« 2015年12月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月27日 (土)

川辺西国三十三所

各地に霊場めぐりというのが設定されてますが、川辺西国三十三所というのがかつてあったようです。

僕はネットで検索して調べたわけですが、僕が参考にしたのは「わが町伊丹」さんのホームページです。しかし現在は「川辺西国三十三所」の紹介ページは閉鎖されてるようです。
もうひとつ各地巡礼の寺院を紹介してるHPとしては「御朱印から始まる寺社寺巡礼」さんです。こちらは御朱印を紹介されてます。

御近所なのでとりあえずお寺の前まで行って写真だけ撮ってきた。
昆陽寺さんで聞いたところ、現在は「川辺三十三所」としてお寺さんどうしの横のつながりとか御朱印のはんこ等は用意してないようです。

西国や薬師、摂津の国等は御朱印の右肩のはんこが「摂津○○番札所」等それぞれあるようです。

第一番 中山寺
Img_1709

第二番 泉流寺
Img_2353

第三番 容住寺
Img_2359

第四番 慈眼寺
Img_1911

第五番 大蓮寺
Img_1909

第六番 常休寺
Img_2303

第七番 發音寺
Img_2377

第八番 安楽院
Img_2013

第九番 観音寺
Img_2413

第十番 昆陽寺
Img_2283

第十一番 遍照院
Img_2295

第十二番 一乗院
Img_2281

第十三番 成就院
Img_2004

第十四番 正覚院
Img_2001

第十五番 白衣観音寺
Img_2415

第十六番 大空寺
Img_2428

第十七番 西運寺
Img_2441

第十八番 大昌寺
Img_2447

第十九番 願生寺
Img_2451

第二十番 圓安寺
Img_2459

第二十一番 西明寺
Img_2474

第二十二番 法園寺
Img_2483

第二十三番 西光寺
Img_2494

第二十四番 行善寺
Img_2487

第二十五番 法性寺
Img_2300

第二十六番 荒村寺
Img_2409

第二十七番 正覚寺
Img_2407

第二十八番 墨染寺
Img_2401

第二十九番 法厳寺
Img_2397

第三十番 正善寺
Img_2392

第三十一番 大蓮寺
Img_2389

第三十二番 光明寺
Img_2388

第三十三番 金剛院
Img_2382

客番 了福寺
Img_2437

2016年2月25日 (木)

アクセス履歴

こんにちは、僕の記事にアクセスいただきありがとうございます。

好き勝手なことを書いてるだけで、あまり皆様のためには役に立ってないと思うんですが、それでもちょこちょこはアクセスがあるので、ぼちぼちマイペースでやってます。

僕はアフィりエーターではないので広告も貼り付けてないし、アクセスが伸びてもブログを続ける励みになる程度で、お金にはならないんですが、それでもやっぱりアクセス数というのは気になるもので、よくチェックしてます。

普段は特に変わったことはないんですが、今日は今まで数年やってきて初めて異常なアクセスがあった!

一つの記事に3時間くらい集中的にアクセスがある!しかし詳細を見てると、実際に誰かがアクセスしてるようで、サイバーテロとかではなさそう。まぁここのサイトにサイバーテロを掛ける意味はないし、サイバーテロのような数でもない・・・

しかし何なんでしょう?なんか「シルミド」に関して発表でもあったのか?ものすごく気持ち悪い。

自分の記事がそれほど大したものじゃないのが余計に申し訳ない(笑)

いや~それにしてもアクセス集中にはびっくりです。

解決しますた。
どーも”ひるおび”とかいう番組で「シルミド」を特集したようですね。それでみなさん一斉に検索を掛けてこちらにやってきたと。
しかしおかげでグーグル先生に聞くと、なんとウィキペディアの次に僕の記事が~(笑)テレビはすごいね。

2016年2月23日 (火)

西国四十九薬師霊場めぐり

各地にある霊場めぐりの一つで、関西中心の霊場巡りであります。
たまたま藤井寺の野中寺さんにはじめて行って御朱印いただこうとしたときに、薬師霊場の案内のパンフレットが置いてあり知りました。
その野中寺さんでは御朱印は薬師霊場を回る予定はなかったので、聖徳太子縁起のものをいただきました。

四十九ヶ所すべて回ることができるかどうかはわかりませんが、回れたところをここで紹介していこうと思います。

薬師瑠璃光如来のことを一般的にお薬師さんと呼び、親しまれています。お薬師さんは私たちの大切な体や心の病気を救ってくださる仏です。大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山、三重の七府県四十九の西国四十九薬師霊場は時の流れに耐え、歴史の重みを伝えてきた由緒深い、特徴のある寺院です。さらに寺観もよく、文化財にも富み、また、強い信仰心に支えられてきました。健やかな身、心の安らぎを与えてくださる西国四十九薬師霊場へ巡礼してみませんか(パンフレットより)

第一番 薬師寺
奈良市西ノ京町
Img_1489_2

第二番 霊山寺
奈良市中町
Img_2574

第三番 般若寺
奈良市般若寺町

第四番 興福寺
奈良市登大路町
Img_5347_2

第五番 元興寺
奈良市中院町

第六番 新薬師寺
奈良市高畑町
Img_5363_2

第七番 久米寺
奈良県橿原市久米町

第八番 室生寺
宇陀市室生

第九番 金剛寺
五條市野原西

第十番 龍泉院
高野町高野山

Img_5597_2

第十一番 高室院
高野町高野山

Img_5603_2

第十二番 禅林寺
海南市幡川

第十三番 弘川寺
河南町弘川

第十四番 野中寺
羽曳野市野々上
Img_5240_2

第十五番 家原寺
堺市西区家原寺町
Img_3142

第十六番 四天王寺
天王寺区四天王寺

Img_1884
第十七番 国分寺
北区国分寺

 
Img_2842

第十八番 久安寺
池田市伏尾町

第十九番 昆陽寺
伊丹市寺本
Img_2285_2

第二十番 東光寺
西宮市門戸西町
Img_2658

第二十一番 花山院
三田市尼寺
Img_1717_2

第二十二番 鶴林寺
加古川市加古川町

第二十三番 斑鳩寺
太子町鵤

第二十四番 神積寺
福崎町東田原

第二十五番 達身寺
氷上町清住

 

第二十六番 長安寺
福知山市奥野部

 

第二十七番 天寧寺
福知山市字大呂

第二十八番 大乗寺
香美町香住区森

第二十九番 温泉寺
城崎町湯島

第三十番 多禰寺
舞鶴市多禰寺

Img_1931

第三十一番 総持寺
長浜市宮司町

第三十二番 西明寺
甲良町池寺

Img_2239_2_2

第三十三番 石薬師寺
鈴鹿市石薬師町

第三十四番 四天王寺
津市栄町

第三十五番 神宮寺

多気町丹生

第三十六番 弥勒寺
名張市西田原

第三十七番 浄瑠璃寺
木津川市加茂町

第三十八番 法界寺
伏見区日野西大道町

第三十九番 醍醐寺
伏見区醍醐伽藍町
Img_5451_2

第四十番 雲龍院
東山区泉涌寺山内町

第四十一番 正法寺
西京区大原野南春日町

第四十二番 勝持寺
西京区大原野南春日町

第四十三番 神蔵寺
亀岡市裨田野町

第四十四番 神護寺
右京区梅ケ畑高雄町

第四十五番 三千院
左京区大原来迎院町

第四十六番 桑實寺
近江八幡市安土町

Img_2134


第四十七番 善水寺
湖南市岩根

第四十八番 水観寺
大津市園城寺町
Img_5530_2_2

第四十九番 延暦寺
大津市坂本本町

2016年2月21日 (日)

西国三十三所 華厳寺

西国三十三所 第三十三番札所 谷汲山 華厳寺

Img_2248
駐車場から参道沿いの商店を見ながら歩いて行く。年末で初もうでの準備をしていた。参道入り口に大きな駐車場あり。
Img_2249
山門。
Img_2250
山門から本堂までもちょっとだけ歩く。本堂手前は急な石段。
Img_2255
大きな提灯。

所在地:揖斐郡揖斐川町谷汲徳積
いまは名神養老ジャンクションから東海環状自動車道ができてるようですね。
知らなかった。
華厳寺は三十三所満願札所ということで、御朱印は3つあります。三種類から選べるのではなくて満願の御朱印も押してもらうので3つ、900円いります。
西国三十三所は一番の那智山と最後の谷汲山が遠くて大変ですね。
無事平成二十七年度一月から十二月の間で三十三所満願、順打ちでの巡礼できました。

Img_20160110_0035
西国御朱印

Img_20160110_0036_2

西国御朱印

Img_20160110_0037
西国御朱印

Img_20160110_0076
西国御朱印

Img_20160110_0080
西国御朱印

 1

西国満願御朱印

西国三十三所 観音正寺

西国三十三所 第三十二番札所 観音正寺

Img_2110
桑實寺側の分かれ道。前は8号線側から車で上がったのだけど、JR安土駅側からは徒歩で登れる道があると思って今回はこちら側の登り口を探した。
ここをまっすぐ行くと桑實寺に行けますが、車は入っていけないです。駐車場もない。

Img_2111
桑實寺への登山道降り口。前回に来た時に、この看板を見て、安土駅側から徒歩で登れる道があると思ったのだけど・・・
Img_2113
本堂。
Img_2122
登山道はこんな感じ。こちら側から降りて行った。
Img_2124
これも登山道。
Img_2126
城跡もあった。
Img_2127
降りて行くと道が悪くなる。
Img_2132
桑實寺の奥に出てくる。下まで降りると桑實寺の本堂のところに出た。

Img_20160110_0034
西国御朱印

Img_20160110_0075
西国御朱印

所在地:近江八幡市安土町石寺
車で観音正寺の本堂の近くまで行けます。桑實寺からも8号線からも観音正寺への看板が出てます。途中で道が合流します。今回は桑實寺の近くに車を止めて徒歩での登山道を探したんだけど見つけることができず、結局車道を徒歩で登って行った!途中で地元の人たちが新しく登山道を作ってるところに出くわして、その整備中の登山道を登らせてもらった。こちらの方が近いかなと思ったけど観音正寺城跡の方から回り込んだので結構歩いた。
帰りは桑實寺への方へ観音正寺城跡から降りて行くルートで降りた。
桑實寺からは入山料を払って入ります。

2016年2月19日 (金)

2015MotoGP座談会 前編

2015年シーズンを振り返る座談会です。

今回の座談会は原田哲也がゲスト!

まずは去年の座談会でのチャンピオン予想の答え合わせ。
なんと、琢磨くんのチャンピオン予想はロレンゾ6勝とおしかったんですね。
13年14年の流れからマルケス予想が多いかなと思ったら、結構ロレンゾやロッシ予想の解説の人もいてさすがだなと思いました。

座談会を見ながらざ~と流れを追って、感想などを書いていこうと思います。

いきなり琢磨君がわけのわからないこと言って飛ばしますね。天然物は扱いが難しい・・・

今年は15年シーズンにまつわる数字をいくつか挙げて、それをお題にして話を進めようというG+さんの企画のようです。

まずは60。これはヤマハ60周年ですね。僕でも分かりました。
ヤマハはライダーとメーカーの両タイトル、全日本は中須賀選手がチャンピオンに8耐も制覇と上出来の1年でしたね。
8耐は鈴鹿に見に行ってスミスとエスパロガロの走りを見てきました。二人の走りは他のライダーとはキレが違ってましたね、さすがGPライダーでした。
しかしヤマハはこんなにタイトル総なめですが、イメージはあんまりないな。

琢磨君が原田さんや永井さんのことを「さん」づけじゃなくて「くん」づけで呼ぶことにカズートがかみつく!カズートはちょっと神経質だね。これは僕は琢磨君が親しみをこめて先輩を「くん」づけで呼んでるんだと好意的にとらえてます。僕自身、年上年下関係なく「ちゃん」づけで呼んでもらってる。

宮城さんは「ヤマハ」の発音でこだわりを・・・「ヤ」にアクセントがあるんですか、まあどうでもいいです。
ヤマハのマシンとホンダのマシンの今年の改良点のわかりやすい解説。
具体的には、ヤマハはフロント周りの剛性を高めてブレーキング時の安定性を高める方向にして、それが結果に結びついた。対してホンダはエンジンは抜群に早いんだけどエンジンの搭載位置を変更して走安性を高めようとしたが、バランスが崩れて思うような結果が残せなかったということのようですね。

辻本さんは燃料規制のメーカーによる違い、電子制御解説。15年まではメーカー独自のECU。今のGPマシンは素人には想像できないような制御が入ってるんでしょうね。
燃料が22Lから20Lに厳しくなりミスするともうおしまいとは遠藤カメラまん。
今のマシンは電子制御で燃費をシビアに計算してる。そのことは一応知ってた。そのマシン自体の燃費計算がすごすぎるのですね。レース周回数を走りきれるようにレース後半ではアクセル全開でもマシン側が自分で判断して燃料を絞っちゃう、だからペースが上がらない。
だから最終戦のロッシは最後尾グリッドなった時点で勝利は燃費の面から考えて不可能だというのははじめから予想できるんですね。

また琢磨君「ゴン」ネタで滑る・・・
これは当時のことを知らないとちょっとわからないね。
日本はモータースポーツは注目度が低いという話ですね。
93年に原田がチャンピオンを獲って次の年のヤマハのCMで原田を起用するのかと期待してたのに、確かJリーグが始まった年くらいで、ヤマハのスクーター・アプリオのCMもゴン中山だったというお話ですね。
何人が分かるねん!

25はブヂストン。2015年まで25年間GPに参戦してたですね。
意外ですが原田はBSなし。そんなこともあるんですね。
永井さんの話から突然ノビーの話になったのか全く不明だな、まあいいか。

山田さんはバレの存在がほんとにでかかったんだね。たしか08年からバレがBS履くんだけど、07シーズンをケーシーがドゥカティー+BSでチャンピオンを獲ってBS有利な状況が見え始めていた。しかしすでに08のBSの供給体制は決まっていてヤマハはミシュランで行く予定だったんですよ。それをロッシがシーズンオフにBS履きたいと言い出してすごく話題になったのを覚えています。だから08のヤマハはロッシがBSでロレンゾはミシュランという特殊な状況だったような気がする。このタイヤメーカーのコンペティションがあった時代は、レース後のパルクフェルメにマシンが入ってきたらメカニックがすぐにタイヤにカバーをして見えなくしてましたね。データ取りがあるから、レース後のバーンナウトもほとんどしてなかったと思う。

125でシーズン途中でライダーのタイヤスイッチがあって、逃げられたのはかなり痛かったと。それはなんとカズートだったんだね。ロッシはシーズンオフでしたがカズートはシーズン後半にタイヤを変えたんですね、これはすごい。
チャンピオンを獲るために必要な状況を作り出すというプロ意識はすごいし、
タイヤを変えてきっちり結果を残すのがすごい。辻本さんがその辺を確認してましたね。自分のわがままを聞いてもらったからには結果を残さないと絶対にだめですからね。結果が出なければ・・・契約がなくなる。
しかしカズートが2回チャンピオンになって、ノビーがタイトルを獲れなかったというのはこの辺のチャンピオンに対する執着心、厳しさの差があるんですかね。ノビーも当然天才的な速さでチャンピオンを獲ってもおかしくないんですが、残念でした。カズートはGPに行ってからマシンもホンダからアプリリアにスイッチ。弟と二人でイタリアのチームに移籍もしてますもんね。

宮城さんはやっぱり700選ぶ。これは当然ホンダGP700勝。
そして宮城さんのGPマニア解説。ホンダのGP2勝目が国さんですか、ほんとこういうGPの歴史、特にホンダに関する歴史での宮城さんのマニアぶりはびっくりする。
気になるのは400勝記念ライダーの青木治親ですね。皆さんご存じ青木さん兄弟の三男。しかも琢磨君の弟。なのにほとんど話題にならない。2回もチャンピオン獲ってるのに!なぜか治親のことはほとんど話題にならない、なんでなんでしょう?とくに琢磨君は弟のことなんだからいろいろ語っていろんな話教えてほしい。ちなみに僕はミニバイクレースで鈴鹿南コースで治親と走ったことがありますが、フロントローの僕を最後尾の治親が一周目の途中でぶち抜いて行ってマジでびっくりした。ブレーキランプが”チラ”っとしかつかないんだもん!
宮城さんは2014年の座談会くらいからおとなしい!ネットでしゃべりすぎ!とかの声があるのか?最近は振られないと宮城さんがしゃべらないから面白くないな。僕的には宮城さんに大いに語ってほしい。

乗りやすいバイクと速いバイク。これは時々宮城さんが言ってますね。エンジンが強力でもマシンが乗りにくかったら速く走れない。乗りにくいと感じても速く走れるバイクがある。この辺はマシンのトータルバランスがないとうまく走れないということだろうし、トップレベルのライダーの感覚だと、Aさんは乗れてもBさんには全然乗れない、というようなことが普通にあるんでしょうね。

ウィンターテストの話も興味深かった。セパンテストでタイムがよくても初戦のカタールでは状況が違う、しかもナイトレースで、セパンでの結果と単純比較ができない。そこでどちらの結果、感覚が正しいかの判断を下すのが難しいのだと。15年シーズンのホンダは、ここでシーズンの方向性を見極めることができなかったのではないのかという見方なんですね。なるほどです。

ホームで勝てないと話にならない。遠藤さん。
これは昔の日本人ライダーの活躍を懐かしんでの話ですね。90年代は125と言えば日本人ライダーばっかりでしたからね。
でホームの鈴鹿では日本人GPライダーとワイルドカードライダーがまるで全日本のような感じでGPレースしてましたからね。
今のGPではモテギでもまったく良いところがない。ホームでぶっちぎれないのにGP行っても通用するはずない、僕もその通りだと思う。

37.2秒。どうでもいい。アメリカGPでのマルケスのピットレーンに戻るまでの走った秒数・・・
宮城さん、このストレートで止めたマシンのエンジンは使わず、封印されたままシーズンを戦った。マルケスは1基少ない状態でシーズンを考えていたから、予選等では回転数に制限がかけられてたかもという話ですね。しかもアメリカで止まったエンジンはシーズン中めくらず封印したまま。原因究明もシーズン中はしてない!これにはびっくりです。宮城さんにはぜひホンダから聞き出して解説してほしい。
この時、マルケスはスペアーマシンに乗り換えてすぐの最後の1周でポールポジション。乗り換えてもベストタイムが出せるということから、メインとスペアマシンの差がほとんどないということだと。しかし遠藤さんいわく、マルケスはどっちでもいい!・・・逆にペドロサはメインとスペアーをきっちり決めてる。
ライダー的には、マシンセッティングについて、数値的に同じにしてもフィーリングが同じになることはない。エンジンが良いマシンと、乗りやすいがエンジンが遅いマシンをエンジン載せ替えても速くならない。
しかし現在は工作精度が上がってるから昔に比べてメインとスペアの差はほとんど無いくらいになってるんでしょうね。

ダニーの魅力。原田さんいわく、ダニーはきっちり挨拶に来る!それにしても原田さんはすごいしゃべる。もうGP解説のレギュラーになってくれないかな、MOTO2の!そろそろメンバー入れ替えも考えないといけないんではないですか、G+さん!
小柄なダニーは後ろ乗りできない。これは特に雨のような状況や、セッティングが決まってないときに、後ろ乗り、バイクの上で乗り位置を変えての荷重変化を作ることができないのでごまかせない、ということですね。ダニーが安定して結果を出せない原因がなんとなくわかりました。

52はオーストラリア!G+調べ!抜きつ抜かれつの大バトルレースでした。
解説陣も言ってましたが、4輪レースにはないバトルが2輪レースでは見れるのでほんとにおもしろい。

動物ネタもきました。イアンノーネにカモメがぶち当たってましたね、数年前にはロレンゾのバイクに引っかかってそのまま走ってた。琢磨君はコモドドラゴン!鈴鹿の亀、これはほんとによく聞く。ヨーロッパではリスとか飛び出してきますね。

ビニャーレス好き、原田。原田さんはビニャーレスファン!ユーチューブでも見てる。ビニャーレスもMotoGPで大化けするかな。
フィリップアイランドのスリップストリームは最終コーナーから効きはじめる。琢磨君いわく後ろのライダーに引っ張られてフロントが浮いてくる!
これには宮城さんから「それはない」と。

1-2。スズキの予選獲得。これ僕はスズキは予選は一つ柔らかいタイヤを使えたからだと思ってるんですが、そこに触れる解説の人がいないんでどうなのかな?
スズキのマシンは乗りやすいといわれてるが、パワーが上がった時にどうなるか、それとシームレスミッションの開発が待たれるとのこと。

361は、ドゥカティの史上最速361km、ムジェロ。ウイング効いてるからでたのではないか。宮城さんはウイング付きのマシンのテストしたと言ってたな。そして効果があると。

琢磨君しゃべらしてもらえず(笑)

若井物語。ほんとに衝撃的なニュースでした。
しかしモータースポーツでの死亡事故はその後もありますね。ノリックは街中でしたが、大治郎は鈴鹿のシケイン手前。この事故でMotoGPを鈴鹿ですることをホンダが許可しないみたいな噂があるけどどうなんでしょう。

後半の原田のカピアタックについてが楽しみ!
マレーシア事件は解説陣はどう評価するのかな。宮城さんはバレンシアの解説で言いにくそうだった。マレーシアでの辻本さんはブラックフラッグ相当と言ってたが、ぼくもそう思う。カズートは?ノビーは?カピアタック受けた原田は?

イボの宣伝もインパクトあるな~

2016年2月17日 (水)

西国三十三所 長命寺

西国三十三所 第三十一番札所 長命寺

Img_2095
石段の登り口。
山門手前まで車でいけますが、今回は下から石段で上がりました。
約800段って書いてあったかな?30分ほどで十分登れる。

Img_2097
結構急な石段です。大変なようですがそうでもないです。
Img_2098
三重塔。
Img_2099
本堂。
Img_2105
本堂。

Img_20160110_0033
西国御朱印

Img_20160110_0074
西国御朱印

所在地:近江八幡市長命寺
名神で竜王インターを降りてそのまま国道477号線を琵琶湖方面へ。
県道26号線に入り琵琶湖畔の道路で行くのが分かりやすいかな。

駐車場はお寺のすぐ近くまで車で登れます。

僕は今回下から石段で登ろうと思ってたので、登り口の近くに車を止めて行きました。ただ長命寺の駐車場は下には無いのでどこに止めるかはご自身の判断で、自己責任でよろしくお願いします。

2016年2月13日 (土)

西国三十三所 竹生島宝厳寺

西国三十三所 第三十番札所 竹生島宝厳寺

Img_2019
竹生島へは船で渡らなければいけません。
今回は今津港から行きました。

Img_2020
長浜より小さめの船です。
Img_2021
竹生島の港から宝厳寺を見たところ。
Img_2024
参道の石段を登っていきます。
Img_2027
本堂。
本堂手前のこの画像を撮ってるあたりの建物で御朱印をもらう。

Img_2034
三重塔。
Img_2044
竹生島神社。
Img_2043
神社前のここから「かわらけなげ」をする。
Img_2045
鳥居の周りにかわらけがいっぱい落ちてます。
Img_2049
船廊下の下側。

Img_20160110_0032
西国御朱印

Img_20160110_0073
西国御朱印

所在地:琵琶湖!
長浜、今津等から船で渡る。
今回は今津港の駐車場に車を止めて行きました。船の時間等調べて行きましょう。

竹生島はいま数年かけて修理中でしょうか。前に来た時はこのかわらけを投げるところが修理でしたが、いまは他の建物が修理中でした。

西国三十三所 松尾寺

 西国三十三所 第二十九番札所 松尾寺

Img_1916
山門。
Img_1918

Img_1920
本堂。
Img_1922

Img_20160110_0031
西国御朱印

Img_20160110_0072
西国御朱印

納経は本堂手前のこの建物でもらう。
松尾寺、読みは「まつのおでら」

所在地:舞鶴市松尾
舞鶴東インターから国道27号線に出て福井方面に走る。松尾寺駅を越えたら左に松尾寺へ入っていく道がある。そこから山道を登ればいける。

西国三十三所 成相寺

西国三十三所 第二十八番札所 成相寺

Img_1820

Img_1825
本堂。
Img_1822
真向の龍。彫り物です。

Img_20160110_0030
西国御朱印

Img_20160110_0071
西国御朱印

所在地:京都府宮津市成相寺
天橋立の向こう側ですね。
お寺のすぐ下まで車でいけます。ケーブルとバス、もしくは徒歩でもいけるでしょう。

天橋立を上から見るには成相寺まで登るのが良いでしょう。さらに上に展望台もあるようです。

西国三十三所 書写山圓教寺

西国三十三所 第二十七番札所 書写山圓教寺

Img_1814
高速道下の駐車場に車を止める。ここのすぐ横にロープウェーの乗り場がありますが、反対方向にこの看板に従って登山道を目指す。
Img_1819
山沿いに西に歩いて行くと道標があったりする。登山道への看板も何箇所かあった。
Img_1815
40分ほどでロープウェーの上側に出る。登山道でも大丈夫。
Img_5981
仁王門。
Img_5983
摩尼殿下
Img_5985
摩尼殿の舞台づくり。
Img_5988
摩尼殿。
Img_5990
摩尼殿からの景色。紅葉は素晴らしいです。
Img_5994
大講堂、食堂、常行同の三つの堂。
ここでも御朱印をもらった。

Img_6008
奥の院。
Img_6047
ロープウェー駅から仁王門までの間に、三十三所の観音菩薩銅像が置いてある。
Img_1812
往きに見えた姫路城。

Img_20160110_0029
西国御朱印

Img_20160110_0070
西国御朱印

Img_20160110_0089
神仏霊場御朱印

 所在地:姫路市書写
駐車場、ロープウェー乗り場は夢前川と山陽道が交わるところです。

西国三十三所 一乗寺

西国三十三所 第二十六番札所 一乗寺

Img_1797
参道入り口。
Img_1806
階段の途中で三重塔がある。
Img_1808
石段からの本堂。
Img_1804
本堂裏側から。納経は本堂内。

Img_20160110_0028
西国御朱印

Img_20160110_0069
西国御朱印

所在地:加西市坂本町
山陽道加古川北インターからすぐです。駐車場あり。

西国三十三所 播州清水寺

西国三十三所 第二十五番札所 播州清水寺

Img_1728
旧登山道入り口。ここの先に車でいける道路の料金所があるのだけれど、自転車はその車道は通行止め!と言われ、ここに自転車を止めて旧道を登って行った。登山道は登り40分くらいでしょうか。
Img_1722
車で登って駐車場から来ればここへ出る。
Img_1725
本堂。
Img_1726
旧参道を登るとお寺の入り口付近に道標があった。

Img_20160110_0027
西国御朱印

Img_20160110_0068
西国御朱印

所在地:加東市平木
三田の北側です。地図で確かめて行ってください。あんまり目印がない。

西国三十三所 花山院

西国三十三所 客番 花山院

西国四十九薬師霊場 第二十一番 

Img_1713
山門。
Img_1718
花山法王殿。

Img_20160110_0040
西国御朱印

Img_20160110_0077
西国御朱印

Img_1717
薬師如来。西国四十九薬師第二十一番霊場。

07
西国薬師御朱印

西国三十三所霊場巡りを始めた花山法王の御廟がある。

所在地:三田市尼寺
千丈寺湖の東側。R176三田の三輪の交差点から入っていくか、宝塚から西谷方面に入って千刈水源地の横を抜けて行くか。
県道49号線から参道を登っていきますが、相当な斜度です。山門手前に駐車場がありますがほんとにきつい坂です。
参道入り口のお蕎麦屋さんがおいしい。

 

西国三十三所 中山寺

西国三十三所 第二十四番札所 中山寺
摂津国三十三所 一番札所
摂津国八十八所 第七十番 
聖徳太子御遺跡 第二十六番

Img_1709
山門横。

Img_1710
本堂。
山門から本堂までもいろいろな寺院がある。正月の初もうで、3月は梅林でにぎわいます。奥の院へも足を延ばせばいいハイキングになりますよ。

Img_2272
再建中の五重塔

Img_3694
覆いが取れた五重塔

Img_3080
五百羅漢

Img_6591
多宝塔

Img_20160110_0026
西国御朱印

Img_20160110_0067
西国御朱印

Img_20160110_0093
摂津西国御朱印

16
聖徳太子御遺跡御朱印

12
摂津国八十八所 御朱印

Img_20160616_0007
摂津八十八 太子堂御朱印

Img_20160630_0001
西国三十三所 御詠歌御朱印
これは中山寺で新しい御朱印帳を買ったので一番初めに書いてもらいました。

 所在地:宝塚市中山寺
阪急中山観音駅降りてすぐ。そういえば駅名は最近変わったんでしたか。
駐車場は駅前に民間駐車場あり。

Img_3683
参道から

Img_3687
本堂横から

Img_3698
下から見たところ。青色に塗られた軒下と組み物が鮮やかです。

2016年2月11日 (木)

西国三十三所 勝尾寺

西国三十三所 第二十三番札所 勝尾寺

Img_1700
入口。


Img_1701
山門。

Img_1703

Img_1704
だるまがいっぱいです。勝てたお礼かな。

Img_1705
本堂。御朱印はこの横の建物だった。

Img_1707
多宝塔。

Img_20160110_0025
西国御朱印

Img_20160110_0066
西国御朱印

所在地:箕面市
阪急箕面駅側から未納の滝横を通って上がるか、171号線小野原、茨木方面から府道4号線で行く。
駐車場あり。

2016年2月10日 (水)

西国薬師 龍泉院

西国四十九薬師観音霊場 第十番 龍泉院

Img_5594
山門。
Img_5596

Img_5597
本堂。
高野山の中にありますが金剛峯寺からちょっとだけ離れてる。
薬師霊場巡りはそれほどメジャーじゃないので参拝者があまりいない。
御朱印をお願いしたら待ってる間に本堂に案内してもらい、なんと一人だけで参拝させていただいた。

Img_20160110_0086
西国薬師御朱印

Img_5598
石像。

高野山の宿坊にもなってるのですね。

高野山 金剛峯寺

高野山 金剛峯寺

高野山開創1200年祭の期間に行ってきました。

Img_5573
根本大塔。
Img_5569
金堂。
Img_5576
西塔。
Img_5578
孔雀堂、准胝堂、御影堂
Img_5587

Img_5592
本堂
Img_5591
庭園
Img_5563
奥の院への参道。
Img_5601
高野山警察署

05
御朱印

2016年2月 8日 (月)

西国三十三所 総持寺

西国三十三所 第二十二番 総持寺

Img_1695
山門。
Img_1689
山門。
Img_1691
本堂。

Img_20160110_0024
西国御朱印

Img_20160110_0065
西国御朱印

所在地:大阪府茨木市総持寺

国道171号線西河原の交差点を南へ。JRを越えて細い道を左へ入る。
市街地なのでわかりにくい。有料の駐車場があるようです。

山門入って右の建物で御朱印をもらう。

西国三十三所 穴太寺

西国三十三所 第二十一番 穴太寺

Img_1684
山門。
Img_1686
山門入ってすぐ本堂。

Img_20160110_0023
西国御朱印

Img_20160110_0064
西国御朱印

こじんまりしてるお寺です。

所在地:京都府亀岡市曽我部町穴太東ノ辻

大阪からだと国道423号線で亀岡市内に入る手前。
山門手前に参拝者向け民間駐車場あり。

西国三十三所 善峯寺

西国三十三所 第二十番札所 善峯寺

Img_5621
山門。

Img_5625
本堂。
Img_2153
多宝塔。
Img_2156
桂昌院像。

寺域が広くいろいろな建物や庭がある。

Img_20160110_0022
西国御朱印

Img_20160110_0063
西国御朱印

所在地:京都市西京区大原野

国道9号からか長岡天満宮あたりから府道10号・丹波街道に入り、府道208号・善峯道西へ。目印は「善峯寺←」の看板を探そう。
この道は山道でお寺の手前はかなりの急坂です。
登り切ると大きな駐車場有。

西国三十三所 行願寺

西国三十三所 第十九番札所 行願寺

Img_5613
京都市内の街中にある山門。

Img_5620
寺域は大きくないのですぐ本堂がある。
Img_5617

Img_20160110_0021
西国御朱印

 
Img_20160110_0062
西国御朱印

所在地:京都市中京区行願寺門前町

京都市役所の西側の道を北上すれば出てくる。
駐車場はないので近隣で探しましょう。

2016年2月 4日 (木)

西国三十三所 六角堂

西国三十三所 第十八番札所 六角堂
Img_5606
山門。
Img_5609
本堂。

Img_20160110_0020
西国御朱印

Img_20160110_0060
西国御朱印

京都の街中にある。隣のビルのエレベータで上に登ればエレベーターのガラス越しに六角堂が上から見ることができる。

所在地:京都市中京区堂の前町
烏丸通から六角通りを入ってすぐ。駐車場は近隣パーキングへ。

北野天満宮

北野天満宮

Img_1619
楼門。

Img_5464
中門。
Img_5465
本殿。

菅原道真が神様として祀られてますね。
学問の神様として有名ですね。

04
御朱印

所在地:京都市上京区馬喰町
西大路今出川を東へすぐ
駐車場もありすぐ判ります。

西国三十三所 六波羅蜜寺

西国三十三所 第十七番札所 六波羅蜜寺
Img_5555
六波羅密寺。

Img_5558
本堂。
Img_5560

Img_20160110_0019
西国御朱印

Img_20160110_0059
西国御朱印

 清水さんとは違ってひっそりとしてますが、団体さんが来てて、大量に御朱印をもらってたので御朱印もらうのに待たされた・・・

所在地:京都市東山区轆轤町
東山区役所の西側あたりです。路地を入るので判りにくいです。
駐車場はないので近隣のコインパーキングにとめました。

西国三十三所 清水寺

西国三十三所 第十六番札所 清水寺

Img_5550
清水の舞台。
Img_5546
遠くに見える三重塔。これは泰産寺の子安塔かな。ここへの行き方が解らない。
Img_5554
舞台を下から見たところ。

Img_20160110_0018
西国御朱印

Img_20160110_0058
西国御朱印

御朱印は舞台の上を抜けたところです。

所在地:京都市東山区清水
世界的に有名なのですごい人です。駐車場はあるけど東大路近辺のコインパーキングを探すほうがいいでしょう。

西国三十三所 今熊野観音

西国三十三所 第十五番札所 今熊野観音
Img_5540
泉涌寺の山門を進んでいくと左手に今熊野観音寺の入口があります。
この先に駐車場があるようです。

Img_5532
坂を下っていきます。
Img_5539
本堂。

Img_20160110_0017
西国御朱印

Img_20160110_0057
西国御朱印

所在地:京都市東山区泉涌寺山内町
東大路通りの京都赤十字病院の北側の泉涌寺道を入ります。
泉涌寺の駐車場も利用できそうですが、東大路通り近辺でコインパーキングにとめて行きました。

西国三十三所 元慶寺

西国三十三所 番外 元慶寺
Img_5458
住宅街の細い路地を行くと山門があります。

Img_5462
山門。
Img_1616
本堂。
こじんまりとしたお寺さんです。

Img_20160110_0039
西国御朱印

Img_20160110_0078
西国御朱印

所在地:京都府山科区北花山河原町
外環渋谷の交差点から西に入る。1.5km行ったところの細い路地を北へ。
フレスコ北花山店を過ぎてすぐを右折です。非常に判りにくい。
曲がってすぐ右に数台止めれる駐車場がある。
北花山中学の西側。

« 2015年12月 | トップページ | 2016年3月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ