« 2014年8月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年9月

2014年9月26日 (金)

南予の観光スポット

南予とは愛媛県の南西部の地方の呼び方であります。

親戚関係がいるので夏には時々遊びに行きます。

南予の観光スポットを何箇所か紹介していこうと思います。

まずは宇和島城
Img_1120
天守閣

Img_1131

Img_1127

Img_1124
天守閣の中も登れるようになってます。
写真や資料が展示してあります。

Img_1117
天守閣から北側の景色。

Img_1130
天守付近から宇和島湾方面。

Img_4873
宇和島城にのぼる石段は陰になっていて滑りやすいです。

城山郷土館
宇和島城も天守のすぐ下に郷土館があります。
Img_1132

Img_1134
牛鬼

Img_1139
昔の生活用具

昔の生活が解る道具がたくさん展示されています。

Img_1143
唐蓑なんですね、千歯こきだと思い込んでた。
これは郷土館じゃなくて親戚の家に行ったら置いてあった!

市立伊達博物館
宇和島は伊達家が歴代藩主として栄えた街なんですね。
伊達といえば伊達政宗ですが、その政宗の子供が宇和島初代藩主なんですね、知りませんでした。

伊達家に伝わる本物の道具等が展示されています。ほぼすべて本物でレプリカは無かったように思います。
江戸時代の支配階級が使っていた一級品の道具の実物が見れるすばらしい博物館だと思います。
当時の大名文化とでもいうものが解ると思います。
Img_1149
館内撮影禁止だったので博物館から望む宇和島城。

伊達博物館は春頃に毎年江戸時代のひな祭りの飾りを展示するというようなことを親戚から聞きました。これに合わせていくのもいいですね。

四国カルスト・大野ヶ原
Img_1144
高原で岩がごろごろしている景色です。
牧場になっていて放牧しています。
Img_1146
台風接近中で小雨の中だったので高原の奇麗な景色は望めませんでした。
愛媛と高知の県境になります。
道路は山道なので車酔いする人は厳しいかも。

明浜
Img_8086

夏はやっぱり海であります。
Img_8091

地図では大早津海水浴場となってるところです。
最近はいつもこの海岸に遊びに行ってます。砂浜も奇麗だし海も穏やかで子供でも遊べます。
シャワー室もあるし、海を上がれば山側に温泉もあるのでそこに入ると気持ちよく帰れます。

ガイヤナ・ユメカイナ

Img_3448
愛南町西海観光船、ガイヤナ乗り場です。
海の中を見る観光船です。船底に窓が付いていてそこから海底のサンゴや海を泳ぐ魚を見ることができます。

Img_3434
沖合へ出ていきます。
船の中から直接海の中を見るので、生の水族館といったところですね。
Img_3440
船底の窓から海の中を見ます。
自然のものなので天気が悪いと見れないですね。けどなかなか体験することのない景色が見れていいですよ。

宇和海展望タワー
Img_3458
ガイヤナの乗り場からすぐのところなのでいっしょに周れます。

紫電改展示場

展望タワーの下に紫電改の展示場があります。
宇和海に沈んでいた紫電改を引き上げ復元展示してあります。

ここも合わせて行けます。
Img_3459
Img_3462
Img_3465
Img_3467
Img_3468
Img_3472

虹の森公園おさかな館
松野町にある水族館ですが、海ではなくて基本は川魚の水族館です。
山間部になりますが、四万十川の上流の支流になります。

Img_5821
こじんまりした水族館だけど大きな水槽もあります。
Img_5836
魚に触れることもできます。

滑床渓谷
おさかな館からさらに奥に入っていったところに滑床渓谷があります。

Img_5860
渓谷の奇麗な景色が楽しめます。

Img_5861
岩のところにいけますが滑床なので滑りますよ!


Img_5841
宿泊施設でお土産も買える

宇和島鯛めし
Dsc_0030
かどや弁天町店の鯛めし
刺身状態で出てくる鯛の切り身をつゆにつけて、ご飯に載せて食べます。

うわじまちゃんぽん
Dsc_0031
うわじまちゃんぽんなどというのがあるのは知りませんでした。
最近メディアで八幡浜ちゃんぽんというのを聞いたので、そのことを親戚のおばさまに言ったら、「あれは宇和島の真似!うわじは昔からある」と教えてもらい、宇和島の麺どころ菊屋さんに行ってまいりました。

平家谷、流しそうめん
八幡浜から山を入っていったところに平家谷の流しそうめんがあります。
Img_8133
普通にそうめんを食べるよりこういうところに来て流しそうめんを楽しむのも面白いです。
Img_8151
ここではニジマス釣りが出来て、釣った魚をその場で塩焼きしてくれて食べることができます。
Img_2300

観音水、流しそうめん
Img_0269
西予市から入ったところにあるのが観音水。
ここにも流しそうめんを楽しめるところがあります。

Img_0268
清流が流れていて夏でも涼しげです。

和霊神社
Img_2344

Img_2349
公園にはSLの展示もあります。そういえば宇和島駅の前にもSLが置いてありますね。

2014年9月 3日 (水)

歴史の森の影法師

歴史の森の影法師:井沢 元彦

これはいろいろな雑誌等に掲載されたエッセイ的なものを一冊の本にまとめたものであります。
ですから一つの話は短編で完結してるので、すぐに読めます

逆説の日本史等井沢先生の著作を読んだことのある人なら解るでしょうが、それらの著作でもよく出てくる井沢先生の歴史に関する意見が何度も出てきます。

僕は井沢先生の歴史の見方は解りやすいし、結構納得できる気がする。
とくに日本人の怨霊信仰や日本人の宗教観、和の精神等は現在日本で起こるいろんな現象を分析するときにも使えると思いますね。

あと小説家として歴史を語るので、歴史学界からは徹底的に無視されるようなつらい事がご自身にはあったりするんでしょうね。
歴史学界に対する批判と、日本の教育界に対する批判もよく出てきます。

元マスコミ人であったことも関係するのか、言葉狩りも批判の対象です。
僕も言葉狩りはほんとに気になるところです。
言葉狩りは”言霊信仰”によりますね。
その言葉を発すると現実になる、また反対にその言葉を使わなければその現象が無くなる、と思い込む思想です。

いまもマスコミの使う言葉でどんどん変な方向に行ってるような気がしますね。
気になる言葉としては「女優」が無くなって女の人も「俳優」と言ったり、「看護婦」という仕事が無くなり「看護師」という仕事になったりですね。
僕としてはすごく違和感がある。

井沢先生にはこれからも斬新な切り口で歴史の謎に切りこんでもらいたい。そして歴史だけでなく、現代社会の問題についても怨霊信仰や和の精神などから批評を発表してほしいですね。

2014年9月 2日 (火)

朽車ファイル

サイクリング中に見つけた朽車を貼っていきますよ~
今までの画像から。新たに発見したら随時更新します。
Img_1291
86。朽車にはまだまだかな?

Img_0994
草に覆われて車種不明

Img_1008
ワーゲン サンタナ

Img_0973
シャレード

Img_0103
アトレー

Img_0101
ホンダ・ライフとジムニー

Img_0029
Y30

Img_1067
BMW5シリーズ

Img_1076
ギャラン

Img_1110
シボレーの何だろ?

Img_1911
モトグッチ

Img_7525
ギャランGS R

Img_0677
どーしーぼー

Img_0715
ヨンメリ

Img_0717
サニー

Img_1888
ホンダライフ

Img_1909
Z32

Img_1910
カリーナED

Img_0255
ミニキャブ?

Img_0217
ホンダライフ

Img_0201
マジェスタ

Img_0198
R32スカイライン

Img_1827
ミニ

Img_1717
さんばー

Img_8120_2
コロナか?

« 2014年8月 | トップページ | 2014年11月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ