« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月18日 (月)

【バイクプラモデルの作り方】クリアー塗装

クリアー塗装はグンゼのMr.スーパークリアー光沢を使っております。

 

スプレー缶でのクリアー塗装で一番気をつけるのは、吹き始めでは薄く吹き付けることです。

 

クリア―塗装をするのは主にボディーパーツで、レーシングマシンでは必ずと言っていいほどデカールの上からクリア―を吹き付けるからです。

 

今回も一部でやっちゃいましたが、一番初めに吹き付けた時にやり過ぎると、必ずデカールを溶かしてしまいます!

 

スプレー塗装でパーツから距離を離し気味に薄く塗っていくと、表面が梨地になってしまいますが、クリアーを重ね塗りして最後に磨けばキレイになります。

はじめは薄く塗って、乾かす。薄く塗って、乾かす。これを繰り返しますが。時間をあまり置かずにまた吹き付けると、先に塗った塗装を溶かして、さらにデカールまで溶かしちゃう危険性があるので、ここは慎重に行きましょう。

 

1~2度薄く吹き付けたら、一日置いてからまた重ね塗りするくらい、はじめはちゃんと乾燥させた方がいいかな。
デカールを侵さないくらいまでクリアーを重ねれたら、ちょっと厚吹きします。
研ぎ出しをするためには、少なくともデカールの厚み以上はクリアーを吹き付けておかなければ、研ぎ出しでクリアーを削った時に、デカールを削る可能性が高くなるでしょう。

 

重ね塗りで厚く吹くとき、塗料が垂れないくらいでやめないとだめなんですが、これは文章では説明しづらい・・・
経験でこれくらいかな!?というところで覚えていくしかない。たれるのが絶対嫌なら薄く塗るのを何度もして、重ねていきましょう。

ここでの注意点はホコリですね。僕はスプレー缶での塗装はベランダでやってるのですが、風があると埃がつくし、塗装後、部屋で乾燥してるときにも埃がつくことがよくあります。
埃がついたまま重ね塗りすると、クリアーの中に埃が残ってしまいます。
今回の作業でも若干埃がクリアー塗装の中に入ってそのままになってしまいました。

 

重ね塗りの前にホコリに気付いた時は、ペーパーでホコリをひっかけて取り除きましょう。もしくはペーパー掛けをしてもいいです。
Img_0464
クリア―吹きはこんなん感じで割り箸等に取り付けてやってます。
カウル裏のフラットブラックを保護する為に裏にマスキングテープを貼ってます。

Img_0460
ある程度乾けば、箱の中に入れてホコリがつかないようにして乾燥させてます。

【バイクプラモデルの作り方】研ぎ出し

研ぎ出しは、デカールの上からクリアーをスプレー吹きして、表面をキレイにならすことですね。

 

クリアー吹きでデカールを保護するだけでも艶がでてきれいになりますが、そのクリアー塗装面を磨き上げることで、さらにピカピカにしようというものです。

 

なぜ研ぎ出しするとピカピカになるかというと、スプレー塗装のクリア―面のままだと、表面がデコボコだからですね。表面がデコボコということは光がバラバラに反射してしまうからくすんで見えるんですね。だからそこをキレイに表面を作ろうというのが研ぎ出しの目的であります。

 

「デカールの厚みの段差が無くなる」ところまで磨き上げるのが研ぎ出しという方もいらっしゃるでしょうが、今回はそこまではしませんでした。

 

作業的には、クリアー塗装の表面をペーパーで削り、コンパウンドで磨く!これだけです。
あまり厚くクリアーを塗らなかったので、デカールのところで段差はできますが、それほど気にならないでしょう。

 

研ぎ出し作業に入る前に、クリアー塗装をきっちり乾燥させましょう!
最低でも1週間くらいは置いた方がいいかな。
あせって始めると、クリアー塗装の中の方がまだ柔らかくてうまく削れないです。
ところで、最近ネットで話題ということで初めて知ったのですが、ヤマゼンの食器乾燥機というものがあって、アマゾンのレビューはモデラーの称賛記事だけ!というおよそ食器乾燥機とは思えない状態の商品があります。いままで知らなかったんですが、これはモデラーは買っておいた方がよさげですね!

 

材料はクレオスのスーパークリアー光沢と、ホームセンターで売ってるサンドペーパ―とか、耐水ペーパーというものです。
それと模型用のコンパウンド。僕はモデラーズの2000というのを使ってますが、もう売ってないのかな?
それと今回タミヤのコンパウンドで細目というのがあったので、モデラーズで磨いた後にタミヤの細目コンパウンドで仕上げました。
モデラーズにこだわる必要は無いので、タミヤの粗目で磨いて細目でいいと思います。
いまタミヤのHPみたら仕上げコンパウンドなんてのも出てますね。

 

作業はまずクリア―吹きからです。
クリア―吹き付けでの一番の注意点は、最初の何回かは軽~く吹き付けることです。スプレーを吹き付けるというより、ちょっと早めにスプレーを動かして、霧を模型に乗せる感じです。
どばっ~とスプレーしちゃうとシンナーがデカールを溶かしちゃうので最初は慎重に重ねていきます。
何度か重ねてデカールを侵さないくらいになってから、厚めにスプレーして、研ぎ出しで削る厚さにクリアーを吹き付けます。
そして十分に乾燥させる。しっかり乾燥させてないと、ペーパー掛けした時にクリア―がやわらかくて引っかかる感じになります。

十分に乾いたらいよいよクリア―の表面を削っていきます。
ペーパー掛けの段階は、スプレーで吹き付けたクリア―塗装面の表面のデコボコを軽く削ってならしていきます。ここで無理に表面を均一にしなくても十分にピカピカになると思います。

 

最後のコンパウンドはペーパーで削って傷だらけになっているクリア―塗装面をなめらかに仕上げることです。コンパウンドでもクリア―面が削れてくるのでやり過ぎると下の塗装面やデカールを削ることになるので注意です。
コンパウンドはペースト状になってます。ペーパーのように削るだけではなくて、ゆるいシンナー分でクリア―を若干溶かしながら表面を滑らかにしていくイメージですね。

 

では画像で作業を見ていきましょう。
Img_0481
リアカウルです。右側は#2000のペーパーでかるーく表面を削った状態。
左側はまだ削る前。

Img_0694
全体をペーパー掛けしたところ。全面が白く傷だらけになってます。
ペーパーの端を持って表面に傷がいく程度にしておきましょう。
指でペーパーを押し付けてやらない!!やり過ぎるとクリア―塗装を全部剥いで、デカールや下の塗装面を削って大変なことになります。

Img_0696
今度は右側をコンパウンドで磨き終えたところ。
左はまだペーパーで削った傷が残ってます。
クリアー塗装面の傷は磨けばきれいになるのです。
このコンパウンドでの磨きもやり過ぎるとデカールや塗装面を削っちゃうのでやり過ぎないように。
今まではティッシュペーパーにコンパウンドをつけて指で押して磨いてたんですが、今回は綿棒にコンパウンドをつけて磨きました。
この作業も綿棒をきつくプラモデルに押し付けるのではなくて、あくまでもコンパウンドを綿棒で軽く塗りつけていくような感じで、指の力ではなく、コンパウンドの力で表面を仕上げるという気持ちでいきましょう。

 

Img_0686
フェンダーペーパー掛け後
Img_0693
コンパウンド磨き後。
上の2枚でキレイに面が出てるのが解ると思います。

 

くれぐれも削り過ぎに注意です。

 

クリ―吹きで終わらせるより、段違いで輝きが違うので、やったことない人も一度挑戦してみてください。
コツはクリアーを3~4回ほど吹き付けて、削りは慎重に!

2013年11月12日 (火)

【MOTO GP】最終戦バレンシア

さぁついに最終戦のバレンシアを迎えましたね。

マルケスは4位に入ればチャンピオン。これまでの流れからいけばマルケスはチャンピオンになれそうです。

予選から見ごたえがありましたね。ロレンゾがタイムを出したかと思ったらマルケスも更新!ほんとにすごいライディングですね。

決勝ははじめの数周のバトルがしびれましたね~
相変わらずのスタートダッシュを決めたロレンゾ、ついでペドロサ、マルケス。このパターンは今年の定番です。しかし3人とも地元スペイン人、誰もが勝ちを狙ってタイヤ1本分の隙間にねじこんできます。
最終コーナーから1コーナーまでのストレートの速さはホンダでした。
ストレートから1コーナーの突っ込みで前に出るペドロサを2コーナーで無理やり抜き返すロレンゾ!絡んで2台とも飛ぶんじゃないかと心配になるくらいの強烈なバトルです。
しかし、あの狭い、切り返しばかりのバレンシアのコースでよく抜きつ抜かれつのバトルをしますね!
はじめのロレンゾ対ペドロサはほんとにすごかった、最後はロレンゾがペドロサをちょっと当った感じで押し出して勝負あり。
この次はマルケスがロレンゾに襲いかかる。マルケスもホンダパワーでロレンゾの前に出るもロレンゾが意地で抜き返す。
ほんとに今回のロレンゾの勝利に対する気迫はすごかった。絶対に勝つという意思がはっきりわかりましたね。この気迫にはマルケスも一歩引いたか、マルケスは4位でチャンピオンなので2位キープへ。この辺は当然ですね。
この後いったん下がったペドロサがマルケスの後ろまで上がってくる。ペドロサの今回の走りもすごかった。マルケスはペドロサに対しても抵抗せず先行させて3位キープに。

ロレンゾ、ペドロサ、マルケスと今年を象徴する3人の表彰台でしたね。

これから3強時代かな?マルケスの最年少ルーキーチャンピオンはほんと驚きです。
まだ二十歳ですよ。マルケス時代なんてのが来るのかな。問題はペドロサですよ、僕はヤマハファンなのでもちろんロレンゾの連続チャンピオンを願ってましたが、今年はホンダのマシンの方が速そうだったので、ペドロサが念願のチャンピオン獲るかなと密かに思ってました。
というかマルケスがすぐに速くなるのは分ってるから、ペドロサにとっては今年チャンピオンを獲らなければ無冠で終わるんじゃないかなと心配してました。これでほんとにマルケスに先を越された今ペドロサの立場はどうなるのか心配です。今年はペドロサに取って欲しかったな~
ケーシーがいなくなってロレンゾの天下が来るかと思ったけど、ケーシーと同じくらい天才的なライダーが一年置かずに現れるなんてとんでもないですね。
ケーシーのライディングも異次元だったけど後継者のマルケスは後継者の名にふさわしいライディング、来年から勝ちつづけたら嫌だな~

ロッシはことし1勝はしたけど、実際は4位に入るのがやっとだということが分かってしまって苦しい立場になりましたね。14年続いてきたジェレミーとのタッグを解消してでも、自分を追い込んで来年に臨む決断をしましたね。ロッシには変化が必要だったのでしょう。けどなんかで読んだ気がするんだけど、ジェレミーももう60歳を越えてるのかな?本人がそろそろ体力的にきつくなってきた、というようなことを言ってた気がする。そういうジェレミー自身の気持ちがロッシをサポートするときに以前ほど勝利に対する厳しさが薄れてきていたのかもしれないですね。変化を求めてでもMOTO GPに挑戦し続けるロッシはまだまだ勝利に飢えてるということでしょうから、これからも応援していきましょう。

そうそうシーズン前のG+座談会での恒例のチャンピオン予想ですが、まだ見返してないので誰かは忘れましたが、数名の解説者があの時点でマルケスのチャンピオン予想してましたね。
ノビ―、カズートあたりかな?あれを見た時は完全に確信があったわけではなくて、マルケスがチャンピオン獲るくらいの活躍をしたら盛り上がるだろうな~くらいの話だと思ってましたが、マルケスがチャンピオンになった今、あそこでマルケスを推した解説陣はさすがだなと思いました。またG+座談会が楽しみですね。

2013年11月 5日 (火)

【MotoGP】2014のラインナップ予想!?

もうシーズンも残すところバレンシアの最終戦のみ。

チャンピオンシップはマルケス有利でロレンゾはどうする?というところですが、ちょっと気が早いですが、来季の契約状況をここでいったん整理します。

MotoGPニュースで拾った内容と来年も契約が残ってると思われる選手をチェックしてみます。
暫定エントリーリストも発表されましたが、本家のリストはゼッケン昇順なんでちょっと解りにくい・・・

来年は2年間やってきたCRTクラスを見なおして、ワークスクラスと、マレリのECUを使うノンワークスクラスという感じになりますね。
ワークスクラスは今年までと同じ、ホンダはレプソル、LCR、グレシーニ。ヤマハはワークスとテック3。ドゥカティはワークスとプラマックで合計12台。

問題は今年CRTで走ってるほとんどのチームがマシンを変更するということですね。
これはルールが変わったというのが一番大きいわけですが、このルール変更に合わせて、ホンダ、ヤマハ、ドゥカティがそれぞれマレリECU向けの市販レーサーを開発、販売するということですね。
このルール変更でアプリリアやカワサキ、ホンダのCBRのエンジンを使うチームは来季無くなるのでは、と想像しましたが、やはりそういう方向に進んでるみたいですね。アプリリアはドゥカといい勝負してたんで、14年もワークス体制でエンジンを供給してほしいですね。24台くらい走っても、結局エンジンは3種類のメーカーだけというのはちょっと面白くないです。

では14年の勝手な予想ラインナップ   11/12修正

ワークスクラス

ホンダ   ワークス      93 マルク・マルケス
                    26 ダニー・ペドロサ
           LCR           6 ステファン・ブラドル
                   グレシーニ  19 アルバロ・バゥティスタ

ヤマハ     ワークス    99 ホルヘ・ロレンゾ
                                       46 ヴァレンティーノ・ロッシ

テック3                         38 ブラドリー・スミス
                        44 ポル・エスパロガロ

ドゥカティ ワークス          4 アンドレア・ドヴィジオーゾ
                                    35 カル・クラッチロー

プラマック                     29 アンドレア・イアンノーネ
          

オープンクラス

チーム・アスパル   RCV1000R
                                     69 ニッキー・ヘイデン
                                        7 青山 博一                 

カルディオンAB     RCV1000R
                                         17 カルロ・アブラハム

グレシーニ         RCV1000R
                                      45 スコット・レディング

フォワードレーシング  ヤマハ市販M1エンジン
                                           5 コーリン・エドワーズ
                                   41 アレックス・エスパロガロ 

プラマック                    ドゥカティ・共通ECU仕様
                                      68  ヨニー・エルナンデス

アビンティア        FTR/カワサキ
                         8  エクトル・バルベラ
                                          63  マイク・ディ・メッリオ

カムイオダ             使用マシン:不明
                         ライダー:不明

PBM                  使用マシン:不明
                        ライダー:不明

既に発表されていたり、来季も契約が残ってると思われるライダーは以上のような形だと思われます。

CRTでは抜群の速さを見せていたアスパル+アプリリアがホンダにスイッチということは、アプリリアを使うチームが無くなるのかな?
ホンダの市販レーサーはもう枠が埋まりそうですが、ヤマハはあと2台ほど、ドゥカティも4台分くらいあるとすると、アプリリアを選ぶことは無いかな?

モテギでは発表にならなかったけど、青山選手はノンワークスのチームとは契約間近と言っていたので、アスパルかLCRということになるんでしょうね。宮城さんがホンダのごり押しがあるようなこと言ってたのでこのどちらかのチームでしょう。
僕の個人的なイメージですが、ホンダとの関係からチーム的にはLCRの方が良さそうですね、しかしスペインに拠点を置いてるならアスパルの方が青山選手には便利なのかな?けどそこはチーム力のLCRに行く方がよさそうに思う。

あとまだ決まってないのが不思議なのが、兄エスパロガロですね。アレックスは一番先に決まると思ってたのでほんとに意外です。決めかねてるうちに他のライダーで埋まってきて、行き先が無くなってきてますね。アスパルに残るのが一番いいのかな?しかしワークス系のバイクに乗るのであればドゥカティしか空いてない。弟のポルがワークス系バイクのテック3なんで、ワークスに乗りたいでしょうね。フォワードはヤマハサテライトよりさらに下の扱いだからそこには行けないね。どうなるか楽しみ。あとランディーもスズキのテストはしてるけどスズキは15年から、14年の契約がどうなってるのか気になるところです。

11月7日追記:アプリリアは2016年からワークスで参戦決定!ですね。
これは楽しみですが、2015年から出てきてほしいな~BMWもMotoGPに来ないかな、その前にカワサキか!
ヤマハのMOTO3参戦も無いかな~

11/13追記
青山博一選手はアスパルでホンダRCV1000Rを走らすことが決まりましたね。頑張ってほしいです。
LCRもオープンクラスに1台RCV1000R投入するような記事を見た気がしたんですが、ホンダは4台なのでLCRはなしですね。
フォワードレーシングはコーリンはすでに決定してると思ってましたが発表はバレンシアでしたね、同時にアレックス・エスパロガロも発表になりました。これは意外でしたね、アレックスはワークスクラスのバイクに乗ると思ってました。条件のいいところを待ってる間に先に弟にヤマハを取られたんでしょうか?ルーキーのポルが乗るワークス系M1をオープンのヤマハの兄がぶち抜く!なんてシーンが見られるのかな?

ホンダ、ヤマハ、ドゥカティとオープンクラスにバイクを供給することで他のメーカーは出てこないのかと思ってたら、カワサキがアビンティアにエンジン供給継続!これは楽しみですね。後はPBMとカムイオダがどうなるかですかね。
プラマックはオープンクラスに鞍替えですね、2台ともかな?

11/22追記
アビンティア・ブルセンスの2台目はマイク・ディ・メッリオに決まりですね。MOTO2からのステップアップ、密かに前から応援してたのでカワサキエンジンと共に頑張ってほしい。
本家のHPで暫定エントリーリストが出ましたね。それを見るとプラマックレーシングはイアンノーネはワークスクラスでエルナンデスはオープンなんですね。基本的に同じドゥカティなんで大丈夫なんですかね?

MOTO3にハスクバーナが新たに出てきますね。KTMとオフロードバイクでライバル関係なんですか?ヨーロッパのメーカーがオンロードバイクに挑戦とは面白いですね。ホンダは日本のレース用と割り切ってるのかな?市販レーサーを売るだけでGPには開発部隊の準ワークス的なチーム作らないのかな。

2013年11月 4日 (月)

【WACHSEN】ヴァクセンくんねじ交換

もうヴァクセンくんに乗り出して1年半近くになりますね。

ほんとに普段の足として、軽いサイクリングに活躍してくれてます。
パンクもなく、最近はほとんどトラブルもなく快適に乗っております。

しかし経年劣化でだんだんくたびれていくのは避けられません。
Img_2288
早い段階でこのようにねじが錆びてきてたんですが、こういうところが目につくと嫌なんですね。
最近近所にできたホームセンターのスーパービバホームはねじを一個から買えるので、今回ステンレスのねじに交換することにしました。
まずは元ついてたねじを外して、サイズも計らないとだめなので、ホームセンターに持っていきます。
ねじのサイズはM5です。
Img_2320
そしてホームセンターのたくさんの種類のねじの中から、さんざん悩んで、上画像のM5の20mmのボルトとM5のナットを買ってきました。

で、さっそく取り付けようと思ってホルダーを外して、ボルトをさすと・・・

ボルトが回せません!!!
ホルダー側のねじを入れるところが、もともと六角形でくぼんでるので、六角ボルトは頭が出ないしホルダーの六角形にすっぽりはまって回せません!

ほんと素人のサンデーメカニックはやることが素人だと苦笑・・・

気を取り直して再びビバホームへ。
Img_2321
今度はちゃんと丸頭で、六角レンチで回せるねじを買ってきました。
一本20円前後なんでまあ失敗もよいでしょう。しかしホルダーのくぼみが結構タイとなので、このねじの頭だとちょっときつかったです。
大きいボルトはセンタースタンドようです。
Img_2290
センタースタンドの取り付けねじもこのように錆びてきてたので交換しました。
ここのサイズはM10で、10mmです。
Img_2325
無事作業終了。錆びが無くなり、黒ねじから銀色に輝き奇麗になりました。

Img_2322
センタースタンドを外した状態。車体のベース部も若干錆がついてるので奇麗に拭きましょう。
Img_2323
取り付け終了!
ほんとに簡単な作業なので、錆が気になる方は是非。ボルト代は全部で200円くらいかな。

【オードリー・ヘップバーン】シャレード

映画:シャレード

オードリー・ヘップバーンのサスペンスですね。

なんの予備知識もなしに観はじめましたが、オープニングの字幕が流れ出す時にいきなり人が列車から落とされます。
これでこの映画がサスペンスなんだと予想は立ちました。

次はヨーロッパのリゾートで遊ぶオードリー、やっぱり今の感覚からいっても相当美人だと思いますね。

ここで近寄ってくる紳士が謎の人物で、最後に大どんでん返しがある。

昔の名作といわれる映画は、どれを見ても脚本、ストーリーが絶妙ですね。
映像自体は当然古さを感じるし、背景がセットぽいところはすぐわかるけど、特撮なんかなくても話の持っていき方で十分ひきつけてくれます。

話は、オープニングでいきなり列車から死体となって落とされた人がオードリーの旦那で、オードリーも正体を知らなかった悪党だったんですね。
リゾートから家に帰ると、家はもぬけの殻。何が何だか分からないところに謎の紳士登場。
旦那の葬式に3人の人物が現れる、それと手紙ももらう。手紙の主はアメリカのCIAの人。
これで味方になる謎の紳士、葬式に来た悪党3人、CIAの人と役者がそろいます。

実は殺された元旦那も悪党5人組の一人で、戦争中はスパイで、アメリカから預かった工作資金を5人で終戦後分け合うことになってたのに、旦那が一人でがめってて、その資金目当てでオードリーが持ってるはずだからと、かつての仲間から狙われる。

シンプルな話のようで、いろんな仕掛けがしてあって、なかなかおもしろかった。

僕的には、そんな大金なんて無いですよというオチかなと思ってたけど、ほんとに旦那が金塊を掘り返して、換金してた。
オードリーはじめ、誰もどこにそのお金があるかわからない。死んだ旦那の所持してた物は手提げカバンと中身のパスポートとか手紙とか、金目のものは無い。

そうこうしてるうちに、オードリーを狙う悪党が一人づつ殺されていく。

そして、やっぱりよくよく考えてみると、オードリーあての手紙が実は暗号になっていて、”木曜日にシャンゼリゼ公園”というのが引っかかる。
そこに行けば何かあるはずと行く。はじめは誰もわからないが、そこでは毎週木曜日に切手市が開かれてる、それを見て金塊が切手に換金されてることに気づく。

次は、オードリーは味方だと思ってた紳士が悪党殺しだと思いこむ。
ついにものすごいレアで高値の付いた切手を見つけたオードリーが、その紳士から必死に逃げながらCIAの人に助けを求めて会いに行く。

3人がお見合い状態になったところで、CIAの人だと行ってたのが実は死んでいたはずの悪党で、こいつもオードリーのお金を狙ってた。
もう何度もどんでん返しがある。

最後は・・・

いやーここまで書いたら浜村淳さんの解説と変わらないね。

最後のどんでん返しの設定はちょっと無理があるんちゃうの!?と思ってしまったけど、良しとしましょう。
サスペンスだけど、殺しのシーンがあるわけじゃないし、ほんとに話の展開だけで楽しめますね。

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ