« 古市古墳群と百舌鳥古墳群 | トップページ | 淀川~八幡の流れ橋まで »

2013年5月 3日 (金)

【WACHSEN】ライト粉砕!?・・・他

WACHSENくんは普段乗りの足として大活躍をしてくれてるのですが、先日不覚にも小雨が降った時に歩道で落車!!!
久しぶりに転びました。両手と両ひざを激しく打ちうけて、一週間経っても手首はひねるとまだ痛い(>0<)

人間は置いといて、問題はヴァクセンくんですよ。
自転車から何かが転がったような気がしたんですが、ライトが転がってました。
ライトはハンドル側のベースとライト本体が取り外しできるようになってますが、ベースと本体を接続する部分から引きちぎれてました!

まぁ冬になってプラスティックが硬化したぐらいで折れてしまうような素材なので、すぐに納得しましたけどね。

Img_1605
折れたベース側

Img_1608
分裂したベースとライト側の部品・・・

こんなことになったのですが、ライトは付けないといけません。
そこで先日アストロ工具屋さんで見つけていた汎用の自転車用ライトホルダーなる物を買ってきました。
ヴァクセンくんのライト本体自体は問題なかったので、そのまま使うこととして、ホルダーだけを買ってきたのですが、このホルダーが25mm~28mm径よう。
ヴァクセンくんの付属ライトはこれより若干大きいようです。

そこでホルダーのをカッターで切り離し、ライトを挟み込む仕様に変更しました。

Img_1609
加工後のライトホルダー

あとはヴァクセンくんに取り付けるだけ。

Img_1614_2
アストロさんの汎用ライトホルダー取り付け状況

ライトのホールド感は若干ゆるい感じですが、走ってる時の振動くらいではずり落ちることはなさそうなので十分使えますね。
なんと言ってもこのホルダー¥200ですから~

さてライトの件はこれでOK
お次はロングライドには必需品のドリンクホルダー取り付けです。

折りたたみ自転車にはクロスバイクのようにドリンクホルダー用のねじ山はありません。
どうしたものかと、いい物ないかな?と探してたら、ありますね、コーナンに!

Img_1638_2
見つけました、汎用ドリンクホルダー
プラスドライバーさえあればすぐに取り付けできます。
これでヴァクセンくんでもロングライドにいけますね~

Img_1639_2
ドリンクホルダー取りつけ状況

Img_1640_3
前から。ドライバーで留めるだけ。
そうそう、このドリンクホルダーを買うときは、ハンドルに固定する本体の丸いところの中にあるゴムのシートがあることを確認しましょう。
商品陳列だなに置いてある時に、このシートは簡単に取れるので、なくなってる商品がありました。

Img_1641_2
新しくなったライトとドリンクホルダー

あと、ついでに気になってたとこを触ってみました。
それはフレームを折りたたむ所のクイックレバーの調整とハンドルを折りたたむ所のクイックレバーです。

まずフレームのクイックレバー。

Img_0578
これですね

ここのレバーが僕の感じではちょっとゆるい気がしてたのでもうちょっと締めたかったのです。
さて問題は、ここのナットのサイズがどうも10mmでは大きい?そう思って9mmのレンチを買ったら9mmでは小さすぎ?それならと3/8incを買ってきたんですが、それもきつい!

一体、何mmやねん!しょうがないので10mmのスパナでまわしました。

左のナットが調整ねじ、右のナットはロックナットです。
フレームを折りたたんだ状態で、左の調整ねじを締めたり緩めたりで調整しましょう。

今度はハンドルの部分です。
ここは、折りたたみ自転車なのでしょうがないのか?とも思いますが、どうもブレーキをかけた時にハンドルが”カックン”とぎくしゃくするのが気になります。
そこでちょっと締めてみました。

Img_1642_2
ハンドルをたたんだ状態

ハンドルを固定するレバーの反対側にあるねじをちょっと締めてみました。
しかしハンドル折りたたみ部のクリアランス?隙間?が結構あるのか、レバーの調節くらいでは”カックン”は治らなそうです。
今度はこのヒンジ部分にゴムのシートでも張りましょうかね。

最後に伊丹空港で撮ったWACHSENくんの画像

Img_3803_3

« 古市古墳群と百舌鳥古墳群 | トップページ | 淀川~八幡の流れ橋まで »

サイクリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582317/57303799

この記事へのトラックバック一覧です: 【WACHSEN】ライト粉砕!?・・・他:

« 古市古墳群と百舌鳥古墳群 | トップページ | 淀川~八幡の流れ橋まで »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ