« 【SBK2013】第2戦 アラゴン | トップページ | 【MotoGP】第2戦 アメリカズGP »

2013年4月20日 (土)

猪名川をサイクリング

猪名川をサイクリングしましょう!

猪名川はサイクリングロードとして整備してあるわけではないのですが、川沿いを気持ちよく走ることができます。
ということで、猪名川をサイクリングする時のコースを画像で紹介していこうと思います。
画像は一回のサイクリングで撮ったのではないので天気が違います。
WACHSENくんとCAAD10くん両方でサイクリングしてます。
↓の記事も参考にしてくださいね、猪名川と続いてますので!
猪名川右岸と利倉橋の南側
藻川

上流から下っていこうと思いますが、もちろんどこからでも入れるので参考までにということでお願いします。
猪名川自体の延長はもっとありますが、今回はR173の能勢電鉄滝山駅付近から下流を紹介します。ここからサイクリングコースっぽくなります。
まずは猪名川の右岸になります。(右岸ー河口に向いて右側)
Img_1311
ここR173の能勢電鉄、滝山駅付近から川沿いに入っていく道路があります。

Img_1313
上の画像から振り返ってみるとこういう風景です。
ここにはへリポートがありました。
この辺りから、車が入ってこれないようになってるし、道は広いので走りやすいです。

Img_1314
こんな感じで川沿いを行きます。

ちょっと行くと加茂可動堰というのが川の中に見えます。
Img_1315
これが加茂井堰。

はじめ見たときはなんとなく形が変わってるな?くらに思って通り過ぎました。
走りながら考えていたら、普通の堰とはだいぶ変わってるなと気づいたんですよ。
いつも見慣れてる武庫川の堰はコンクリートの低い堰ばかりです、しかしここの加茂井堰は見た感じが丸い筒状なんですよ。
コンクリートで造るのにわざわざまる~い筒状にはするはずないなと、これは何でできてるんだろと思ってよく見たら、どうもテントシートのような素材で、風船のように膨らませたり、へこませたりできるように見えます!それで高さを変えれそうです。
すぐ側に加茂井堰の制御小屋があり、そこに建設記念の説明プレートがありました。
想像どおり空気で膨らますことができる可動堰でした。こんな堰があるなんて初めて知りました。
形式は”ゴム引布製起伏堰”というそうです。

またちょっと行くと絹延橋です。
Img_1309
絹延橋とビッグハープ。

絹延橋の南側は公園になっていて、ここから阪神高速のビッグハープ(新猪名川大橋)の下までは舗装がされてなくて土でした。

Img_1319_3
公園から見たビッグハープ。

このときはWACHSENくんで行ったので公園を通りましたが、ロードバイクで汚れが気になる方はすぐ横の道路を通れば問題ないでしょ。延長は300mくらいでしょうか。
Img_1321
砂利道だけど硬いのでロードでも大丈夫かな。ビッグハープの下。

またちょっと行くと橋があります。中橋です。
Img_1322
中橋。

川沿いに行くのでどうしても目印的には橋ばかりを紹介していくことになりますね。
この辺りから堤防沿いというか上に、阪神高速道路が平行に走ってます。その高架下、川西側ですね、がドラゴンランドという公園が整備されてまして、トイレも何箇所か設置されてます。駐車場も建設中な感じでしたね。行かれる方は要確認で。
Img_1754
呉服橋のところにドラゴンランドの案内看板がありました。トイレは呉服橋の上流、下流にあるようです。

次に出てくるのがR176の呉服橋です。
Img_1325
呉服橋。左奥に見えるのは五月山。山岳好きはどうぞ!

このまま右岸を走って行けるのですが、ここでは呉服橋を池田側(画像の向こう側)に渡って左岸に行きます。
渡りきったところの道路を右折して、阪急電車のガードした辺りまで住宅の前を通ります。
ガードをくぐるとまた堤防に出ることができます。

Img_1335
阪急電車のガードをくぐって土手に出たところ。

ちょっと堤防上を行くと河川敷きに降りていくスロープがあるのでそれを降ります。

Img_1337
スロープ。
ここからは池田側の河川敷きを走ります。
こちらもサイクリングロードとはなっていないですが、ここから軍行橋までは走りやすいサイクリングロードと思って大丈夫でしょう。

堤防から離れて川岸の方を走ります。河川敷はグランドとして整備されてるところもあるので野球少年、サッカー少年の飛び出しには気をつけましょう。

阪神高速とR176と中国道をくぐります。

Img_1338
河川敷の道、上は阪神高速。左はグランド。

Img_1339
前方に軍行橋が見えてきました。池田側の道は奇麗に整備されてるし広いので良いですね。
そしてR171の軍行橋到着。
軍行橋の手前からも堤防に上がることができますが、そのまま軍行橋もくぐり抜けます。

この辺りから伊丹市に入ります。

話はそれますが、いろんな川沿いの道路を走ると、整備状況が突然変わるところに出くわしますね。だいたいそのあたりで行政の境界があるのを思い知ります。

ここも急に道がコンクリートになって状況が変わります。この先、伊丹市側は河川敷にサイクリングロードのように整備された良い道はないです。
そして、工事用のようなコンクリートの道を行くと、分かれ道があります。
まっすぐも行けるのですが道がなくなる!ので左に曲がり堤防に上ります。

Img_1340
ここが左に曲がるところ。箕面川が猪名川に合流する堤防の辺り。お墓のところです。

Img_1343
ここが箕面川、左の堤防に登ってきて、真ん中の橋を渡りこちらの堤防を行くとまた猪名川に戻ります。
ここが箕面川というのはこれを書くのに調べて知りました。


Img_1342
さっきの画像のところをまっすぐ行くとここで道がなくなります。

ここ辺りは大阪空港の離陸の真下になり、飛行機の撮影ポイントになってますね。
かなり近くを飛ぶので迫力があります。

Img_1345
こんな感じで離陸直後の飛行機が真上を飛びます。
いつ行ってもアマチュアカメラマンがいます。

この辺りからは堤防の上を行きます。

Img_1402
桑津橋。奥に見えるでかい建物はイオン伊丹。

Img_1349_3
桑津橋からの道はこんな感じの舗装、神津橋が見えてきました。
これも斜張橋ですね。

Img_1404_4
神津橋。
堤防沿いを行くので、橋のところは車道を渡ることになります。
桑津橋のところは信号があるので安全ですが、神津橋のところは信号が無い、しかも緩やかにカーブしていて、しかも坂の途中にあって車道を通る車からはここを渡る人が見えにくいし、渡る人も車が見えにくいので、ほんとに慎重に注意して渡らないと重大な結果をもたらします。
ここはあせらずゆっくりいきましょう。

Img_1408_2
猪名川橋。実は対岸に渡ったところからの画像。

Img_1514
猪名川橋からさらに左岸を行ったところ。ちょうど田能資料館の辺りです。

しばらく行くと千里川を渡ります。

Img_1515
千里川。

Img_1354
千里川のところからは大阪空港の着陸地点が近いです。
ちょうどモヒカンが降りてきました。
千里川沿いに空港方面に行くとこの飛行機の真下で着陸の迫力あるシーンが見れます。

Img_1516
利倉橋です。

猪名川の左岸側はこのまましばらく行けるのですが、阪急電車のところでちょっと担いで降りないとダメなところがあるので、今回は自転車で続けていけるところを紹介します。
ということで、この利倉橋を渡って右岸側に行きます。

利倉橋を渡り川沿いを行きますとすぐに内環状線をくぐるために住宅地の方へ降りて行きます。
内環をくぐってからは住宅地を抜けたり、名神をくぐったりと、うまく川沿いを行けないので、そこは皆さん迷うかもしれませんが、適当にサイクリングを楽しみましょう!

Img_1424_3
堤防沿いだけどこんな感じ。

Img_1425
こんな住宅街をできるだけ川から離れないように勘でいきます!

Img_1426
この細い路地は見つけにくいんですが、上の画像の途中から左に細い道がありまして、ここを抜けると川沿いにでます。

Img_1355
路地を抜けたところの公園。この先で堤防に上れます。
しかしすぐに名神をくぐるために堤防を降ります。名神をくぐってできるだけ川沿いを行くと阪急電車にぶち当たるので、またガードをくぐります。
小学校の横を通るとまた堤防です。

Img_1427
もうすぐそこが戸ノ内橋!猪名川の終点です。

猪名川サイクリング終了です。
利倉橋から右岸は砂利道でもいいというのであれば堤防上を行けるのかな?
この辺は未確認なので分らないです。

猪名川を通して走るなら今回のルートがいいように思います。
その他の部分は↓
猪名川右岸と利倉橋南側 

それとすぐ横の藻川は↓
藻川
こちらを参照してくださいね。

« 【SBK2013】第2戦 アラゴン | トップページ | 【MotoGP】第2戦 アメリカズGP »

サイクリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582317/57204735

この記事へのトラックバック一覧です: 猪名川をサイクリング:

« 【SBK2013】第2戦 アラゴン | トップページ | 【MotoGP】第2戦 アメリカズGP »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ