« モンスターエナジーがヤマハのオフィシャルスポンサーに! | トップページ | 名馬風の王 »

2013年1月16日 (水)

水のかたち

水のかたち:宮本輝

宮本輝氏の現在の単行本化された最新刊になりますね。

主人公の50歳になる女性に次から次へとものすごく幸運としか言えないようなことが起こる。

もらい物の焼き物が知り合いの目利きに見てもらったら三千万といわれる。
今回も今までの宮本輝作品のように、こんなとんでもないことが起こったら、そのまま置いておくとか、やっぱりなかったことにして持ち主に返すとかするのかなぁとおもって読み進めたら、割とすぐに売る段取りをつけて、あっさり大金を手にしてしまう。
他にも本人だけでなく、周りの人間にもどんどん事態がよい方向に転がっていくという、なんか幸運の連鎖のようなものが起こります。

そういう思いがけない事態が起こるけど、あせらずその人のあるがままにまかせて生きていく、そういうところを”水の流れに任せる”じゃなくて「水のかたち」と表現しているのですかね。

この作品の中で、少し前に読んだ糖尿病と糖質制限食のお話はやっぱり出てきました。
いつもは実在の人物も少し名前を変えたりして物語に登場させてるようですが、今回は病院も先生の名前もそのまま出てました。たいへん信頼されてるのだなと思いました。

もうひとつ先の大戦で朝鮮半島からの引揚者のお話も出てきますが、こちらも実話をもとに描かれてるのですね。
戦後の混乱の中、しかも朝鮮半島の北側からの脱出で日本まで無事辿り着いた、それだけでもすごいですが、その脱出劇を一人の日本人が主導して、多くの日本人を救ったお話も、そういう人が実際にいたんだということを覚えてかないといけないことだと思いました。

あとがきでは、この物語を書こうと思ったベースになるような、ものすごく幸運な方が実際にいらっしゃったようです。
しかしたまたまもらった焼き物が何千万もの価値があるなんて聞いたら、ちょっと怖くなるでしょうね。
自分にはそんなことは起きないでしょうが、宝くじは当ってほしい(笑)

これで単行本化された宮本輝作品はすべて読み終えたと思います。
どれもいいお話ばかりです、とくに後の方の作品は読んでいて、これから自分も頑張っていこうと思えてくるような作品です。

« モンスターエナジーがヤマハのオフィシャルスポンサーに! | トップページ | 名馬風の王 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582317/56556332

この記事へのトラックバック一覧です: 水のかたち:

« モンスターエナジーがヤマハのオフィシャルスポンサーに! | トップページ | 名馬風の王 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ