« 2015年11月 | トップページ | 2016年2月 »

2015年12月

2015年12月30日 (水)

【バイクのプラモデル作り方】新準備編

主に車・バイクのプラモデルを作るために必要なものを準備していきましょう。
初めて作る人は全くプラモデルの道具を持っていないでしょうからまずは必要なものから。
いっぺんにすべてを用意する必要はないし、すべているわけでもないので、これを参考に必要になれば買い足すという形で問題ないと思います。

何度も言いますが、プラモデルは完成させてこそです。
雑誌等で紹介されてるプロが教えるプラモデルの作り方のように改造する必要は全くない!
改造ができるのは一部のセンスのある人だけです、だからとにかく素組で色をつけるだけの完成を目指しましょう!
ゲート処理と接着を丁寧にするだけで見れる作品になるはずです、組み立てるだけなら説明書を理解できれば誰でもできる、だからちょっとのことできれいになるのでそこを目指そう。

Img_2146
接着剤:これがないと始まらない。持ってない人はキットと一緒に買いましょう。
ニッパー:プラモデルのパーツは枠にくっついてるので切り離すために必要です。爪切りとかハサミとか家にあるニッパーとかで代用するのではなくてプラスチック用のニッパーを用意しましょう。そしてそのプラモ用のニッパーではプラスチック以外は絶対に切らない。他の物を切ると刃こぼれします。
画像のニッパーは薄刃ニッパーですがとりあえずは普通の安いニッパーでいいと思います。薄刃ナイフは切断面がカッターで切ったようなきれいな面で切れるので後処理が楽です。
カッターナイフ、デザインナイフ:画像はデザインナイフです。パーツを枠から切り離した後のゲートの処理やパーティングラインの処理に必要です。
カッターナイフよりデザインナイフの方が作業はしやすいので用意しましょう。
ピンセット:小さいパーツの接着という作業があるので、小さいパーツを保持するために必要です。
塗料:画像はタミヤのエナメルとアクリルです。

プラスチックは基本的に一色で成形されてるので、塗り分ける場所があるのと、少なくとも見える部分は塗装をしたい。プラスチックの地のままだとやっぱり安っぽく見える。塗装でプラスチック部分を覆うことで質感が上がる。
車・バイク系を作るときには、セミグロスブラックとシルバーかフラットアルミは最初に買っておきましょう。黒系と銀系の2色があればエンジンや足回り、窓枠等を塗り分けるだけでだいぶ質感が上がります。
もう少し用意するなら、ブラック、フラットアルミ、フラットブラック、市販車を作るならクリアーオレンジ、クリアーレッドは要ります。
塗料の種類:塗料にはラッカー系、アクリル系、エナメル系とありますが、プラモデルに食い付きが良いのはラッカー系ですがシンナーのにおいがきつい。アクリル系は水性塗料とも呼ばれるので手入れが楽ですが乗りが悪い。エナメル系は重ね塗りの時下の塗装を犯しにくいので重ね塗りに便利かな。
初めは手軽にアクリルでやってみましょう。
薄め液:塗料に合った薄め液を用意しましょう。ラッカーはラッカー用、アクリルはアクリル用、エナメルはエナメル用です。
薄め液は塗料をちょうどいい硬さにする(何カ月も放っておくとシンナー分が蒸発して硬くなってる)、作業後の筆洗いにも使う。
なるべく筆を洗うときは薄め液のビンに直接筆を突っ込まない。薄め液が汚れたら、塗料に混ぜることができなくなる。
筆:塗装するのに要ります。3本セットのこれでいいでしょう。メタリック系とソリッド系は分けて使う方が良いです。銀を塗った筆で黒を塗るとキラキラが塗装に残っておかしくなる。
塗料皿:塗料をいったん皿に移して薄め液で良いかたさにして塗ります。初めはビンから塗ってもいいかな。
筆洗いの時も皿に移した薄め液で洗いましょう。
混ぜ棒:塗料を皿に移すのと硬さ調整や調色に使います。
ここまではキットと一緒にそろえましょう。

Img_2150
スプレー塗料:車・バイクを作ろうとするとボディは塗りたい。
ボディーのような大きい面は筆では塗れない!絶対に筆むらが出る。だから大きい面はスプレーで薄く何度か塗るという方法で垂れないように重ねて塗ればきれいに仕上がります。
成形色のままより自分の好きな色にする方が良いし、スプレーで色をつけた方が当然質感は上がる。
やったことがなくてもボディーのスプレー塗装は挑戦してほしいですね。少々失敗しても問題ない!
ボディーだけじゃなくて、エンジンや足回りを黒やシルバーでスプレー塗装するだけで作業も早いしプラスチックの質感を消せるので良いです。
サフェーサー:画像は1200番とベースホワイト。
継ぎ目処理の跡を確認するためや、プラスチック成形色を隠ぺいしてボディー色の発色をきれいにしたいときにサフェーサーで下地処理をします。スプレー塗装の喰い付きを良くする効果もあると思います。ベースホワイトは白いボディーの時に使ったりしてますが、どうも塗膜が厚ぼったくなって逆に処理が大変なイメージが・・・
流し込み接着剤:サラサラでパーツどうしを組み合わせてから接合面に流し込むタイプの接着剤。仮組してる状態で接着できるので便利です。
マスキングテープ:パーツを塗り分けるときに使います。マスキングテープはプラモ用を使いましょう。ホームセンターの塗装用マスキングテープの方が安いんだけど、粘着力が強すぎる。
液体サフェーサ:パーツの接合部やボディー等の表面でプラスチックのひけでへこんでるようなところに使ってます。エアブラシでのサフェーサ塗装にも使う。
デカールばさみ:デカール用のはさみ。先が細いので小さい部分も切りやすい。
デカールピンセット:先が平たくなっていて薄いデカールをつまみやすいようになっている。
マークソフター:デカールをプラモデルの面になじませるときに使います。
カッターマット:作業するときにカッターマットがあるとマスキングテープを切るときや、デカールを切り出す時に便利です。あとマットの上で作業することで接着剤や塗料をこぼしたときでもいきなり机を汚さなくて済む。


Img_2156
紙やすり(耐水ペーパー):ホームセンターで1枚100円くらいで売ってる。
600番でゲート処理やパーティングラインを処理。
800番も大きめの段差を消すのに使う。
1000番は600番800番を使ったところの表面をならす。
1200番1500番2000番はボディーの塗装前の処理や塗装中の表面に着いたほこりを取るのに使う。
クリアーの研ぎ出しでも使います。

両面テープ:スプレー塗装するときにパーツを割りばしにとめるときに使ってます。
クリップ:塗装時にパーツをつまんで使う。
割りばし:塗装時にパーツを着けて使う。
つまようじ:接着面が小さいところや細いところは、接着剤の筆でははみ出すのでつまようじを使って接着剤を塗る。液体サフェーサーもつまようじでちょこっと塗る。
綿棒:デカールを貼るときに水分抜き位置決めで使う。
棒やすり:目立たないところのゲート処理に使える。削れすぎるので車・バイクでは使いにくいかな。


Img_2157
クリアースプレー:ボディーの仕上げにクリアーをスプレー塗装するときれいになります。
ゴム手袋:スプレー塗装時に手が汚れるのを防ぐために使ってます。
コンパウンド:クリアー塗装の表面をきれいにならす時に使う。
瞬間接着剤:車・バイクではあまり使わないけど、隙間を埋めるとき等に使える。小さいパーツの補修とか。
エポパテ:基本的に改造しないのであれば要らないかな。


Img_2160
コンプレッサー:エアブラシ用です。
エアブラシ:コンプレッサーにつないでエアーで色を吹き付ける。上級者向けです。色を調色して塗れる。塗膜の厚さが缶スプレーとは比べ物にならないくらい薄い。今はソリッドとメタリックで2本使い分けてる。
洗浄ビン:ハンドピースを洗浄するときにシンナーをビンに吹き付ける。
ラッカーシンナー:エアブラシで塗るときは塗料を3倍くらいに薄めるし洗浄でも使うので大きいのを用意してます。


Img_2165
塗装ブース:もともとの状態じゃなくなってる。モーターでスプレー塗装した時の余分な塗料を吸い取らせる。これを換気扇につないで使ってます。
気休めですが、やはり部屋の中でエアブラシするときは塗装ブースがないとにおいが酷い。

2015年12月27日 (日)

【飛行機プラモデル】 F-20  タイガーシャーク

小学生の時にゼロ戦作ってた時以来かな、大人になってから初めて空モノ作ってみた。

数年間作りかけでほったらかしだった物を無理やり完成させた。
自分はプラモモデラーではあるけど車・バイクモデラーでして、他のジャンルはあまり分からない。
プラモを知らない人にプラモのことを解説しますと。
モデラーには大きく分けて主にガンダムのプラモデルを作るキャラクター系と車や飛行機などのスケールモデラーの2種類がある。
僕はスケールモデラー系なわけだけどスケールモデラーの中でも何種類かに分かれる。
スケールモデラーは大きく分けると、車・バイク・飛行機・ミリタリー・艦船となりますね。
僕は車とバイクばかり作ってるから飛行機の作り方がわからない。
説明書を読めば組み立ては出来るわけですが、実は説明書に書かれてない作業がたくさんある。だから説明書とプラモのパーツを仮組して”接着を先にするか?”とか塗装をしてから接着か?とかここのパーツの合わせ目は消すか残すか?等をじぶんでいろいろ
考えながら作っていきます。
この辺は説明書に書いてないのでモデラーのノウハウと技術と癖が出るところですね。
今回の飛行機が数年もほったらかしだったのは、この自分で手順を考えるところでいきなりつまずいた。
説明書をみるとまずコクピットの中を作ってから胴体を合わせる。
これが飛行機モデラーには当たり前なんでしょうが、バイクモデラーには初めてで、「コクピットを塗ってから胴体に組み込んで、その後に胴体の塗装」という手順で作ることは解ったけど、それならコクピットのマスキングは?これで悩んでしまった。
やってみるとそれほど神経質になることはないと判ったけど、初めてなので、終盤に致命的で取り返しのつかないミスをしてるのに気付く。
コクピットは説明書通りに完成させてから胴体に組み込むのではなくて、座席や小物、デカールは終盤に組み込むことにしていた。
そしたら座席を仮組でコクピット内に置いてみたら、コクピットのベース部分が胴体に対して水平に接着されてなかった!!
しかしもう修正不可能、座席が左に傾いてる・・・
まあ判らないから良しとしましょう(笑)

Img_2079

Img_2082

Img_2084

Img_2087

Img_2090

Img_2092

2015年12月18日 (金)

西国三十三所 三井寺

 西国三十三所 十四番 三井寺 園城寺
Img_5502
大津の市街地からすぐのところにあります。
天皇家や大名と関係が深いということからでしょうか、寺域がすごく広いですね。
立派な山門。


Img_5506
釈迦堂。
Img_5511
金堂。
Img_5520
一切経蔵。
Img_5524
三重塔。
Img_5527
湖国十一面観音霊場第一番札所 
 園城寺別所 微妙寺
ここは湖国十一面観音霊場というのがあるのですね。 




Img_5528
西国十四番札所 観音堂
Img_20160110_0016
西国御朱印

Img_20160110_0056
西国御朱印

Img_5530_2
西国四十九薬師霊場 
  第四十八番札所 水観寺

Img_20160110_0085
西国薬師御朱印

所在地:大津市園城寺町246

国道161号線、観音寺の交差点を東に入って行く。

駐車場有。

西国三十三所 石山寺

西国三十三所 十三番 石山寺
Img_5500
琵琶湖畔に山門があります。石山寺は大きいお寺で駐車場も広いですね。
岩間寺から近いので続けていけます。

Img_5497
東大門を入って受付までに源氏物語の絵画展をやってました。
受付を入って奥に行くとまさに石の山という感じです。

Img_5483
鐘楼。
Img_5489
多宝塔。
Img_5495
本堂。
駐車場あたりからは想像できないくらい山にへばりつくようにお堂が建っているので本堂をうまく写真に撮れないです。

Img_20160110_0015
西国御朱印

Img_20160110_0055
西国御朱印

所在地:大津市石山寺町1丁目1

国道422号線、瀬田川沿い。

2015年12月12日 (土)

【バイクのプラモデル作り方】’01YZR500編

今回はタミヤのYZR500’01を作っていこうと思います。

このバイクは鈴鹿に行って実際にレースを見た思い出のマシンです。
完成まで時間がかかるでしょうがぼちぼちアップしていきます。

Img_2173
まずは中身の確認からです。
画像ではビニール袋から出してますが、説明書を出して袋から出す前にパーツが全部そろってるか確認しましょう。

Img_2175
カウル系のパーツ。
Img_2177
タンクとチャンバー。
Img_2178
エンジンとフレーム。
Img_2180
カウルとスクリーン。
この他にタイヤとビスの袋、デカールもあります。
パーツを出して袋を捨てる前に物が残ってないか確認しましょう。タイヤデカールが要注意です。

Img_2183
もうだいぶ前からですが、タバコロゴが付いてないのでスタジオ27さんのデカールを使います。前期と後期と両方もってますがもちろん前期の鈴鹿仕様で作ります。
他のキットでもタバコデカールや仕様違いのデカールは27さんやタブデザインさん等のデカールを使うとバージョン違いが作れます。

今回は説明書にある程度従って順番に作っていこうと思います。
切り出しの注意点は【バイクのプラモデル作り方】パーツ切り離しを参考にしていただければありがたいです。
説明書ですが、「インスト」と呼ぶ人もいますね。インストが英語を短くした言葉なのはすぐに解りますが、ではなんという単語の略か?自分も知らなかったのでちょっと調べてみた。これは「インストラクション」なのかな。無理に知らない言葉使う必要ないので説明書でいいでしょ。
説明書は組み立てに必要な指示が書いてあるだけなので、ただ指示に従って接着していくだけではやっぱり奇麗仕上がらないんですね。
だから「説明書の行間を読む」ことも大事です。その「説明書の行間」も書いていけたらとおもいます。

Img_2188
1番のパーツ切り出し。
パーツ切り離し編では一気に全部のパーツを切り出しましたが、今回は塗装の工程を考えながら順番ごとにやっていこうと思います。
以前からの作り方でしたらこの段階で、左右のブロックまで組み合わせているところですが、今回はシリンダー周りの塗装を考慮して、先にエンジン塗り分けをしてからエンジンブロック周りの接着をしようと思います。シリンダーは接着。

Img_2195
2番のパーツ切り出し。
ラジエターとヘッド、プラグです。切りだしのみ。

Img_2198
プラグはパーツが小さいので、このようにマスキングテープに張って箱の内側にでも貼っておくと失くさないでしょう。この段階ではゲートか切り離さないでおくのもいいでしょう。
Img_2197
3番のパーツ切り出し。
フレームと三俣。フレームはほぼ黒一色で後から塗装できるので先に接着しておきます。

Img_2204
4番のパーツ切り出し。
ステダンとイグナイター、マスターシリンダー。
小さいパーツなのでゲートの処理を慎重にしましょう。
塗装がまだなので組み立ては後です。
Img_2208
5番のパーツ切り出し。
A25とA27は接着。
今回はリアホイールの真ん中にあるパーティングラインをやすりとペーパーで処理しました。
ここで早速重大な失敗!
丁寧に扱ってたつもりなのにリアホイールのエアバルブがもげた・・・
しかしここは素人モデラー、完璧を目指すのではなくて”完成”を目指して進めていこう!
Img_2208_2
これは前に作った箱を利用して、切り出していったパーツを分けて入れています。上は切り離し前のパーツ。
Img_2210
6番のパーツ切り出し。B37とB23は接着。
Img_2211
7番のパーツ切り出し。
Img_2216
8番のパーツ切り出し。A9とG6、A10とG5は接着。
Img_2219
9番のパーツ切り出し。
Img_2221
10番のパーツ切り出し。

ここまでとりあえずエンジン、シャシー系のパーツを切り出してきました。ゲートの処理とパーティングラインの処理ですが、棒やすりも使ってみましたが棒やすりは金属で一気に削れて仕事は早いですが、表面を削りすぎるのでバイクモデルにはあまり使えないかな。
#600の紙やすりでゲート、パーティングライン、ひけを処理して#1000の紙やすりで表面を整えるのがよさそうです。
次は塗装に入っていきますか。

ここからは切り出したパーツに塗装をしていきます。
説明書の塗装指示を参考にしますが、実車の画像資料があればそれも参考にして塗っていきます。
まずは資料を用意。
Img_2275
レーサーズとか写真集、そして’01鈴鹿GPのパンフレット!
Img_2334
なんとパンフレットを見てみたらビアッジとケニーのところにはサインが!
他にサインをもらってるライダーは、アレックス・バロス、ギャリー・マッコイ、ノリック、中野信矢、原田哲也、ロベルト・ロカッテリ、梁明さんでした。

さて塗装です。
Img_2308
ホイールはブラック(つやあり)なので先に塗って、後のパーツはすべてセミグロスブラックで塗ってます。
よく見ればホイールと他のパーツの質感が違うと思います。
Img_2311
こちらは細かいパーツをクリップで挟んで塗ったところです。
クリップで挟む場所は、接合用の出っ張りがあればそこでつまみます。
接合部や全面を塗らなければいけない場合は、2回に分けて塗ってます。
まず表側になって、完成後も見えてしまう側でつまむか両面テープ等を使って保持し、裏側塗る。
それから裏側をつまんで表面になる側を塗る。
こうすれば表はきれいに、裏側の保持したところが若干はがれたり傷がついてもタッチアップでごまかせる。
表面を塗ったところに両面テープやマスキングテープを貼って糊が残ると厄介だし、クリップで挟むと、せっかくの塗装がはがれるので気をつけましょう。

さて次はメタリック系の色を塗装していきます。
基本的にエアブラシで一回は塗装するんですが、使ってる塗料がグンゼさんなので、タミヤさんの指定色と同じ名前の色がなかったりします。
しかしそんなことはどうでもいい。
チタンシルバーやチタンゴールドなどバイクで頻繁に出てくる色は調色して空き瓶に作り置きしています。
他にも自分で、マグネシゥムやフラットのシルバーなど金属っぽい色を何色か作ってます。
バイクのエンジンやメカ部分の塗装は指定色にこだわるよりそれっぽい色で塗り分けるということで良いと思います。無理に指定色で塗ると、実車の色の雰囲気から外れることがあります。そもそも実車資料を見ると指定色と全然違うこともあるし、極端な話自分の好きな色で塗ってもいいでしょう。
Img_2366
エンジン部分はエアーボックス部は先にセミグロスブラックを塗っているのでマスキングです。
Img_2369
シリンダーにフラットのシルバーを塗った後。
クランクケースはガンメタリックなので、さらにシリンダー部をマスキング。
右側はガンメタリックも塗った後。
マスキングをちゃんとしたつもりでも、でこぼこの部分はやっぱり吹き抜けてはみ出したりするので、そこは後でタッチアップで修正すればいいでしょう。
Img_2372
ラジエター関係やヘッド、ブレーキ、スプロケ等を塗ったところ。
エンジンとエアボックスのかたまりは、セミグロスブラック一色か、ガンメタル一色かどちらかにして手抜きしても大丈夫でしょう。
Img_3811
 塗装が終わったフレームとエンジン、ラジエターを組み立て。
Img_4269
スプレーで塗れない細かいところは筆塗りです。
フレームのエンジンマウントとかブレーキマスター、クラッチのボルトなどですね。
Img_3814
フレーム上から。
Img_3815
チャンバーです。この塗装色には賛否あるでしょうが、雰囲気が出たらそれでいいと思ってます。
チャンバーをシルバーで塗って、クリアーの黄色、オレンジ、赤、青を適当に混ぜながら塗ってます。
サイレンサーのデカールが硬くなっていてちぎれました・・・
あわてずにしっかり台紙からデカールが離れるのを待ったほうがよさそうです。

« 2015年11月 | トップページ | 2016年2月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ