« 【WACHSEN】ライト粉砕!?・・・他 | トップページ | 【サイクリング】猪名川右岸と利倉橋の南側 »

2013年5月 4日 (土)

淀川~八幡の流れ橋まで

八幡の流れ橋へ行ってまいりました。

いつもは一人でサイクリングしてるので、たまには誰かといっしょに走ってみたいなということで、今回は会社の人と二人で走ってきました。

走ったコースは神崎川~淀川~木津川です。

神崎川の浪速サイクリングコースの大豊橋(空港線)で待ち合わせ、そこから二人のツーリングスタートです。

Img_1493
GIANTのMTBと僕のCAAD10ちゃん

神崎川左岸にはサイクリングロードがありまして、ここのコースは淀川にある悪名高い車両通行防止柵?みたいな物がないので走りやすいです。

のんびり江口橋方面へ、神崎川のサイクリングロードの終点からちょっとだけ一般道を走り、淀川の堤防へ。
堤防上をしばらく行ってから河川敷きに降りますがこの堤防の一部分が砂利道です。
ロードバイクでは走りにくいし、埃が気になる。
そういう方は担いで河川敷きにまっすぐ降りましょう。

ここからは枚方大橋まで淀川右岸を行きますが、淀川のサイクリングロードは例の”柵”が結構頻繁に出てくるのでほんとうっとおしいです。
これさえなければ、というかもうちょっと自転車には通りやすい設計であれば淀川はいいサイクリングロードなのにね。

枚方大橋を渡り、関西医大のところのトイレがあるところで休憩。
この場所はサイクリストの休憩場所として有名なんですね。
天気のいい日曜日だったので、沢山の自転車乗りがきてました。
しかしその日は、ここのトイレの便器が詰まってて大変なことになってました。

さぁこの辺から僕には問題がじわじわ発生してました!
この時点で30数キロ走って来てるんですが、ひざの爆弾に違和感を覚えはじめてきました。

数日前のサイクリングでもひざが痛くなったので、友人にポジションをみてもらったので、もうひざは大丈夫かなと、その点検もかねてのサイクリングだったのですが、また痛くなったので、ポジションが原因ではなくて、どうもひざにほんとに爆弾があるようです。

この時点では、まだ軽く痛いくらいだし、目的地は流れ橋なので、先に進みます。

この先、関西医大から淀川左岸の上流はサイクリングロードとしては堤防の上が設定されてるようですが、河川敷きのゴルフ場のさらに川側にサイクリングに適した広い道が続いてます。

Img_1494
くずはのゴルフ場辺り。今回の相棒のTさんの後ろ姿で。

ずんずん行きますと、以前に行ったときは京阪電車の橋本駅付近で道がなくなってましたが、もうちょっと上流まで行けて、最後は舗装されたスロープで堤防上に上がれるようにきれいに整備されてました。

Img_1512
淀川の終点付近。最近奇麗に整備されたようです。
この辺りが淀川の始まりの地点ですね。

八幡の御幸橋に到着です。

Img_1506
木津川サイクリングロードの案内看板。木津から嵐山までいけますよ。

今回はすぐに木津川に入らずに、ちょっと寄り道します。
最近教えてもらった飛行神社に行きます。京阪電車の八幡市駅のちょっと東になります。
なんとなくこっちだな、と思って行くと、ありました。
いきなりジェットエンジンがお出迎え、飛行機ファンはちょっと気になるんじゃないでしょうか。

Img_1496
表からでも見えるところにF104のエンジンのストリップが。

じっさいパイロットさん達はここの神社のお守り持ってたりするらしいですよ。

Img_1497
神社の中、エンジンをバックに撮ったつもりですが分りにくいですね。

Img_1502
神社境内はこんな感じ。

Img_1500
海から引き揚げられたゼロ戦のエンジンも展示されてました。
しばし見学して、木津川のサイクリングロードに入ります。

ちょうど京阪電車のガード下あたりから細い道ですが、住宅の間を通って木津川サイクリングロードに出ることができる道がありました。

ここからは堤防上のサイクリングロードをのんびり走ります。

Img_1511
木津川サイクリングロードはこんな感じの走りやすい道です。

石清水八幡宮のほうを見てみると

Img_1504
ちょうどケーブルカーが上っていきました。

第2京阪道路をくぐってしばらく行くと木津川の中に流れ橋が見えてきます。
4月のこの時点では、流れ橋には桁はかかってるけど、両方の入り口は工事用のバリケードがしてあって通行は不可でした。

今回のサイクリングの目的地到着です。

Img_1505
流れ橋。今でも時代劇では使われてますよね。松本人志のさや侍でいきなり出てきてびっくりしました。

関西医大の休憩所でお話させていただいたベテラン・サイクリストさんに教えてもらった通り、流れ橋の休憩所から市街地側の坂を降りたところに公衆トイレがありました。

Img_1507
記念撮影。

ここは屋根つきのテーブルがある休憩場所といすが何個かおいてあります。
テーブルのあるところで座っていたら外国人のサイクリストさん二人が日本風のお弁当を食べてらっしゃったんですが、その人達に写真を撮ることを頼まれてしまった、まぁ別に英語での会話があったわけじゃないので問題ありませんでしたが。
ここはいつ来ても沢山のサイクリストが休憩に立ち寄られますが、この日はリカンベントの団体さんがこられてました。
座って乗るタイプの自転車にもいろんな形の物があるのですね。
一つびっくりしたのは、片手で持ちあがるくらい軽いおそらくカーボン製のリカンベントでした。一見して高そうでしたね!

子1時間ほど休憩しましたね、いつもは一人なので休憩取っても数分なんですが、相棒がいるとゆっくりしたペースでサイクリングが楽しめますね。

Img_1508
最後に流れ橋をバックにCAAD10ちゃん。

ここまでにすでに50数キロ走ってひざは痛くなってました・・・
なんとか帰ろうと出発します。
ここからは来た道を逆戻りです。

行きによった関西医大でまた休憩。

Img_1513
医大裏トイレ。

この辺で、もうひざは限界に近づいてましたね。

ここからは左ひざをかばいながらの走行でした。時々休みながらきた道を帰りましたが、とうとうひざが限界に。
最後はいっしょには走ってもらった会社の人の家から僕の家まで車で送ってもらうという、途中リタイアの結果に、ほんと完走できず迷惑までかけてしまった。
ちょっと言い訳っぽくなりますが、外傷はないけどひざの中が故障してるというアクシデントにみまわれたということで、許してください。

次の日に近所の整形外科で診てもらったら、ひざのたなというのがあって、それがひざ関節にはさまれて炎症を起こしてるのではないかということでした。
今までも長い間歩いたりするとひざが痛んだのし、50kmでひざが痛くなるようでしたらアワ一ビワ一なんて行けるはずないので、この際きっちり治そうかなと思いました。

« 【WACHSEN】ライト粉砕!?・・・他 | トップページ | 【サイクリング】猪名川右岸と利倉橋の南側 »

サイクリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582317/57306483

この記事へのトラックバック一覧です: 淀川~八幡の流れ橋まで:

« 【WACHSEN】ライト粉砕!?・・・他 | トップページ | 【サイクリング】猪名川右岸と利倉橋の南側 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ