« [書評]警察もの小説「64」横山秀夫著 | トップページ | 【車整備】FIAT500オイル交換【A.S.H】 »

2013年1月21日 (月)

プラモデルとの付き合い

プラモデルは人生で一番長く続けているものになりますね。

初めて作ったのは小学校の3、4年生のころです。いまから30年以上前です。
当時の遊び、おもちゃでは最先端のものだったのですよ。もちろんテレビゲームなどない時代です。ビー玉、めんこ、べーごまなんかが遊びのアイテムでした。

ちょうどそのころにスーパーカーブームに襲われます。男の子なら誰もが夢中になったでしょう。
サーキットの狼もはまりましたね。
そこから車好き一直線です。プラモデルも作りだしました。

その頃の車のプラモデルはモーターライズで走らせることができましたね。自分で作って動かして遊べる、そういうものでした。
その後はゼロ戦も一時期よく作ってましたね。小学生なんでまだ色とかは塗らずに、ただ接着剤でくっつけていっぱい作りました。

5年生くらいになって、サーキットの狼の池沢先生のバイク漫画で主人公がRZ350のフルカウルに乗る漫画に出会い、そこからバイク好きになります。
中学生のころからはバイクのプラモが中心になったように思います。
当時は社会現象にもなった”ガンダムブーム”だったのですが、ガンプラには目もくれず、バイクプラモでした。
ガンプラに売れないプラモを抱き合わせ販売してるひどい店があったのですが、友達が買ったガンプラの抱き合わせのバイクを下取りしてましたよ。

大人になってから、縁あってプラモデルの仲間ができた時に結構真面目に作るようになりまして、我流でやってたのですが、上手な人と付き合って自分の腕前もちょっとは上がったかなと思います。
しかし自分のプラモ作りは、キットをそのまま組むのがほとんどです。改造はまったく苦手だし、そもそも造形のセンスがまったくない!
ですから改造といっても市販のデカールを使うくらいです。

そんなこんなでいままでプラモを作ってきましたが、完成したプラモを友達なんかに見せると”お~これプラモ?”と言ってもらえるくらいのものは作れるようになりました。

これからもプラモの作品や作り方なんかを書いていこうかと思いますが、時々作るけどもうちょっとうまく作りたいな、という人の参考になればと思います。

« [書評]警察もの小説「64」横山秀夫著 | トップページ | 【車整備】FIAT500オイル交換【A.S.H】 »

プラモデル」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

私もプラモデルに関心を持ったのは小学生の頃で 小学校の 近くにある文具店に戦艦大和の大きなプラモデルと戦闘機のプラモデルが目に入り興味を持ったのが初めでした。
最初に買ったのは当時 三十円だったか百円ライター二つ位の大きさの箱に入った通称 赤トンボと言われる複葉機のプラモデルを買ったのを記憶しています。(笑)
当時 ガムが五円の時代(笑)
それから年に二回位に 戦闘機ばかりを買いました。
高学年頃に公設市場の本屋でF108のプラモデルがありお年玉で買いましたね。
当時は色を塗るなと知識は有りませんでした(笑)

中学生頃だったか宝塚ファミリーランドにプラモデルのレースカーを走らせる所があり見ていた事が有りました。
高くて手を出せませんでした。(笑)

彦左衛門さま
僕の世代は自分の成長とプラモデルの成長が同時期のような気がします。
いまだにプラモデルをしこしこ作っております。
そういえばファミリーランドにスロットカーのコースがあったような気がしますね。ゲームセンターとか阪急電車の資料館の建物の辺りだったような。
そういえば阪急電車の資料館はどこに行ったのかな?

おはようございます。

たしか一番 奥に有った世界旅行の館の手前に有った記憶があります。(笑)
電車の館は電車のジオラマと一番 古い車両のツーハンドルの運転席のがありましたね。少し離れて北側に爬虫類の館があり隣に大賀蓮がある池が有ったと記憶が…(笑)

電車の館の前にプロペラ機の飛行機が有ったことも(笑)
懐かしいですね。
阪急電鉄の研修センターにワン・ハンドルの運転席のシュミレーションが有りますよ♪

ナガオカ様

追記

仕事の関係で阪急電車のシュミレーションを試しに教官の指示で梅田から神戸線の場面で梅田を急加速して中津に停車をしましたが 十三駅を少し過ぎて停止を(笑) いい経験が出来ました。(笑)

彦左衛門さま
そういえばスロットカーは一番奥、駅から遠い側の建物だったような気がしますね。
電車館の前の飛行機は記憶にないですね。
ファミリーランド終了直前に家族で行ってるのですが、人物中心の画像ばかりで、良いのがなかった。
2003年に行ってるんですが記憶が(笑)
阪急電鉄の研修センターですか、一般人も入れるのかな?

おはようございます。

阪急電車のシュミレーションは残念ですが運転士の研修だけですので一般人は無理かと思いますね。

ナガオカ様

池田に阪急の創始者の小林一三さんの記念館?が有るようですね。
ご参考までに

彦左衛門さま
行けだの池田城のすぐそばに、小林一三記念館と、逸翁美術館、阪急池田文庫と3施設ありますね。
これまた前まで行ったことはありますが、中には入ったことがない(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582317/56593663

この記事へのトラックバック一覧です: プラモデルとの付き合い:

« [書評]警察もの小説「64」横山秀夫著 | トップページ | 【車整備】FIAT500オイル交換【A.S.H】 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ