« 新西国三十三所霊場 | トップページ | 【宝塚】改訂版⁉たからづか歴史 ガイドマップ »

2016年6月21日 (火)

スズキはリンスと契約!

なんとスズキが2017年のライダーにアレックス・リンスを指名!
 
16年シーズンをMOTO2で走っていて成績もいいのでMOTO GPクラスに行くのは問題ないでしょうが、いきなりスズキワークスとの契約は驚きですね。
それと、やはり現在のスズキライダーのアレイシ・エスパロガロがスズキのシートを失うのが驚きです!
皆さんのアレーシの評価はどうでしょう?
僕的には速さは十分にあると思うんだけど、やはりチームが求める”結果”をうまく残せてないのがマイナス評価なのかなという感じがしますね。
ここぞというときに転倒があるイメージも残念だし。
それと、決定的なのは、GP2年目のマーベリック・ビニャーレスに速さも結果も負けてしまってるということでしょうね。
チームやメーカーに対するマシンの評価のフィードバックや開発に対する能力はこちらには伝わってこないので全然わかりませんが、マシンを仕上げる能力もビニャーレスよりも評価が低いのかな?
メーカーやチーム側としては、ルーキーイヤーから結果を出してるビニャーレス、GPを数年経験してるが結果が出ないエスパロガロを見たときに、すでに評価を出してしまったエスパロガロよりも、未知数だがルーキーのアレックス・リンスにビニャーレスのような才能があるのではないかとチャレンジするのは当然だと思いますね。
 
これでスズキは17年シーズンはアンドレア・イアンノーネとアレックス・リンスのコンビ。どちらもスズキが初めてという体制になりますが開発は進むでしょうか?
イアンノーネは一発の速さはあるけど決勝での他車を巻き込む転倒が多いし、開発能力はどうなのかなという疑問符がある。リンスはGP初めてだから未知数。
ワークスのバイクを仕上げるにはやはり開発能力に優れたライダーを用意しないとだめだと思いますがスズキは大丈夫でしょうか。
 
バイクレースの最高峰クラスはさすが競争が激しいですね。”そこそこの速さ”では生き残れない。どんどん新しいライダーが入ってくるということは結果が出なければすぐにはじき出される。
アレーシの来年のGPのシートはあるのかな?
今年のテック3の二人のライダーは結局二人とも新しいKTMに移りますね。
二人ともインディペンデスクラスではトップクラスの成績なので速さは間違いない、ただ新しいKTMに移ってマシンの戦闘力がトップレベルではなかった時がつらいですね。
アプリリアに移ったバウティスタとブラドルが苦しんでるのを見ると、来年のスミスとポルのことが心配です。
これで2017年のワークスのシートは埋まったのかな?今後はサテライトチームの椅子取り合戦が激しくなるでしょうね。まだ夏前ですがストーブリーグは後半戦です。

« 新西国三十三所霊場 | トップページ | 【宝塚】改訂版⁉たからづか歴史 ガイドマップ »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582317/63810809

この記事へのトラックバック一覧です: スズキはリンスと契約!:

« 新西国三十三所霊場 | トップページ | 【宝塚】改訂版⁉たからづか歴史 ガイドマップ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ