« 「道具と人類史」戸沢充則 | トップページ | 安威川をサイクリング »

2014年6月30日 (月)

【シルミド】「実尾島事件」の真実

シルミド 「実尾島事件の真実」:城内 康伸

先日「シルミド」の映画を見て調べてたら、この話は実話をもとにしていて、このシルミド事件を調べて書いた日本人の本が出ていてので読んでみました。

映画は時間的な制約もあるし、話をわかりやすくする為の演出や脚本の構成になっているんですが、それでも結構面白くできていました。
その話の元となる事件、「実尾島事件」は映画より凄まじいですよ。
まさに現実は小説より奇なりです。

事件は1971年8月、22人の武装集団がバスを乗っ取り、青瓦台へ向かう途中、ソウル中心地近くで自爆。民間人6人、警察2人、武装集団18人が死亡。4人が生け捕りというものです。

最近の韓国の事件後の対応を見てても、発表が正確ではなくてぐだぐだになることが多いですが、この時も想像すらできない事態なので、当然現場から政府まで大混乱だったようです。
まさか自軍の秘密部隊が武装してバスジャックなどするなんて思いもよらないので発生当初は仕方ないでしょうね。

しかし、真実を明らかにするのは、当時は軍事独裁政権の韓国政府としてはなかなか難しい事だったのでしょう。結果的には現在までも実尾島事件の資料は公開されてないようです。

映画でも部隊創設から強烈に厳しい訓練、北侵入作戦の中止、部隊のどうすることもできない処遇、その後の規律の乱れ等は描かれていたんですが、この本でその間の実情を当時の教官や隣島の住民などの証言で再現されてる内容は映画よりもすごいです。

訓練中の死亡事故の犠牲は7人。北侵入と金日成暗殺という作戦が事実上中止になってから、目的を失った部隊をどうするかというのは非常に難しい問題だったんでしょうね。しかし責任逃ればかりする政府が部隊の不満を知りながら問題の先送りをしてしまう。
映画では、特殊部隊のみんなは問題がありながらもわりと結束力があって、仲間意識もあったようだし、教官たちとも反発しながらもわかりあえる部分もあるような描き方だったけど、実際はそんなに甘いもんではなかったようです。

元々が厄介な特殊部隊で、当初の目的は3カ月とか6カ月で特殊部隊を仕上げるということだったようで、訓練は相当激しかったでしょうね。
そんな激しい訓練で出来上がった特殊部隊が3年もやることも、目的も無くだらだらと過ごしていく。
そうすると、士気は落ちて、教官の言うことも聞かなくなったようです。そしてそんな荒くれ部隊の教官が務める人間もいやになりつぎつぎ入れ替えがあったようです。
そして若造が教官としてくるけど、そんな教官は特殊部隊を抑えることはできない。

政府がこの部隊の処遇を決めれなかった原因の一つには、部隊の所属がはっきりしなかったというのが大きいですね。それに当時の治安組織KCIAが部隊を作ったという事情も余計に複雑にしている。

事態はどんどん悪い方へ事が運んでいきますね。

そしてついに大統領へ直訴に行く、という反乱を起こしてしまう。

特殊部隊の訓練地は仁川国際空港のすぐ側の無人島。まずここで教官たちをほぼ全滅にして島を出る。

それにしてもすごい事件ですね。

この本も読みやすいけど、映画は映像でわかりやすいので、見られるといいと思いますね。
最近も一人シルミド事件がありましたが。

« 「道具と人類史」戸沢充則 | トップページ | 安威川をサイクリング »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582317/59903332

この記事へのトラックバック一覧です: 【シルミド】「実尾島事件」の真実:

« 「道具と人類史」戸沢充則 | トップページ | 安威川をサイクリング »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ