« 【バイクプラモデルの作り方】研ぎ出し | トップページ | 【映画】しあわせの隠れ場所 »

2013年11月18日 (月)

【バイクプラモデルの作り方】クリアー塗装

クリアー塗装はグンゼのMr.スーパークリアー光沢を使っております。

 

スプレー缶でのクリアー塗装で一番気をつけるのは、吹き始めでは薄く吹き付けることです。

 

クリア―塗装をするのは主にボディーパーツで、レーシングマシンでは必ずと言っていいほどデカールの上からクリア―を吹き付けるからです。

 

今回も一部でやっちゃいましたが、一番初めに吹き付けた時にやり過ぎると、必ずデカールを溶かしてしまいます!

 

スプレー塗装でパーツから距離を離し気味に薄く塗っていくと、表面が梨地になってしまいますが、クリアーを重ね塗りして最後に磨けばキレイになります。

はじめは薄く塗って、乾かす。薄く塗って、乾かす。これを繰り返しますが。時間をあまり置かずにまた吹き付けると、先に塗った塗装を溶かして、さらにデカールまで溶かしちゃう危険性があるので、ここは慎重に行きましょう。

 

1~2度薄く吹き付けたら、一日置いてからまた重ね塗りするくらい、はじめはちゃんと乾燥させた方がいいかな。
デカールを侵さないくらいまでクリアーを重ねれたら、ちょっと厚吹きします。
研ぎ出しをするためには、少なくともデカールの厚み以上はクリアーを吹き付けておかなければ、研ぎ出しでクリアーを削った時に、デカールを削る可能性が高くなるでしょう。

 

重ね塗りで厚く吹くとき、塗料が垂れないくらいでやめないとだめなんですが、これは文章では説明しづらい・・・
経験でこれくらいかな!?というところで覚えていくしかない。たれるのが絶対嫌なら薄く塗るのを何度もして、重ねていきましょう。

ここでの注意点はホコリですね。僕はスプレー缶での塗装はベランダでやってるのですが、風があると埃がつくし、塗装後、部屋で乾燥してるときにも埃がつくことがよくあります。
埃がついたまま重ね塗りすると、クリアーの中に埃が残ってしまいます。
今回の作業でも若干埃がクリアー塗装の中に入ってそのままになってしまいました。

 

重ね塗りの前にホコリに気付いた時は、ペーパーでホコリをひっかけて取り除きましょう。もしくはペーパー掛けをしてもいいです。
Img_0464
クリア―吹きはこんなん感じで割り箸等に取り付けてやってます。
カウル裏のフラットブラックを保護する為に裏にマスキングテープを貼ってます。

Img_0460
ある程度乾けば、箱の中に入れてホコリがつかないようにして乾燥させてます。

« 【バイクプラモデルの作り方】研ぎ出し | トップページ | 【映画】しあわせの隠れ場所 »

プラモデル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582317/56626118

この記事へのトラックバック一覧です: 【バイクプラモデルの作り方】クリアー塗装:

« 【バイクプラモデルの作り方】研ぎ出し | トップページ | 【映画】しあわせの隠れ場所 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ