« 猪名川をサイクリング | トップページ | 【インディー】第3戦 ロングビーチ »

2013年4月25日 (木)

【MotoGP】第2戦 アメリカズGP

もうマルケスしかないですね。

驚きの連続です。マルケスは今年のルーキーですよ、それで今回のレースはまだ2戦目。

しかも今回のサーキット・オブ・ジ・アメリカズは2輪レース初開催。ベテランライダーもこのコースの攻略にてこずる中、マルケスはフリープラクティスからトップタイム連発。
ホンダのマシンが今回のコースではヤマハに対してアドバンテージがあったのだとしても、ホンダ一筋の先輩ペドロサよりも速いタイムで走れてるというのは、凄すぎです。

ヤマハ勢は王者ロレンゾが3番手につけてなんとか頑張ってるが、マルケスから1秒も予選で離されてる。クラッチローは相変わらず好調、ロッシは8番手とちょっとふるわないですね。
ドゥカティ勢ではドヴィが開幕から乗れてる感じですね。

CRTのアレックスは予選9番手、宮城さんも言ってましたが、プロトのメーカーから声かけられてもおかしくないくらいの速さを見せてますね。

決勝はペドロサがスタートを決めて2番手にマルケス、3番手ロレンゾ。4番手からはクラッチロー、ロッシ、ブラドル、バウティスタ、ドヴィが抜きつ抜かれつの面白い戦いをしてました。
ロッシはマシンのセットを決めれなかったのか最後まで苦しんでましたね。
クラッチローは今回もブレーキングで行きすぎて飛び出すシーンがありました。これが無ければロレンゾとのバトルになってたかもしれなかったので惜しいですね。
ブラドルも2年目のシーズン去年より確実に速く、そして安定してきましたので表彰台に登れるかな。

さぁペドロサ、マルケスの順で周回を重ねていきますが、3番手ロレンゾは徐々に離れていきます。予選ほどのタイム差はなく、速く安定して走っているのはさすがですが、今回のレースでは3位キープでシーズンを考えたレース展開でした。

リアにハードを選んだマルケスは後半勝負に出るという作戦だったと思われますが、その通りにペドロサの後ろでじっくりチャンスをうかがってるような走りでした。
この辺のレース運びもルーキー離れしてますね。テレビで見てても、いつでもいけそうな雰囲気してましたもんね。

中盤に差し掛かった前半セクションのS字の切りかえしでペドロサをパス。
これもちょっとびっくりしましたね。こんな難しいポイントで抜かずに、ストレートエンドのハードブレーキングでインを刺せば、安全に抜けたと思うけど、あそこで仕掛けるのがマルケス流ですね。

抜かれた直後は抵抗したペドロサでしたが、すぐに2位キープの作戦に変えたように見えましたね。
1位2位のポジションチェンジは一回だけだったけど、初めてのコース、マルケスの初優勝もかかってて、面白いレースでした。

マルケスは2戦目、20歳で初優勝。
なんとあのフレディー・スペンサーが持ってた最年少優勝記録をついに破ったんですね。
これまでフレディーが最年少優勝だったというのがこれまたすごいですが。
80年代前半、まだ中学生でしたがベストバイクで時間差でしかもちょっとしかGPの記事なんか無かった時代からフレディーの凄さを知ってるものとしては懐かしいですね。今でも僕の中ではフレディーは最速のライダーの一人です。

MOTO2の中上君は今回も予選2番手、今年は安定して速そうです。
しかし決勝はどうもスタート直後から、マシンにトラブル発生で残念ながらリタイアでした。
125時代から注目してるテロールが初優勝、追い上げたラバトとベテランのカリオが表彰台。今年のチャンピオン候補のポルは転倒リタイア。中上君もチャンピオン候補なんで頑張ってほしい。

今年はカレックスがさらに増えたけど、スッターも速いライダーが乗ってるので、絡んできますね。

« 猪名川をサイクリング | トップページ | 【インディー】第3戦 ロングビーチ »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582317/57246387

この記事へのトラックバック一覧です: 【MotoGP】第2戦 アメリカズGP:

« 猪名川をサイクリング | トップページ | 【インディー】第3戦 ロングビーチ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ