« イシマタラにはまってます | トップページ | 【MOTO GP】第17戦 モテギ »

2013年10月21日 (月)

【MOTO GP】第16戦 オーストラリア

今回フィリップアイランドは路面を全面貼り替えたんですね。
その影響で非常にグリップがよくなりすぎて、タイヤメーカーの想定を大幅に超えてしまったようです。

MOTO2も13周に、MOTO GPは予選終了時点では27周で1セットのタイヤで最大14周から、朝のウォーミングアップランでさらに変更になり、レースは19周、1セットの周回は最大10周とさらに短くなりました。
この措置は初めてでしょうね、タイヤの安全確保のための措置なので仕方ないことです。
それによって、9周目または10周目に必ずマシン交換があるという、見る方とすれば変数が増えて面白くなると思われます。

予選ではホルヘがスーパーラップでポールポジション、マルケスが2位、ロッシが3位、ペドロサは5位という順位。

今回のレースだけ変則的な形になったので、予想通り、超スプリントのレースになりましたね。

スタート直後から激しいポジション争い。その中でもやはりスタートダッシュからの逃げはホルヘが一番でした。
しかしおそらくガソリンが全車少ない状態だし、タイヤのもちは気にしなくていいのであまり差は広がらなかったですね。

トップ3のバトルはほんと激しかった。その後ろのロッシ、クラッチロー、バゥティスタのいつもの4位争いも、いつにもまして激しくて、画面が切り替わるたびに順位が替ってるような感じでしたね。

ピットからのサインボードはマシン交換のピットインまでの周回数を表示。L6、L5とホルヘとマルケス陣営は同じ9周での交換を示していました。
その9周目にロレンゾと2位のマルケスはピットロードに入らずステイアウト!
さっきの指示と違う!?逆に3位のペドロサが9周目に先にマシン交換。
これでタイミングが分かれたのでステイアウト組のインラップと、マシン交換したペドロサのアウトラップの勝負に。

ペドロサはミスなくピットアウト、そして10周目の最終コーナー、ロレンゾは予定通りピットイン、しかし後ろのマルケスがまさかのステイアウト!!!???
思わずみてて「失格や」と声が出てましたね。どういう錯誤があったのでしょうか。
ロレンゾはマシンから飛び降りて隣のマシンに乗り換えでスタート。

ピットロードを走るロレンゾにメインストレートを全開で来るペドロサ、ほんとにきわどい差でロレンゾが前に出る。
アウトラップでのロレンゾのスピードはすごいですね!
この時点ではまだマルケスが走ってた。

そして11周目マルケスピットイン!マシンを素早く乗り換えてピットアウト!?
今思えばこの時点でマルケスを出したらだめだったんですよね、失格は前の周にはっきりしてたわけで、ピットに居るはずのレースディレクション側の人間が止めるべきだったのではないんですかね?
しかしほんとに初めてのことだったので現場もイレギュラーには急に対応できなかったということでしょう。

そしてマルケスがピットロードを出るタイミングに全開でロレンゾが!!!
コースイン直後に若干ラインがインに寄りすぎたマルケスにロレンゾが軽く接触!!!
これほんとに大事故にならなくて良かったですね。ロレンゾは最高速からのブレーキングで右に旋回中、あのタイミングでラインに出てこられたら、避けることはことはできないですね。
あれを軽い接触だけでスピードを落とさず抜けて行くロレンゾは驚異的ですね。普通はマルケスが目に入って減速とかマシン起こしたりとかの反応をしてしまいそうですけどね、トップライダーは違うと思わせてくれますね。

ロレンゾに続きペドロサもマルケスの前に入り再び3人でのバトルに。
しかしここでレースディレクションからペドロサがピットアウトでのホワイトラインカットで1ポジションダウンの裁定が発表!

さあこれからが謎ですね。
まず一つ、宮城さんの言うとおり無線を使わない2輪レースでは、ライダーに対してはサインボードでピットから情報を伝えるしかない。
通常は周回数とかラップタイムとか前後の差やピットインなどを表示しますが、そもそも”1ポジションダウン”なんていうピットサインを用意してるんでしょうかね、無いように思いますが。
しかもライダーは350km/hのスピードでサインを見てすぐに”1ポジションダウン”を理解できるんかな?

二つ目、この直後3人でバトルをしてる中でマルケスがペドロサをパス!
これはほんとに今のところ何にも発表されてないから判らないけど、どうもこの順位変更でペドロサの1ポジションダウンのペナルティがクリアされたとしか思えない。
ここでの疑問は、ポジションを入れ替えたマルケスが、すでにそのレースで失格になってる選手ということですね。この直後にマルケスい対して失格ブラックフラッが提示。
マルケスはピットインして終了・・・

ペドロサがペナルティを知って無くても偶然でもポジションダウンすれば、ペナルティ解除なのは問題ない。シケインカット等でライダーが気づいて自分で下げた時はペナルティのサインはライダーに示されることは無いですからね。
やはり問題はすでに失格者のマルケスはその時点で順位は関係ないわけだから、もう一つ後ろのロッシグループの後ろにつかないとだめだと思うんだけどな。
この時も「ペドロサはロッシの後ろやろ!」と声出してましたね。

このあとはロレンゾが差を広げてみごと優勝、ペドロサが2位!?ロッシがまたまた3位。
チャンピオンシップはマルケスのノーポイントでロレンゾが18ポイント差に迫ることに!
次のモテギではマルケスが優勝してもロレンゾは8位に入れば最終戦にチャンピオンは持ち越しになるかな。まあマルケスがチャンピオンに一番近いのは間違いない。
逆に言えばマルケスはロレンゾが残り2戦で勝っても3位を2回でチャンピオンかな。

マルケスは間違いなくレジェンドライダーになるでしょう。ロッシが125走ってるときからすごいやつが出てきたと思って見てたけど、マルケスも125時代から見てて想像以上の活躍ですね。ロッシが引退したらヤマハ入り希望(笑)
ロレンゾの250時代もすごかったね。この辺はまた今度。

MOTO2は中上君がピクっと動いたんが見えたんで、「あちゃージャンプスタート」て思わず声が。ここ3戦波に乗れてないですね。次戦モテギはきっちり決めて欲しい、盛り上げて欲しいですね。
レディングは手首骨折で欠場、チャンピオンが見えてただけにつらいですね、逆にポルはしぶといというか気合は十分ですね。
野佐根くんはマシンも何もかも初めてだったにしては上出来だったんではないでしょうか、レギュラー参戦してきてほしいですね。

さあ次戦はモテギ、遠いからいけませんが楽しみです。

« イシマタラにはまってます | トップページ | 【MOTO GP】第17戦 モテギ »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582317/58427947

この記事へのトラックバック一覧です: 【MOTO GP】第16戦 オーストラリア:

« イシマタラにはまってます | トップページ | 【MOTO GP】第17戦 モテギ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ