« 歴史の森の影法師 | トップページ | 【映画】ハンニバル »

2014年9月26日 (金)

南予の観光スポット

南予とは愛媛県の南西部の地方の呼び方であります。

親戚関係がいるので夏には時々遊びに行きます。

南予の観光スポットを何箇所か紹介していこうと思います。

まずは宇和島城
Img_1120
天守閣

Img_1131

Img_1127

Img_1124
天守閣の中も登れるようになってます。
写真や資料が展示してあります。

Img_1117
天守閣から北側の景色。

Img_1130
天守付近から宇和島湾方面。

Img_4873
宇和島城にのぼる石段は陰になっていて滑りやすいです。

城山郷土館
宇和島城も天守のすぐ下に郷土館があります。
Img_1132

Img_1134
牛鬼

Img_1139
昔の生活用具

昔の生活が解る道具がたくさん展示されています。

Img_1143
唐蓑なんですね、千歯こきだと思い込んでた。
これは郷土館じゃなくて親戚の家に行ったら置いてあった!

市立伊達博物館
宇和島は伊達家が歴代藩主として栄えた街なんですね。
伊達といえば伊達政宗ですが、その政宗の子供が宇和島初代藩主なんですね、知りませんでした。

伊達家に伝わる本物の道具等が展示されています。ほぼすべて本物でレプリカは無かったように思います。
江戸時代の支配階級が使っていた一級品の道具の実物が見れるすばらしい博物館だと思います。
当時の大名文化とでもいうものが解ると思います。
Img_1149
館内撮影禁止だったので博物館から望む宇和島城。

伊達博物館は春頃に毎年江戸時代のひな祭りの飾りを展示するというようなことを親戚から聞きました。これに合わせていくのもいいですね。

四国カルスト・大野ヶ原
Img_1144
高原で岩がごろごろしている景色です。
牧場になっていて放牧しています。
Img_1146
台風接近中で小雨の中だったので高原の奇麗な景色は望めませんでした。
愛媛と高知の県境になります。
道路は山道なので車酔いする人は厳しいかも。

明浜
Img_8086

夏はやっぱり海であります。
Img_8091

地図では大早津海水浴場となってるところです。
最近はいつもこの海岸に遊びに行ってます。砂浜も奇麗だし海も穏やかで子供でも遊べます。
シャワー室もあるし、海を上がれば山側に温泉もあるのでそこに入ると気持ちよく帰れます。

ガイヤナ・ユメカイナ

Img_3448
愛南町西海観光船、ガイヤナ乗り場です。
海の中を見る観光船です。船底に窓が付いていてそこから海底のサンゴや海を泳ぐ魚を見ることができます。

Img_3434
沖合へ出ていきます。
船の中から直接海の中を見るので、生の水族館といったところですね。
Img_3440
船底の窓から海の中を見ます。
自然のものなので天気が悪いと見れないですね。けどなかなか体験することのない景色が見れていいですよ。

宇和海展望タワー
Img_3458
ガイヤナの乗り場からすぐのところなのでいっしょに周れます。

紫電改展示場

展望タワーの下に紫電改の展示場があります。
宇和海に沈んでいた紫電改を引き上げ復元展示してあります。

ここも合わせて行けます。
Img_3459
Img_3462
Img_3465
Img_3467
Img_3468
Img_3472

虹の森公園おさかな館
松野町にある水族館ですが、海ではなくて基本は川魚の水族館です。
山間部になりますが、四万十川の上流の支流になります。

Img_5821
こじんまりした水族館だけど大きな水槽もあります。
Img_5836
魚に触れることもできます。

滑床渓谷
おさかな館からさらに奥に入っていったところに滑床渓谷があります。

Img_5860
渓谷の奇麗な景色が楽しめます。

Img_5861
岩のところにいけますが滑床なので滑りますよ!


Img_5841
宿泊施設でお土産も買える

宇和島鯛めし
Dsc_0030
かどや弁天町店の鯛めし
刺身状態で出てくる鯛の切り身をつゆにつけて、ご飯に載せて食べます。

うわじまちゃんぽん
Dsc_0031
うわじまちゃんぽんなどというのがあるのは知りませんでした。
最近メディアで八幡浜ちゃんぽんというのを聞いたので、そのことを親戚のおばさまに言ったら、「あれは宇和島の真似!うわじは昔からある」と教えてもらい、宇和島の麺どころ菊屋さんに行ってまいりました。

平家谷、流しそうめん
八幡浜から山を入っていったところに平家谷の流しそうめんがあります。
Img_8133
普通にそうめんを食べるよりこういうところに来て流しそうめんを楽しむのも面白いです。
Img_8151
ここではニジマス釣りが出来て、釣った魚をその場で塩焼きしてくれて食べることができます。
Img_2300

観音水、流しそうめん
Img_0269
西予市から入ったところにあるのが観音水。
ここにも流しそうめんを楽しめるところがあります。

Img_0268
清流が流れていて夏でも涼しげです。

和霊神社
Img_2344

Img_2349
公園にはSLの展示もあります。そういえば宇和島駅の前にもSLが置いてありますね。

« 歴史の森の影法師 | トップページ | 【映画】ハンニバル »

雑談」カテゴリの記事

コメント

ナガオカ様

おはようございます。

昔々 40年前に社会人になり二回目の賞与で四国を一周する国鉄が発行する均一周遊券で行った事が有ります。
たしか宇和島は闘牛が有った様に記憶しています。
当時 国鉄バスと鉄道を乗り継ぎ5日で周り バスがボンネット型でしたね。

いい時代でした。

ナガオカ様

追伸

ナガオカ様の出身の県の隣の高知県の宿毛の方で大阪狭山市の金剛で「はりやま寿司」をされておられます。
ここでは魚の美味しさを教えてもらいました。(笑)

ご参考までに

僕はバイクで四国四県は走りましたね。お遍路もいずれは行ってみたいです。
宇和島の闘牛は今は観光客向けで年数回やってるようです。「流転の海」でも闘牛牛の話が出てたような。
宇和島はお城とか見どころもあるんですが、自治体の情報発信力が弱すぎるのが残念です。今年も伊達家400年祭やってたんですが盛り上がってなかったようです。
宇和島ではぜひ「鯛めし」を食べてほしいですね。

ナガオカ様

四国の外回りの一周の旅は時間と費用の為に弾丸旅行で中々 落ち着いて見れずに残念でした。

鯛めしは美味しそうですね。

観光も宣伝は良し悪しで あまり大々的に やれば地域の良さが壊される場合もありますからね。
難しいですね。

京都の嵐山などでは中国共産党政府の有名な幹部の身内の女性が老舗旅館を買収されましたね。

ナガオカ様

おはようございます。
以前に宝塚海軍予科練生の子供の一人が徳島に流され無縁墓地に埋葬された話を聞き そのお寺に行った時に和尚さんから四国の歴史を聞きましたが 四国は如何に歴史が深い地域か驚きました。
無縁墓地には源平合戦の時に無数の兵士の遺体が流れつき埋葬されたとの話でした。

四国は瀬戸内の交易では重要な場所だったとの話

私の御先祖様は回船問屋を営んでいる時に高松と縁があると聞いた記憶が…

彦左衛門さま
四国もいいですが、私は東日本はほとんど行ったことがないので皇居や東照宮はぜひ一度行ってみたいですね。
今年は清水寺に行きましたが、日本人より中国人の方が多いくらいのイメージで最悪でした!行ってはいないですが金閣寺も多分同じような状態じゃないかと想像します。
宝塚海軍予科練も全く無知なので今後の課題ですね。
四国、瀬戸内海は古代から人の生活が活発だった地域なのではないでしょうかね。
道後温泉は古事記、日本書紀にも出てきますしね。
四国には平家の落ち武者の村の言い伝えのある地区が結構あるみたいです。
うちの親戚にも「清家」という家がありますが「平家」を清家に変えて生き延びたとか。伝説かもしれませんが。

こんにちは

お疲れ様です。
私は中学生の頃に高校野球に出場された東奥義塾の縁で弘前に行った事があり その後 仕事で何十年後に津軽を最初に1ヶ月かけ南に徐々に下がってきた来ました。
青森の蕎麦が美味しかったです。

晩年は仕事で仙台や茨城県 栃木県 千葉県 群馬県 埼玉県 神奈川県に行きました。
その時に日本の国が…侵されている現状を目にする事が多々ありました。(泣)

東日本震災は皇居前の道路で遭遇し目の前の建築中のビルのクレーンが柳の枝の様に揺れていたりと…
私の車が転けるのではと…
大地震を二回も体験しました。

その後は東京都内から抜けるのには一苦労 東京都の直下地震が起きれば東京都は関東大震災よりも被害は大きくなるのかと実感しましたね。
今の日本の国の官僚と政治家?は日本の国の足元を見ずに…東京都だけでなく名古屋・大阪などなどの都市を新たに開発姿勢には危うさを感じます。

大昔 中学生の頃に修学旅行で東京に行きましたが 光化学スモッグやらで目をやられました(笑)

追記

昔々 大昔に千代田区の旧大蔵省 現財務省に行きましたね。
駒形どじょう屋にも(笑)


ナガオカ様

追記

家紋が揚羽蝶でした。

中国人の観光客には…有名観光地のホテルで団体ど宿泊が一緒になりバイキング形式でイナゴの大群の様で私の食べる分が全て食いつくされ皿だけでした(怒)

ホテルや旅館を利用する前に中国人の観光客が一緒か確認をする必要があります。(怒)

彦左衛門さま
東日本のときは仕事で大阪で仕事でしたが、大阪でも地震を感じて、震源が東北とわかった時は大変なことになるなとすぐ思いました。
その後仕事で2週間後位に仙台から気仙沼入りして、まだまだ手つかずの状態を見てきました。
東日本震災は地震というより津波被害がメインでしたね。実際津波が届いた家と届かなかった家では、隣どどうしでも全壊か無傷かくらいの差がありました。
東京でも目をやられるほどの光化学スモッグだったんですね、小学生のころたまに注意報が出ていたのを覚えています。
来日中国人のホテル朝食でのマナー無視は、最近ネットでも話題になってきて一般人の人にも知れてきたので、中国人が利用するホテルを避ける日本人が出てくるでしょうから、その時ホテル側が中国人をとるか日本人をとるか、ということになりそうですね。
日中友好を叫ぶ人もいますが、日中の共存はできなさそうですね。
揚羽蝶の家紋は平家なんですね、勉強になります。

おはようございます。

「中国 百年マラソン」なる本を ご参考までに

孫子の兵法を基にした思考での政治には要注意

ナガオカ様

追記

以前 欧州と日本と往き来されて居る方からの話ですが日本が1つに纏まなければ今の日本は負けると断言をされていました。
まさに言われる通りかと…
財界も政界も日本人の日本国民も自虐的な教育から目を醒まして日本人の日本国民として平和ボケから脱しないと…
良いように扱われて血を吸われ骨の髄までしゃぶられてしまうでしょう。
表現はキツイですが世界は弱肉強食の世界です。

彦左衛門さま
「中国 百年マラソン」ですね、チェックしてみます。

ここ数年の日本ははっきりと分かれてるイメージがしてきましたね。
しかも少数派の方が声がでかいという!(笑)
しかし気付いてきた人も確実に増えてきたのでここが踏ん張りどころでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582317/60378385

この記事へのトラックバック一覧です: 南予の観光スポット:

« 歴史の森の影法師 | トップページ | 【映画】ハンニバル »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ