« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月21日 (水)

箸墓以降

箸墓以降

-邪馬台国連合から初期ヤマト政権へ-

近つ飛鳥博物館で平成二十六年秋に行われた特別展でございます。

やっとパンフレット読み終えた。

箸墓古墳に始まる古墳時代前期の約一世紀の畿内の大型古墳について詳しく検証していますね。

学問とはとにかく定義付けが大事みたいですね。ある言葉で表現する物がなんであるのか、ということが解らないと先に進めない。

素人のただの古代史好きにとっては「古墳」とは「古い時代の大きいお墓」くらいの認識の人が多いように思いますが、初期古墳を語る今回の特別展ではそこははっきり「古墳とは何か」を定義しておかないといけないようです。

そうすると「古墳」は「古墳時代の定型化された様式の物」というようなことのようですね。

だから岡山の楯築古墳は厳密には箸墓に先行するということで墳丘墓とするんですね。難しいです。

ヤマト政権の初期3世紀中ごろから4世紀の中ごろまでの巨大古墳は奈良盆地南東部の天理から桜井にかけて、山の辺の道あたりに集中する。
奈良盆地北側や盆地の他のところの古墳は時代が新しくなるので今回は取り上げていない。
その代わり淀川水系の北河内と三島、山城の大型古墳を取り上げます。
北河内は交野市枚方市あたり、三島は高槻、山城は向日市あたりですね。

初期巨大古墳の造営の順としては、箸墓古墳ー西殿塚古墳ー桜井茶臼山古墳ーメスリ山古墳ー行燈山古墳ー渋谷向山古墳と想定されてるようです。
しかし宮内庁の管理でしっかりした発掘調査がされてないのは残念ですね。
もうちょっと詳しく調査するだけで、造営順や想定被葬者が変ったりというような結果が出る可能性もあるけど、それが考古学の面白い、謎の部分でもあります。

初期古墳の大和川水系では、この盆地南東部だけに古墳があるということで、初期ヤマト政権は大和川水系の一帯には強力な支配権を及ぼしていたということが想定されるようです。
その反対に、同時期に北河内、三島、山城には大型古墳が存在するということは、大きな勢力がその地域にあったけど、ヤマト政権の支配下ではなかった、そして大きな「古墳」を作れたということで、何らかの連合関係にはあった、ということなんでしょうか。

副葬品は鏡とか玉、石製品が多いのかな。必ず武器が大量にでるということではないということは、それほどクニグニの争いは無い時代だったのか、比較的友好的に連合を結んでいたのかな。

しかしこの三島は5世紀になると継体天皇陵があって、「王」を出すような地域になるので継続して大きな勢力を持っていたのでしょうね。

とにかくこの時代はまだ日本列島に文献資料というのが無いので、考古学的な調査から想像するしかないのが面白い。

そして朝鮮半島と大陸の情勢のことが最後に書かれたましたが、鉄の流通など半島情勢の歴史をもっと知っておかないと日本の古代史は理解が進まないなと思いました。

あと土器、埴輪の形式論で、二重口縁壺を詳しく検討されていましたが、素人にはまったく解らない。
細かく分類することで、土器埴輪の工房とかの違いが出るのかな。
ちょっとした形式の違いで時代の前後関係が出るわけですが、作ってる人のきまぐれでちょっと形を変えて作ってみた、というような古代人の気ままな製作過程があったりしたら、どうなんだろうと素人考えで思ってしまった。

2015年1月14日 (水)

ありがとう天六学舎2

天六学舎の画像の続きです。

Img_1367

Img_1395

Img_1392

Img_1389

Img_1391
これは校舎から南側に見える建物です。

Img_1398

Img_1399

Img_1402

Img_1401

Img_1404

Img_1396

Img_1394

Img_1397


Img_1361

Img_1414

Img_1419
お疲れさまでした!

ありがとう天六学舎1

我が母校の関西大学天六学舎が長い歴史を終えました。
5年間お世話になった学舎を解体前に訪れて校舎の写真を撮ってきました。
画像で懐かしんでいただければ幸いです。

Img_1365
掲示板に「ありがとう天六学舎」

Img_1358

Img_1360

Img_1359

Img_1409

Img_1408

Img_1362

Img_1366

Img_1363

Img_1364

Img_1373

Img_1374

Img_1375

Img_1371

Img_1370

Img_1407

Img_1376

Img_1377

Img_1378

Img_1379

Img_1380

Img_1383

Img_1384

Img_1386

Img_1388

2015年1月10日 (土)

西国三十三所 青岸渡寺

初詣に熊野那智大社に行ってきました。
去年やっと十数年かかった西国三十三所巡りを満願しまして、前回は順番をバラバラに廻ったので、二巡目は一番から行ってみようと思います。
車で行くなんちゃって三十三所巡りですが、今回は写経をして納経をしていこうとも思っています。

ということで那智山に初詣と、隣の青岸渡寺、那智の大滝に行ってまいりました。
車でいく巡礼ですが、最後はちょっとでも歩いて巡礼の真似ごとと、今回は下の大門坂駐車場に車を止めて、熊野道で登りました。

Img_5059
大門坂の駐車場から道を渡った熊野道入り口。

Img_5073
昔の雰囲気が残る巡礼道。
大門坂駐車場から30~40分で参道入口に着きます。

Img_5081
青岸渡寺の山門をくぐったところ。

Img_5087
一番札所、青岸渡寺。今回から使う2冊目の納経帳を購入して御朱印をいただく。

Img_5084
那智大社からの眺め。

Img_5082
熊野那智大社。

Img_5092
青岸渡寺からの那智の大滝と三重塔。

Img_1512
三重塔と大滝。(子供撮影)

Img_5121
大滝入口。青岸渡寺から徒歩で10分ほど歩きます。

Img_5101
飛龍神社。那智大滝を祭神とする神社になってるんですね。

Img_5106
那智大滝。

Img_5111
遥拝所から。300円で滝のそばまで行けます。

Img_5115
那智大滝。

Img_1516
那智大滝。(子供撮影)

所在地:和歌山県東牟婁郡、那智勝浦町
那智の滝入口あたりから山門下あたりに駐車場はありますね。しかし今回止めた大門坂の駐車場から古道を通って参拝するのもいいと思います。
大阪市内からでも高速道路を使っても4時間くらい見ておいた方がいいでしょうね。
勝浦のところで新宮へ抜ける新しい道路の入り口ができてて那智山への道路の雰囲気が昔と変わってる。まぁ那智山方面への案内表示はでてるので看板を見ていけば間違いないでしょう。
数年前の洪水被害の跡はもうほとんどなかったですね。
現在は白浜から先も新しい道路ができてるようなので時間は短縮されてるかな?

御朱印
S01
西国三十三所 第一番

Img_20160110_0043
西国三十三所 第一番

Img_20160110_0081
飛瀧神社

出雲と大和

出雲と大和   村井 康彦

-----古代国家の原像をたずねて

この本では、主に神社に祭られてる神様を追いかけることで、出雲と大和の関係を見ていこうとしています。読んでいて、前にも読んだかも?と思いましたが、なぜか出雲のことは気になります。

出雲の神様の代表格はやはり大国主神ですね。出雲神話の中で活躍しますが、名前がいくつもある。名前は変わっても、大国主神にすべてをつなげていくのはだいたいどの研究者の方もそうですね。ぼくもとりあえずそれで進めてもいいのではないかと思う。神話の中の出来事ですしね。

神社には祭神が祀ってあるわけですが、古い形態として、山や岩を祭神としてまつることがありますね。大和の大神神社が三輪山を祭神としてるのが有名です。
この本でもまず大神神社の三輪山と大国主、出雲の関係から入り、岩を祭神とする古い神社を訪ねます。

そのなかで、出雲と大和の間になる、丹波の国亀岡にある出雲大神宮が紹介されてる。ここはまだ行ったことがないし、わりと近いところなのでいつか行ってみようと思いますね。
そして出雲周辺と日本海側の出雲神をまつる神社を紹介し、出雲との関係を探る。

出雲の日本海側への影響を見るのに、四隅突出型墳丘墓も紹介されます。
これも古墳といえば前方後円墳が代表ですが、それとは明らかに違う形の墳丘墓が出雲から日本海側の富山県あたりまで存在するようなので、その特異な形から出雲と日本海側のクニグニには何らかの連携関係があったものとみる方がいいように思いますね。

賀茂、鴨神神社の系統も出てきます。
鴨神社といえば京都が有名ですが、大和の葛城地方にも鴨系の神社があるんですね。この本では、出雲系の鴨神社が古代から大和に影響力を持っていたが、長岡、平安と京都側に遷都してからは、京都の賀茂神社が強くなり、奈良の影響力は小さくなったということのようです。

この手の推論を基にしていく話は、神社、祭神、地名等の名前の共通点を比べたり、近い発音のものを強引に結びつけたりということの連続で、話を進めていくので、読みにくいのと、なかなか頭に入っていかないです。

しかし、こういう地道な検証作業をすることで見えてくることもあるだろうし、意外な発見もあるので面白い面もありますね。

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ