« 2013 motoGP エントリーリスト | トップページ | 大奥 »

2012年12月 8日 (土)

骸骨ビルの庭

骸骨ビルの庭:宮本輝

題名から想像するとなんか怖そうな話が始まりそうです。

大阪の十三にある”骸骨ビル”と呼ばれるビルの管理人さんの住人に立ち退きを求めるために住み込みしていた時の日記という形の小説です。

自分より前に2人の管理人がいたけど数日でなぜか職務を投げ出すような形で止めている。
問題のある物件に住んでる住人に立ち退いてもらうという難しいをどう解決するのか?

やはり住人は問題のありそうな人たちばかり、しかも脅迫まで受けてしまう。なんか怖い話が始まったなと、とにかく読み進んで行く。

しかしそこは宮本輝小説、はじめは、どうなるのかな!と思って読み始めてもそれ以上ひどいことは起こらない。
住人たちもなかなか難しい境遇を生き抜いてきた一筋縄ではいきそうにない人たちばかりなんですが、いつの間にか主人公と打ち解けていく。
その住人と元のビルの所有者の数奇な人生を通していろいろなお話、戦後の混乱期のお話が展開される。

宮本輝氏の小説は、はじめは黒い雲がかかってるような印象から始まっても、だんだん雲が晴れてきて、最後は光が差してくるような、そんな感じの小説ですね。
最後は未来に向って頑張っていこうと思えてくる小説です。

« 2013 motoGP エントリーリスト | トップページ | 大奥 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

宮本輝氏の作品は一番 身近に感じる内容の流転の海しか読んでいませんでしたが面白そうな本ですね。

作品的には源氏鷄太氏の最初から晩年 最後の本まで好きでした(笑)
作者の人生の想いを本に表した内容でした(笑)

宮本輝氏の作品は、僕の高校の先輩筋にあたる人なので読み始めました。
阪神大震災当時、氏が住んでいた家がうちから数分のところというのも身近に感じるところです。

源氏鷄太氏の本は読んだことがないので機会があれば読んでみます。

こんにちは

そうだったんですか…関倉とは懐かしいですね。

「流転の海」は読んでいるだけで情景が頭に描けて良い作品でしたね。

彦左衛門さま
関倉も今は中学校もできたり男女共学になったりで僕の時代からでもずいぶん変わったようです。
「流転の海」は僕の両親が愛媛の南予出身で方言や南予の風景も雰囲気がわかってよかったです。

ナガオカ様

田舎が愛媛県とは…
関西には四国地方の方々が多いですね。

愛媛県だったか たしか 空豆を醤油に漬けた 醤油豆と言うのが有ったのでは…古い記憶ですが…

昔々の会社に四国地方からの出身が多く居てましたね。

彦左衛門さま
私はこちらで西宮生まれの宝塚育ちなんですが、両親が愛媛出身なんで、旅行といえばいまだに愛媛ばかりです。
関西には四国から出てこられた方が多いようですね。

こんばんは

西宮生まれの宝塚育ちとは知人の方にも西宮から宝塚に転入された方が居られます。(笑)
昔々、宝塚の山に入れば建物が有った様に石垣だけが雑木林の中にあり 改めて考えると何かの遺構ではと推察ですが…

西宮は懐かしいですね。
終電を乗れずに西宮から家まで一時間かけ歩いて帰った事が…(笑)
途中 二ヶ所で冷や汗が…
((((;゜Д゜)))

彦左衛門さま
宝塚も古代から人が住んでいたみたいですし、中世以降でも知られてない遺構があるんでしょうね。

自分の小学生ごろの想い出では、通学路沿いで、大きな道から裏に入った細い道沿いに、かまぼこ型で金属の屋根をした建物がありました。大きさは10m×25mくらいでしょうか。周りは雑草に囲まれて気持ち悪い雰囲気でした、話では”軍人病院”と言われていたことも手伝ってなかなか入る勇気がなかったのですが、一度だけ友達と中に入ったことがあります。
そしたらうわさが本当だったのか、ほんとに畳の部屋とか器具とかが残っていてまさに”軍人病院”的な建物だったのを覚えています。
これが本当は何だったのか知りたいとも思うんですが、気持ち悪いので本気では調べてないです。

ナガオカ様

お疲れ様です。

ネット検索で宝塚海軍予科練の項目に戦時中の遺構に詳しい方が居られます。
軍事関係ならばご存知ではと思います。(^-^)
しかし 宝塚は乱開発が酷くて大昔の遺構が見つかる確率は少ないかと…
宝梅中学校の近くに古墳が発見され石を中学校の正門に展示していますね。
仁川のピクニックセンターにも弥生式の住居の遺構が有りますから 西宮 宝塚に多いかも知れませんね。
大昔は西宮神社辺りまで海でしたからね。
親も そのよう話をしておりました。(笑)

ナガオカ様

お疲れ様です。

三十年前ぐらいに仁川競馬場に川西航空機工場にて働いておられた70歳の方とたまたま偶然に知り合い当時 小林の山側に航空機専用トンネルがあり空襲の時に運び込んだと聞きました。

直接でなければ話を出来ない内容の話があり残念です。

彦左衛門さま
宝塚にも隠れた遺構はあるんでしょうね。仁川から中山~雲雀ケ丘あたりにかけての山沿いには古墳が点在してますね。
小林あたりの山の中に飛行機用のトンネルですか!これまた興味深い話ですね。
宝塚海軍予科練も調べてみようと思います。

こんにちは

古墳や遺構が高い位置に有るのは 近くまで海が有ったのかと…推察(笑)ロマンを感じますね。

彦左衛門さま
長尾山の古墳の現地説明会で現場を見ましたが、長尾山古墳は権力者が支配地域を見下ろす形の見晴らしの良い場所にお墓を作ったと思えるような感じでした。
遺跡を巡って古代びとを思うのもいいですね。

彦左衛門さま
メール関連のコメントは本筋と外れるのと、僕のアドレスもあるので、とりあえず削除させていただきます。すみません。

了解しました。

すいません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582317/56277887

この記事へのトラックバック一覧です: 骸骨ビルの庭:

« 2013 motoGP エントリーリスト | トップページ | 大奥 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ