« 【NFL】ついにハーボウル実現【スーパー・ボウル】 | トップページ | 【近つ飛鳥博物館】歴史発掘おおさか2012 »

2013年1月27日 (日)

【WACHSEN BA101】付属ライト不具合

WACHSEN BA‐101には付属で前用のライトが付いています。
実は購入直後に一応動作確認しておこうと思ってライトを点けてみたら、スイッチを押している間だけ一瞬ついて、ライトオン状態を保持できないということが分かり、ハンワさんに新品と交換していただきました。

その時は電池ボックスか本体のホルダー等の寸法が微妙に間違ってる不良品があるのかと思ってました。

交換で送っていただいたライトは問題なく、オン、点滅、オフとしっかり作動していたのですが、数か月の使用でだんだん前回のようにライトオンを保持できなくなる症状が出てきました。
そして、同じようにまったくライトオン状態を保持できなくなりました。

そこで、はじめは問題なかったのに、だんだん接点不良がひどくなっていったということから、電池ボックスに付いているスプリングがへたってきたのではないかと考えました。

スイッチを何度も押す
     ↓
スプリングが縮む
     ↓
スプリングが戻らなくなる
     ↓
電池ボックスとケースの間に隙間ができる
     ↓
接点が保持できなくなる

ということですね。
以下画像で説明してみましょう。
Img_1208_2
本体、手前がレンズ側

Img_1209_3
後ろ側、矢印のところが薄いゴムになっていて中のスイッチを押す

Img_1211_3
電池ボックスを抜いた状態
右側の黒いポッチがスイッチ

Img_1212
対策としてガムテープを小さく切って貼りました。
これで現在は問題なく使えています。

それともう一つ問題があります。
それはハンドルバーに着けるライトのベースです。
ライトは取り外しができるようになっています。
ライトを取り付けるレール上になってる部分の、ロックを解除する
レバーがライトを外すため押し下げた際折れました・・・

Img_1207_2
寒い時でプラスチックが硬くなっていたのかあっさり折れました。
なくてもライトは取り付け可能なので問題ないです。
取り外しがしやすくなったと思えばいいか・・・

« 【NFL】ついにハーボウル実現【スーパー・ボウル】 | トップページ | 【近つ飛鳥博物館】歴史発掘おおさか2012 »

サイクリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582317/56639685

この記事へのトラックバック一覧です: 【WACHSEN BA101】付属ライト不具合:

« 【NFL】ついにハーボウル実現【スーパー・ボウル】 | トップページ | 【近つ飛鳥博物館】歴史発掘おおさか2012 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ