« 西谷方面サイクリング | トップページ | 探偵ガリレオ »

2012年10月11日 (木)

クライマーズハイ

クライマーズ・ハイ:横山秀夫

知り合いからいい本だと紹介してもらいやっと手に取りました。

まったくいい話ですね。どんどん話が進んでいくので一日で読んでしまいました。

内容は’85年の日航機事故を題材に地元新聞社奮闘を描いた小説です。
フィクションなんですが、著者が実際に新聞記者時代のことを元に書かれてるようで、内容は迫真の描写です。すごいリアリティーがあると思う。

クライマーズ・ハイという言葉の意味は山登り中に起こる気分が高揚して恐怖心がなくなるような状態を言うようです。作品でも山登りもテーマのひとつになってますね。
しかし作品では山登り中のクライマーズ・ハイを描くのではなくて、日航機事故というでっかい山に突然ぶち当たり、それに立ち向かう主人公が奮闘する姿をクライマーズ・ハイに例えてるのかなと思った。

日航機事故は僕が高2の時の出来事です。あれは東京から大阪に飛ぶ飛行機だったので大阪の人も結構犠牲になられました。不幸にも僕のクラスメートのお父さんが(1年のときのクラスメートかも)含まれてました。夏休み中の事故だったので、2学期になってその子が転校していてわかったというようなことだったと思う。

当時テレビでニュースを見たぐらいでしたが、あらためて活字で読むとひどい事故だったんだなと思いました。
それに報道の現場での他社との取材合戦のすごさ、それにもまして新聞社での社内での戦いと混乱ぶりのすごさもよく伝わってきます。

« 西谷方面サイクリング | トップページ | 探偵ガリレオ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582317/55866153

この記事へのトラックバック一覧です: クライマーズハイ:

« 西谷方面サイクリング | トップページ | 探偵ガリレオ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ