« 【バイクのプラモデルの作り方】パーツ塗装編 | トップページ | 【MOTO GP】第4戦 フランス »

2013年5月13日 (月)

【アイスコーヒーの作り方】ハリオの水だしコーヒーポット

これから紹介するアイスコーヒーの作り方は、神戸の御影新生堂式です。

このハリオの水だしコーヒーポットを御影新生堂さんで買った時に作り方の紙をいただいたのでその方法を紹介します。
実は僕はまだこのコーヒーポットで水出しでコーヒーを作ったことがない!だから飲み比べはまだしたことがないのです。
水出しでもコーヒーの味は出るのでしょうけど、やはりコーヒーは熱いお湯で淹れる方がおいしい気がする。
それに水出しだと、コーヒーができるまで8時間もかかる!
お湯で出せば淹れてすぐに飲めますよ。
基本的にはホットコーヒーの淹れ方と同じです。普段ホットコーヒーをドリップで淹れてる方には楽しい作業だと思われます!

以下は御影新生堂式の紹介です。画像は僕が淹れた時に撮ったものです。

アイスコーヒーの作り方
何度も試作を繰り返し、やっとたどり着きました!

①コーヒー豆を70g
 中細挽きにしてフィルターにセットします。

 中細挽きがおすすめです
Img_1675
ハリオの水だしコーヒー器

Img_1674
コーヒースプーンで計ってもいいでしょうが、キッチンメジャーでグラムを計る。

②ポットの目盛り500まで氷を入れます。
Img_1677
ちょっと上から撮ってるので分りにくいですが、500のところまで氷を入れました。
横から見てだいたい500のところで大丈夫。

③100℃のお湯を用意します。
Img_1678

④ゆっくりお湯を注ぎドリップします。
最初は豆全体に行き渡らせたら30秒蒸らしましょう。
その後は、少量ずつ豆の膨らみにあわせながらドリップしてください。


Img_1679

⑤目盛り800でドリップ終了です。
フィルターを外し、ポットを冷蔵庫で冷やしてください。
Img_1680
フィルターが800の下まで来るので、コーヒーは800のちょっと上までドリップするとフィルターを取った時にちょうど800になる。

Img_1681
出来上がり。

以上が御影新生堂式の紹介でした。
非常に簡単においしいアイスコーヒーができます。
すっきりした味わいのアイスコーヒーができますね。
好みで豆の量や挽き方を変えて自分好みのコーヒーを目指すのがいいのではないでしょうか。

コーヒーの豆はやはりアイス用のほうがおいしいようです。
何種類か試しましたが、豆はUCCのアイスコーヒー用が安定しておいしいです。(最近気付いたけどこの豆は水出し用もありますね、しかし水出しじゃないほうです)
70gとなってますが、75gくらいにして濃い目に出してもおいしいかも。
あと淹れたてより二日目のほうがおいしい気がする、気のせいか?


ハリオのポットで作れば面倒な計算はいりませんよ~
500のところまで氷を入れる
70gコーヒー粉を用意する
800まで入れる
これだけです。

« 【バイクのプラモデルの作り方】パーツ塗装編 | トップページ | 【MOTO GP】第4戦 フランス »

雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582317/57377919

この記事へのトラックバック一覧です: 【アイスコーヒーの作り方】ハリオの水だしコーヒーポット:

« 【バイクのプラモデルの作り方】パーツ塗装編 | トップページ | 【MOTO GP】第4戦 フランス »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ