« 【WACHSEN】なんちゃってキャノンデール | トップページ | 【バイクプラモデル作り方】YZR-M1’09 デカール編 »

2014年4月 9日 (水)

農耕の起源を探る:宮本一夫

農耕の起源を探る:宮本一夫

イネの来た道

稲作の始まりを調べようと思って借りてきました。
なぜ稲作のことを調べたくなったかというとですね、某巨大掲示板の書きこみを見て、自分の思っていたことと違ったからなんですね。

その書き込みの内容はというと、韓国がなんでも起源を主張する、ということについての書き込みの流れで、
”稲作も韓国が起源だと主張してるが、日本より北の韓国から来るわけがなく、南方から米が伝わってきたのはDNA的にも証明されている”
というような内容でした。

これを読んだ時にですね、考古学と弥生時代の本をちょこちょこ読んでいる自分の記憶が間違ってるのか、新しい発見があって、稲作南方説が定説になってるのか、と疑問に思ったのです。
自分の中では紀元前500年頃までに北九州に初めて水田が作られたのが日本の稲作の始まりだというものでした。

それで、この「農耕の起源を探る」を読んでの結果は、巨大掲示板の嘘に気付いてよかったのというものです。

稲作とは、イネが直播のような形で栽培されていたというのではなくて、水田でのイネの栽培と収穫による農耕ということだと思います。

まずイネの日本へのルートは、3ルートの説があったのです。
一つは中国大陸から朝鮮半島を周る北方説、もう一つは中国大陸から東シナ海を越えて直接日本にくる説、そして柳田国男氏の南方説です。

この3つのうち南方説は、九州におけるイネの出土状況を見ると、沖縄などのイネは九州側から渡ってる状況が読み取れる。
大陸からの直接説は、紀元前500年以前に直接交流があったような痕跡は今のところ見当たらない。
こういうことから、やはり北方から来たということが有力だと思います。

宮本先生は考古学の立場から稲作の来た道を探っていこうというものです。
日本の稲作の起源を探るといっても、日本の中だけで考えていたのでは解決しません。
そこで、中国と朝鮮半島の農耕の歴史から考察します。

農耕といってもいきなりコメの生産が始まるのではないですね、第1段階はアワ、キビの生産を狩猟採集生活に取り入れる。
第2段階はアワ、キビにイネも取り入れる。
第3段階では農耕具が発達して灌漑設備をもった水田稲作が始まる。
そして支石墓や土器様式社会システムまで含めて伝わっていく第4段階があるようです。

そしてこの農耕が伝わっていくのに4段階あるということと、地球の気候変動が関係してるということを説いています。
狩猟採集からアワ、キビの採集で食が改善するが地球の寒冷化でアワ、キビの収穫が悪くなり、栽培地を求める。
他の段階でも農耕が他の地域に伝わっていく契機になってるのが地球の寒冷化と時期が重なるということです。

そして紀元前1000年くらいの寒冷期を迎えて、水田農耕が日本にまでやってくるということのようです。

ものすごく簡単に書いちゃいましたが、宮本先生の検証の仕方は非常に分りやすく説明してあって読みやすいですね。
石器の伝わりや、花粉の分析、海岸の地層の年代、土器などの発掘遺物、これらを総合的にとらえて農耕の起源に迫っていくというのも幅広くていいですね。

最後に気になったのは、勾玉についてです。
考古学や遺跡の本を読んだり、博物館の展示を見に行くと、必ずといっていいほど勾玉を見るような気がするのです。
前から僕は勾玉はどのようにして成立してきたかはすごく気になっていたのですが、今回この本で、縄文後葉に九州に勾玉が現れるが、それは朝鮮半島の無文土器文化にある勾玉を模倣したものである、ということを書いてありますね。

これまた非常に気になることですね、僕の中では、勾玉はいろんな地域から出土してるし、縄文時代の遺跡からも出土してるような気がしてたんですが、思い違いかな?
いろいろ古代関係の本を読んでるんですが、意外と勾玉を深く掘り下げた本というのに出会ったことがなくて、勾玉の起源、みたいなのは僕はまだ知らないんですよね。やっぱり勾玉は気になるからちょっと調べないといけませんね。

« 【WACHSEN】なんちゃってキャノンデール | トップページ | 【バイクプラモデル作り方】YZR-M1’09 デカール編 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582317/59441282

この記事へのトラックバック一覧です: 農耕の起源を探る:宮本一夫:

« 【WACHSEN】なんちゃってキャノンデール | トップページ | 【バイクプラモデル作り方】YZR-M1’09 デカール編 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ