« 【サイクリング】藻川 | トップページ | 【佐藤琢磨】インディ第4戦サンパウロ »

2013年5月 5日 (日)

【MOTO GP】第3戦 ヘレス

ヘレスからはヨーロッパラウンドになりますね。

ヘレスはテクニカルコースで差が付きにくいようですね。
予選中のタイムアップもわずかでした。

転倒が多くみんながてこずる中ロレンゾがさすがのポール奪取。
ペドロサ、マルケス、クラッチロー、ロッシと続きます。
しかしほんとにタイム差がなくCRT勢も今回はレースで絡んできそうですね。

予選を見ててひとつ気になったことがありました。
それはまずビニャーレスのフロントカウルにピンクのフラミンゴがあったのです。
その時はすぐに分らなかったのですが、クラッチローのマシンにもフラミンゴが付いてるのを見てはっとしました。

フラミンゴといえば、かつてWGPで活躍した若井選手の愛称!
調べてみるとやはり若井選手が事故で亡くなったのはヘレスだったのですね。
もうあれから20年も経っているようです。
今回のレースでは、当時現役ライダーだった監督のチームや、若井選手のことを覚えてくれてる人たちのマシンにはフラミンゴが貼ってあります。
テック3、マルチネス・チームのドプュニエ、青山選手、ポンスチームのピット等にみることができました。

さぁ決勝はどうかな?

さてMOTO GPの決勝は最後の最後で後味悪かったですね。

レースは短めでテクニカルなヘレスサーキット、そこらじゅうで抜きつ抜かれつがあったり、転倒があったりと見てる方は結構面白かったです。
最初にペドロサとロレンゾのバトルがちょっとありましたが、ペドロサトップに立ってからは危なげなかったですね。

問題はロレンゾ対マルケスです。マルケスは相手がロッシだろうとペドロサだろうとロレンゾだろうとお構いなしでいきますね。
いくのは見ててスリリングでいいのですが、今回の最終ラップの最終コーナーでのあの突っ込みはいただけませんね。
レース後の記者会見でロレンゾが自分でブレーキングミスを認めてましたが、そのブレーキングミスでガラガラになったインに飛び込んだまではマルケスも良かった、しかしその後自分も止まり切れずにロレンゾにぶつかったのは、やはりマルケスもブレーキングミスしてたということですね。
ガラ空きのイン側をちゃんと曲がっていっていれば、”マルケスすごい!”となりますが、明らかなオーバースピードで無理やり突っ込んできて、ぶつけて抜いていったのは、ちょっとどうかな~?って感じですね。

まだ3戦目だけど、マルケスの抜き方は恐れを知らないリスキーな感じがしますね。
かつてシモンチェリがさんざん言われていたようなことにならなければいいですが。
しかし、ロッシを抜いたときも、ペドロサを抜いた時も見ていてひやっとする感じでしたね。
まぁこれから学んでいくんでしょうが、重大事故にならないことを祈りましす。

MOTO2の中上君はおしかったですね~ラスト5ラップくらいですか、ポルの追撃を受けてからかなり粘りましたが、最後に抜かれてしまって4位に。
ここでポルに競り勝っていればもう一つ上のレベルにライディングも精神面も行けたかも?なんて思ってしまいましたが、今年の中上君の速さは本物なのでこれからのまだまだある残りレースでも魅せてくれるでしょう!期待してます。
今年のチャンピオンも夢ではないでしょう。

« 【サイクリング】藻川 | トップページ | 【佐藤琢磨】インディ第4戦サンパウロ »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582317/57314337

この記事へのトラックバック一覧です: 【MOTO GP】第3戦 ヘレス:

« 【サイクリング】藻川 | トップページ | 【佐藤琢磨】インディ第4戦サンパウロ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ