り具合とかもあり、すぐには結果は出ないだろうと見ていたのですが、見事に裏切られましたね。ここもさすがはペイトンというところでしょうか。
他の3チームは負け越し、チーフスは2勝とぜんぜんだめでした。
浜田さんが強力にプッシュしていたのでレイダースは注目してたんですが、開幕直後から波に乗れずに注目されないまま終わった感じですね、残念でした。

AFCのスパーボウル進出予想は、浜田さんがレイブンズ、有馬さんがテキサンズ、村田さんがチーフス、近藤さんがレイダース。
この時点で村田さん近藤さんのSB予想ははずしちゃいましたね。

今度はNFC

NFC東地区 カウボーイズ、ジャイアンツ、イーグルス、レッドスキンズです。
有馬さん浜田さんがダラス・カウボーイズ、近藤さん村田さんがイーグルスの予想でした。
ここも前年チャンピオンのニューヨーク・ジャイアンツを誰も推してないのが意外でした。
上位3チームが混戦でぎりぎりの戦いをしてる中フィラデルフィア・イーグルスだけが沈んだ地区になりました。
16週を終りレッドスキンズが首位に!最終週までプレイオフ進出チーム決定は持ち越し。
ジャイアンツは自力でのプレイオフ進出がなくなりました。この辺も解説陣はちゃんとジャイアンツ外してるんですね、さすがです。
そして新人QBロバート・グリフィン3世のここまですごい活躍をだれも予想できなかったですね。イーグルスはまた期待を裏切りQBビックは放出でしょうか?

NFC北地区 ベアーズ、ライオンズ、パッカーズ、バイキングスです。
有馬さんがシカゴ・ベアーズ、浜田さんがデトロイト・ライオンズ、近藤さん村田さんがグリーンベイ・パッカーズの予想でした。
ここは近藤さん村田さんのグリーンベイ・パッカーズが前半戦苦しんだけど、きっちり盛り返して優勝。ライオンズは何度も惜しい試合を落としてる感じがしました、とくにコルツに負けた試合は最後の数秒でラックにしてやられたのでスタフォードもショックな様子でしたね。

NFC南地区 ファルコンズ、パンサーズ、セインツ、バッカニアーズです。
村田さんがパンサーズ、近藤さん有馬さん浜田さんがセインツの予想でした。
ここはアトランタ・ファルコンズがぶっちぎりで優勝、第1シード獲得です。しかし解説陣は誰もファルコンズを挙げてない!今年大活躍のマット・ライアンが地味だからか?
セインツはシーズンオフのディフェンス陣の報奨金問題がやはりかなり影響したようにおもいますね。とくに前半戦はディフェンスがあまり強く当りにいけなかったのでは。それとブリーズがHC代わりになってチームを引っ張っていけるだろうとの解説陣の読みでしたが、HCはチームが大きく変わるくらいの影響力があるので、やはりQBがHC代わりもするようなことはできなかったのでしょうね。ぼく的にはパンサーズのキャム・ニュートンがもっとやってくれると思ってたのでちょっと残念です。しかし去年の活躍で、他チームに研究されたら結果は出しにくくなるんですね、2年目のジンクスというやつでしょうか。

NFC西地区 カージナルス、49ers、シ―ホークス、ラムズです。
村田さん浜田さん有馬さんが49ers、近藤さんがシ―ホークス。
ここは49ersとシ―ホークスがプレイオフ進出で皆さん的中な感じですね、素晴らしい。
49ersは途中でQBがケイパーニックに交替してそこそこやってるけど最終的にこの判断がどう出るか?シ―ホークスもQBは新人のラッセル・ウイルソン。一年目でのプレイオフ進出は素晴らしいですね。

NFCのスーパーボウル進出予想は村田さんがフィラデルフィア・イーグルス、近藤さん浜田さん有馬さんが49ers。近藤さんは地区優勝はシ―ホークス予想だけど、49ersはプレイオフで勝ち上がってSBに行くとの予想でした。
浜田さんはレイブンズと49ersのハーボウルが見たいと何度も言ってましたが、今のところ可能性は残してますね。

あとは最終週を残すのみ。

2012年12月13日 (木)

RGⅢもすごいな

WEEK14のレッドスキンズ対レイブンズ

OTで大逆転劇!4thクォーター後半でRGⅢ はけがで退場しますが、そこまで進めたのはやはりすごいね。

流れはレイブンズの試合だったのに4thクォーターの2ミニッツからはレッドスキンズの流れでしたね。
その時点で8点差、2ポイントコンバージョンでないと追いつかないところをきっちりクォーターバックのドロープレーで同点!
OTに入ってからはレイブンズのプレーを止めてパンとリターンでビッグリターン。その後のFGをきっちり決めて逆転勝利。素晴らしい。

これで7勝6敗。勝ち越してNFC東地区2位。新人QBでここまで来るのはほんとにすごいことですね。
しかしRGⅢの膝の怪我は心配です。

やっぱり8点差だと最後までどうなるかわからないNFLはほんとにおもしろい。

2012年12月 4日 (火)

アンドリュー・ラックはすごいな

もうNFLはweek13です。あっという間に終盤戦ですね。

ところで先ほどガオラで中継していたライオンズ対コルツ戦はすごい試合でした。
途中はコルツにインターセプトが2回ほどあったし、スタホードはこの試合調子よさそう。
それにメガトロンことカルビン・ジョンソンもスーパーキャッチを決めて、地元ライオンズが有利な試合展開でした。

それが4thクオーター3分弱で5点差にしたコルツのラック。
それでもコルツのキックオフで攻撃権はライオンズ。
もう時間もないしライオンズの勝利が見えてきたなと思ってたんですが、1分あれば何が起こるか分からないのがNFL。

最後まで目が離せない。
攻撃権が1分ちょっとでコルツに戻ってくると、パス、パス、パスでどんどん進んで行きます。タイムアウトもない状態から残り18秒ほどでエンドゾーンまで14ヤードに迫ります。

もう4回エンドゾーンに投げ込んで、ラックが決めるかライオンズが抑えきれるかという状態に。
3回パスが失敗。4回目のプレーはターゲットが見つからずスクランブルで万事休すか?
と思ったらスクリーメージラインぎりぎりで前の選手にパス!
そこからエンドゾーンに走りこんで時計は0秒に!!!
ラスト4秒から逆転タッチダウン。まったく今年のルーキークォーターバックとは思えない働きですね。

ぼくはラックよりRG3のほうが活躍すると思ってたんですが、勝ち星ではラックのほうがすごいですね。去年のルーキーのキャム・ニュートンの6勝を上回る8勝を上げてます。
このままラックのコルツでプレイオフ進出とかしたらもうほんとにすごいことですよ。

いや~やっぱりNFLは面白い。

2012年10月14日 (日)

NFL WEEK5終了

NFLを追いかけるのはたいへんですね。

もう5週が終わってる。
全勝を守ってるのはファルコンズとテキサンズ。両チームとも地区優勝は行けそうですね。
しかしNFLは戦力の均衡をうまくしてますね、やはり完全ウェーバー制のドラフトが機能してるんだと思いますね。さっさとどこかの国のプロ野球も導入しないとファンから見放されますよ。

この週びっくりしたのはパッカーズ対コルツですね。試合途中でパッカーズが18点差をつけた時点で、もう決まったと思ってみるのを止めようと思ったんですが、最後まで見て正解でした。エリートクォーターバック対1位指名の新人クォーターバックの戦い。これまで3試合ラックはちょっとNFLのスピードに戸惑ってるように見えたので、ロジャース相手にまさか逆転はないだろうと思ってましたが、どうなるかわからないのがNFLのいいところですね。

ラックの最後のドライブは見事でしたね、きっちり残り数秒で逆転。これはパッカーズには痛い負けでしょうね。これで2勝3敗の負け越し。同地区はベアーズもバイキングスも好調なので厳しい戦いになりますね。

あとNFLは選手の入れ替えも激しいですね、シーズン直前にレイブンズをカットされてレッドスキンズに拾われていたキッカー、カンディフはFGぼ成功率が低くて5週で再びカット。僕も見てましたが、決めて当然と思われるFGを続けて外したときはこれでカットされるかもと思いましたが、ほんとにカットされるからやはり競争はすごいんですね。

ジェッツの2人クォーターバック制はやはり毎週問題になってますね、サンチェスがピシッと勝ち続ければ話も出ないんでしょうが、いかんせん勝てない、するとティーボーを使え!という声がやっぱり出てきますよね。しかしティーボーもランオフェンスで機能してないようだしどうなんですかね、僕個人的にはティーボーを見てみたいんですが。

自作勝敗表をつけるだけでも忙しいけど、どの試合を見てもNFLは面白いので楽しみです。

2012年9月26日 (水)

NFL Week2~3

NFLは週1で全試合が行われますが週1とはいえ16試合もあるので追いかけるだけでたいへんです。しかもマンデーナイトの試合をチェックしたらすぐサーズデーナイトの試合が合ってWeekの間隔がすごく短く感じます。

Week2では1週目に勝ったチームは連勝で勢いに乗りたいところですが連勝できたのはたったの6チーム。とくにペイトリオッツ、レイブンズ、ブロンコス、カウボーイズ、ライオンズ、ジェッツが負けたのは痛かったかなと思いますね。
これで1勝1敗のチームが21といきなり混戦模様です。連敗は6チーム。

Week3もやはり混戦模様ですね。2週目で連勝した6チームのうち3連勝できたのはカージナルス、ファルコンズ、テキサンズの3チームだけ。逆に3連敗してしまったのはセインツとブラウンズの2チーム。全体的に混戦模様なのでまだまだ巻き返せるとは思いますが、この時点での3連敗はチームとして何か機能してないということでしょうから立て直すのはしんどいんでしょうか?とくにセインツは報奨金問題でオフにいろいろあったしHC不在がやはり響いてますかね。シーズンイン前はそれでもブリーズの力でこれまで通り勝てるといわれてたし僕もそこそこ勝つだろうと思っていたのでこのセインツの3連敗は意外でした。
2勝1敗と1勝2敗のチーム合わせて27チーム、どこも波に乗れてないですね。

しかし今シーズンの一番の問題は代替審判でしょうね。1週目は無難に終わったかなと思ったけど2週目、3週目で判定や試合進行で大きな問題があった試合が結構あるみたいです。僕が見た数試合でも49ers対バイキングスはひどかったように思います。とくにタイムアウトかチャレンジかはっきりしないうえに判定が覆ったのはちょっと理解できない。
NFLのニュースではGBとSEAの最後のプレーがものすごく問題になってるようですね。
素人が見ていても”あれ”と思う判定や判断に時間がかかる試合はどうかと思いますね、これでファンに見放されたり選手のやる気に影響を与えるなんてことがあればおかしなことなんで速く審判問題は解決してほしいですね。

2012年9月11日 (火)

NFL week1

ついに本格的に全試合が行われましたね。
録画でコルツ対ベアーズは観ましたが、ラックはやはりNFLの速さにまだ慣れていない感じでしたね。しかしいいプレーもあったのでこれから楽しみです。

他の試合は結果をチェックしただけですが、RGⅢがブリーズ相手に勝利を収めてますね。開幕戦でルーキーQBが勝利すると10数年ぶりになるとかコルツ戦で解説が言ってましたが、RGⅢがやってのけたようですね。ガオラを録画してチェックしよう。
しかしあのブリーズが乱調ということは、やはり報奨金問題でチーム状態は悪い方向に行ってしまってるということなんでしょうか?立ちなおすことができるでしょうか。

デンバーに移ったマニングも勝ってるようなんで、今年は完全復調で勝っていけますかね、まだまだ注目です。

しかし一週間ごとに16試合もあるからチェックするだけで大変です。今年は頑張ってシーズン通して週に1試合は観てスーパーボウルまでいきますよ!

2012年9月 9日 (日)

NFL

NFLがついに開幕しちゃいましたね~

2月にスーパーボウルが終わってから今シーズンが待ち遠しかったのですが、シーズン前からずっとNFLのことを追いかけてみてるのは今シーズンが初めてです。

始まってしまうとウィークの試合数が多いのでチェックするのが大変になることは間違いないですね。

さっきエクセルで今年の全チームの結果も書き込める対戦表を作ってプリントアウトしました!

先日のガオラの解説陣4人の今シーズン予想は大変面白かったですね、録画してるのでまた見て勉強しないとだめです。しかし今年の見どころ注目点をいろいろ解説してくれてるので非常に良いと思います。

NFL観るならガオラ!

NFLジャパンのトピックでも書いてありましたが、”4回の攻撃で10ヤード”とか”タッチダウンで7点”とかの説明してるような放送はいらないです!村田さんのかなり奥深いちょっと僕にも解らない解説のほうが観てるほうも勉強するし、解らないなりに面白い。
それにしても濱田氏のお腹はすごかった(笑)

ダラス対ジャイアンツはまさかのダラスが勝ちましたね、このままロモの勢いがつくと面白かも。イーライは巻き返してきてプレーオフは行くでしょう。

コルツのラックとレッドスキンズのRG3のルーキーはどちらが成績残すか?
2年目のキャム・ニュートンは?
ペイトンは復活なるか?
ジェッツの2人QBは機能するのか?
HCのいないセインツは?
ほかにもいろいろあるんでしょうが僕がいま思いつくのはこんなところかな、真剣にNFLみだしたのは去年からなんでまだまだこれから勉強しないとだめですね。

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ