« 【2014MOTO GP】第3戦アルゼンチン | トップページ | 福沢諭吉と中江兆民 »

2014年4月29日 (火)

【2014INDY】第2戦ロングビーチ

INDYも琢磨選手を追っかけてますんで見てるんですが忙しすぎる。

去年初優勝したロングビーチで期待も高かったのですが、結果は残念ながらリタイヤでした。

しかしあのリタイヤの場面はしょうがないですね。
INDYのロードコースはほとんどがブラインドコーナーで、曲がったところにクラッシュしたマシンがコースをふさいでたら避けることはできないでしょう。

これもレースですね。

しかしINDYは相変わらずストラテジーが難しい!タイヤ選択や燃料給油、ピットタイミングもほんとに微妙なタイミングの差で勝敗を分けますね。

最近ちょっと学んだのは、レースウイークでのタイヤ本数制限と予選ですね。
他のカテゴリーでもそうですが、最近は予選方式がQ1、Q2、Q3と分れていて、上位ほど先に進めるんですが、先に進むほどタイヤを消費してしまうんですね。
これ当然なんですが、決勝だけをテレビで見てると解りずらい。

要するにQ1で終わったドライバーは新品の状態のいいタイヤを決勝に残しておける。Q3まで進んだドライバーはソフトタイヤをいったん使ってしまって、決勝はソフトがユーズドになってしまうことになるんですね。
こういうことまで計算に入れて予選も戦っていくし、予選で失敗しても、決勝ではおいしいタイヤを残しておいて追い上げることができたたりするんですね。
ここまでのことを気にしてレースを見るには情報が少ないので、実況さんがどこまでインフォメーションをくれるかにかかってますが。

INDYは不確定要素が多くて面白い。

« 【2014MOTO GP】第3戦アルゼンチン | トップページ | 福沢諭吉と中江兆民 »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582317/59552676

この記事へのトラックバック一覧です: 【2014INDY】第2戦ロングビーチ:

« 【2014MOTO GP】第3戦アルゼンチン | トップページ | 福沢諭吉と中江兆民 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ