« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月18日 (水)

西国薬師 野中寺 

野中寺さんは古代史の本を読んでるとたびたび出てきて気になっていたので、葛井寺さんのついでに行ってみました。
野中寺と書いて「やちゅうじ」と読みます。近くの地名は「のなか」なのですが、野中寺から採ってると思います。

葛井寺さんから南に行ったところ、府道31号線沿いにあります。

Img_5245
山門横に数台駐車場がありました。

Img_5242
山門を入って正面に本堂がありました。

Img_5239
本堂の手前左右に昔の伽藍配置の礎石がありました。
塔と金堂の跡ですが、伽藍配置は法隆寺式ですが、それぞれ南向きではなくて向かいあう形で建っていたというような説明書きがありました。珍しいですね。
野中寺は聖徳太子縁起なんですね。

Img_5243
本堂横には近くの古墳から出土した石室が保存されてありました。

せっかく来たので御朱印を貰おうと思い本堂の東側の門から奥に行き、受付で御朱印をいただきました。
そこで初めって知ったのですが、ここ野中寺は「西国四十九薬師霊場めぐり」の十四番だったのですね。
それと聖徳太子縁起もあり、御朱印は2種類あるそうです。

今回は西国薬師霊場の方で御朱印を捺していただきました。

間違ってました!この時は西国薬師を回ると思ってなかったので薬師さんではなくて聖徳太子後創立でいただいてました。この時点ではそれほど御朱印を集めようとは思ってなかった。それにこの時初めて寺院によっては何種類か御朱印があるというのを知ったのと、西国三十三所以外の巡礼寺院がいろいろあるんだと知りました。

01
聖徳太子御創立 御朱印

所在地:羽曳野市野々上5丁目9

中央環状線、三原のロータリーを東へ、
またはR170号外環状線野中の交差点を西へ、府道31号線沿い。

西国三十三所 葛井寺

Img_5238
車で行く場合は駐車場が近くにあります。府道186号線沿いです。1時間500円でした。
Img_5231
駐車場からは少し北に上がり一つ目の筋を西に曲がり、細い道をしばらく行くと山門の前に出ます。
駅からだと商店街を通り、西門から入ります。

Img_5232
本堂です。観音様は毎月18日に御開帳されるそうです。

S05
御朱印

Img_20160110_0047
御朱印

所在:藤井寺市藤井寺1
近鉄南大阪線藤井寺駅南側すぐ
駐車場は上記

西国三十三所 施福寺

西国三十三所観音霊場参り

四番 槇尾山 施福寺

Img_5226
外環状線から山側に看板を目印にずんずん細い道を入っていきますと一番奥に参拝者用の駐車場があります。
いっぱいになったら手前のバス用に止めておられる方もいますね。もうちょっと手前には公園の駐車場もありました。そこに止めていいかは不明。

Img_5194
駐車場から歩きはじめると山道は登り始めます。

Img_5198
十三重の石塔。

Img_5199
十三重塔を越えたところに山門があります。
山門から先はちょっとした登山道なのでちょっとしんどいですが、今回は2回目だったせいか軽く登れた。

Img_5209
本堂です。
今回はご本尊を一般公開していたので本堂の中にもあがらせていただきました。間近で観音様を拝めたので迫力がありました。室町時代以前のご本尊のようです。

Img_5214
山の景色。以前はこの場所に茶店があったようですが、現在は無いので駐車場から上では何も買えないです。

Img_5218
本堂までの途中に愛染さんがありました。
本堂まで約40分。

所在地:河内長野市槇尾山町
外環状線R170号線の槇尾中学校南の交差点から入っていくと「施福寺」の看板が出てくると思う。青少年の家を目指すのでもいいでしょう。
ずんずん細い道を不安になりながらつきあたりまで行く。
最後の茶店の手前が駐車場です。
そこからは徒歩40分ほど。

S04
西国三十三所 第四番。

Img_20160110_0046
西国三十三所 第四番。

2015年2月 1日 (日)

西国三十三所 粉河寺

西国観音霊場第三番札所 粉河寺です。

二番の紀三井寺から向かったのですが、国体道路~国道24号の簡単なルートではなくて、ちょっと南に下り県道161号~160号~国道424号と裏側の道で行きました。
交通量も少なくドライブがてら行くにはこのルートもいいでしょう。

Img_5152
駐車場からお寺に入ったところ。本堂まで建物が建ってます。坂道は無いです。
粉河寺の駐車場は数台だけ止めれます。いっぱいの場合は手前の民間駐車場があるのでそちらでいいでしょう。

Img_5154
念仏堂。

Img_5155
太子堂。

Img_5158
山門。

Img_5161
本堂。

Img_5165
千手堂。

Img_5181
六角堂。

Img_5182
丈六堂。

Img_5184
丈六堂の仏像。

Img_5174
十禅律院、宝鐸墜。
六角堂の側から本堂の裏側に抜けると現れます。

Img_5168
十禅律院、本堂。

Img_5178
産土神社。
十禅律院を出て粉河寺の本堂の裏手をちょっと登ると産土神社にいけます。
千手堂からも上がれます。

所在地:和歌山県紀ノ川市粉河
大阪からだと新しい阪和道和歌山北インターから国道24号線へ、橋本方面にしばらく行く、粉河の交差点を左折、少し行って右折して細い道を行き山門を越えたところに駐車場あり。

S03
西国三十三所 第三番。

Img_20160110_0045
西国三十三所 第三番。

西国三十三所 紀三井寺

西国三十三所 観音霊場めぐりの第二番札所 紀三井寺です。

車で行くと、山門のすぐ手前にコインパーキングがありました。ほぼ目の前にあるのでそこに止めることができれば参拝はすぐですね。

Img_5124
ちょっとだけですが門前のお店の前を通り山門へ。

Img_5125
山門をくぐるといきなり急な階段です。

Img_5128
階段を登り切った右手に新しい仏殿があり、中に入ると日本最大の木像十一面観音立像があります。

Img_5130
大師堂

Img_5132
多宝塔。大師堂の横の階段を上り一段上に行くったところです。
横には神社もありました。

Img_5135
開山堂。多宝塔の奥に見えてる建物です。

Img_5140
本堂。開山堂の前の階段を降りると本堂です。

Img_5139
紀三井寺から海が見えます。

所在地:和歌山市紀三井寺
阪和道和歌山インターを降りて市内方面へ、国体道路をしばらく行くと看板があるのでわかると思います。
門前にコインパーキングあり。

御朱印
S02
西国三十三所 第二番

Img_20160110_0044
西国三十三所 第二番

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ