« MotoGP進化論 | トップページ | 【オードリー・ヘップバーン】暗くなるまで待って »

2013年2月18日 (月)

【泉優二】チャンピオン・ライダー

チャンピオン・ライダー:泉優二

2013年にお亡くなりになられた泉優二氏の作品を読んでいこうと思います。

ウィンディーに続くバイク小説ですね。
登場人物の名前がウィンディーとかぶってるので続編かな?と思ったけど別なお話ですね。
80年代のGPシーンを良く描いてあると思います。レースを題材としてるけど、人間ドラマとして書かれてあるので、バイク乗り以外の人が読んでも大丈夫だと思います。
バイク乗りの人にはレースの駆け引きがものすごく詳細に描かれてるので、ライディングを想像する楽しみもありますね。

80年代のWGPは、もちろんテレビ中継なんてなかったし、ぼくはまだ中高生、たまに雑誌を見て情報を得るくらいでした。今のMotoGPとは想像もつかないくらい家族的な雰囲気の中で行われていたのでしょうね。

小説の主人公周辺の人物は架空の名前でしょうが、レースシーンで出てくる他のライダーの名前が当時活躍していたライダーそのままで、ラバードやマンク、サロン、など懐かしいですね。
スェーデンとかフィンランドとか今は開催されてないサーキットもそういえば昔は雑誌に載ってたな~と懐かしくなりました。

チーム竹島を作られてた竹島さんの解説は、どこまで本当のことなのか?面白くて笑えました。

泉優二氏の御冥福をお祈りいたします。

« MotoGP進化論 | トップページ | 【オードリー・ヘップバーン】暗くなるまで待って »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

突然投稿致します無礼を御許し下さい。
泉優二さんが四年も前に永眠されていた事を知り愕然となっています。

北山洋とミッシェル・グレンジャーが、500cc(おそらくROC-YAMAHA)に挑む初年度、開幕戦は鈴鹿。
あの小説「ハイサイド」は確か…
洋達が決勝のウォームアップランを終えグリッドに着き、熱いバトルを予感させられた(苦笑)ところで終わった、と記憶してます。

俺、あの続きを読みたかった…
個人的な推定では1992年シーズンが物語の背景だと思っていました。ただし、当時のチャンピオンのウェイン・レイニーは(前年最終戦テスト時の事故による)負傷、をしていなかったという架空の設定なのだと。

もしかしたら、あの続きは…

今は亡き「ノリック」の様になったのでは?
「なって欲しかった」、が個人的な要望です(苦笑)

ですが、続き、は無いのですね。
哀しくもあり、悔しいです。

「俺は、どうすりゃいいんだ…どうすりゃいいんだよ。ケイ、教えてくれよ」(故 泉優二氏「チャンピオン・ライダー」より)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582317/56792829

この記事へのトラックバック一覧です: 【泉優二】チャンピオン・ライダー:

« MotoGP進化論 | トップページ | 【オードリー・ヘップバーン】暗くなるまで待って »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ