« 三井寺 | トップページ | 【バイクのプラモデル作り方】新準備編 »

2015年12月27日 (日)

【飛行機プラモデル】 F-20  タイガーシャーク

小学生の時にゼロ戦作ってた時以来かな、大人になってから初めて空モノ作ってみた。

数年間作りかけでほったらかしだった物を無理やり完成させた。
自分はプラモモデラーではあるけど車・バイクモデラーでして、他のジャンルはあまり分からない。
プラモを知らない人にプラモのことを解説しますと。
モデラーには大きく分けて主にガンダムのプラモデルを作るキャラクター系と車や飛行機などのスケールモデラーの2種類がある。
僕はスケールモデラー系なわけだけどスケールモデラーの中でも何種類かに分かれる。
スケールモデラーは大きく分けると、車・バイク・飛行機・ミリタリー・艦船となりますね。
僕は車とバイクばかり作ってるから飛行機の作り方がわからない。
説明書を読めば組み立ては出来るわけですが、実は説明書に書かれてない作業がたくさんある。だから説明書とプラモのパーツを仮組して”接着を先にするか?”とか塗装をしてから接着か?とかここのパーツの合わせ目は消すか残すか?等をじぶんでいろいろ
考えながら作っていきます。
この辺は説明書に書いてないのでモデラーのノウハウと技術と癖が出るところですね。
今回の飛行機が数年もほったらかしだったのは、この自分で手順を考えるところでいきなりつまずいた。
説明書をみるとまずコクピットの中を作ってから胴体を合わせる。
これが飛行機モデラーには当たり前なんでしょうが、バイクモデラーには初めてで、「コクピットを塗ってから胴体に組み込んで、その後に胴体の塗装」という手順で作ることは解ったけど、それならコクピットのマスキングは?これで悩んでしまった。
やってみるとそれほど神経質になることはないと判ったけど、初めてなので、終盤に致命的で取り返しのつかないミスをしてるのに気付く。
コクピットは説明書通りに完成させてから胴体に組み込むのではなくて、座席や小物、デカールは終盤に組み込むことにしていた。
そしたら座席を仮組でコクピット内に置いてみたら、コクピットのベース部分が胴体に対して水平に接着されてなかった!!
しかしもう修正不可能、座席が左に傾いてる・・・
まあ判らないから良しとしましょう(笑)

Img_2079

Img_2082

Img_2084

Img_2087

Img_2090

Img_2092

« 三井寺 | トップページ | 【バイクのプラモデル作り方】新準備編 »

プラモデル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582317/62895016

この記事へのトラックバック一覧です: 【飛行機プラモデル】 F-20  タイガーシャーク:

« 三井寺 | トップページ | 【バイクのプラモデル作り方】新準備編 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ