« あの頃ぼくらはアホでした | トップページ | FIATオイル消費 »

2012年10月22日 (月)

六甲山縦走

最近は山方面に行ってますね。家から5kmほどで北でも西でも山に入れるのです。

ということで、今回も六甲に行きました。
今回のコースは!
蓬莱峡~有馬温泉~有馬街道、箕谷~R428
r16で西六甲から入りました。ひたすら山道を東に向けて走ります。
車ではそんなに上り下りを感じないので、西側から登るほうが楽かなと思って行ったんですが甘かったです。
まず蓬莱峡はちょっと前に登ったので状況はわかってましたが、船坂まで結構きついです。
ここから白水峡を越えて有馬に。この区間は適度なアップダウンです。太閤橋から有馬グランドホテル入り口まではきつい上りです。下ったら有馬口。ここから有馬街道を西に向けて行きましたが、道幅が狭く路肩がないので危ないですね、集団走行はやめたほうがいいでしょう。大型車が真横を通って一度こけそうになった。谷上くらいからは道も広くなり走りやすいです。そのあたりから箕谷までは下り基調です。
R428を神戸・鈴蘭台方面に入りますがここからずっと上り続けます!どこまで上るかというと山頂付近までですね・・・
Img_0840

さっきも書きましたが西六甲は平坦基調かなと思ってましたがだらだらと上り続けますね。
地図サイトで調べてもゆる~く上ってるのはわかったんですが、結構しんどかったです。
箕谷から六甲山頂まで約20kmくらいですか、この距離をじわ~っと上り続けるのは足にきますね、山頂手前でくじけそうになった。
山頂を越えると上り坂はちょっとで後は宝殿から逆瀬川までいっきに下るだけ。
走行61km平均速度約16km/h

« あの頃ぼくらはアホでした | トップページ | FIATオイル消費 »

サイクリング」カテゴリの記事

コメント

昔々 五十年ぐらい前に塩尾寺から六甲山に行った事があります。
最初の一回目は真冬で途中 船坂峠に下りてバスで帰り 二回目はへこたれずに六甲山まで行きました。
良い思い出です。(笑)

彦左衛門さま
六甲山はいろいろな登山道があるようですね。
塩尾寺の存在もえんぺいじと読むこともサイクリングするようになってから知りました。

ナガオカ様

お疲れ様です。

塩尾寺(えんぺいじ)は伊そ志神社の方面の方々が信仰したお寺ではと推察しています。
伊そ志神社あたりから一本道の様に長い参道が有りますからね。
今は面影が残っているのか存じませんが…
伊そ志神社も塩尾寺も歴史深いだけに…
中学校の同級生の友達に末裔の一族が居てました。 本人は口にはしませんが晩年 色々と考えると判りました。
姓名を見れば判ります。(笑)

彦左衛門さま
塩尾寺への参道は西宮街道からと思ってましたが、いま地図を見ると伊孑志の伊和志津神社からもまっすぐ延びてますね。
なんと現在はその伊和志津神社の真下を南口から小林に抜ける新しい道路がトンネルで抜けてます。
塩尾寺の参道も甲子園学園から上がきつくてまだ自転車で登り切れていません。

こんばんは

参道で阪急今津線の南口の小学校寄りにある教会の南側にある参道に確か石の灯籠と鳥居が有ったと記憶しています。
今は…どうか判りませんが…

ナガオカ様
追記ですいません。
私は幼稚園と小学生と中学生の頃の記憶ですので随分 開発?が進んで変わっていると思いますね。(笑)

ナガオカ様

たしか塩尾寺の横に岩壁に鎖が取り付けられた細い道がありますよ♪
(笑)

彦左衛門さま
宝塚歴史散歩の資料によれば教会のあたりから参道を伊孑志の方へ行って川を渡るところに大きな石燈篭があったようです。
その石燈篭の1本は塩尾寺の山側の参道の中腹にある見晴らしのいい休憩所に移設してあります。
もう1本あるんですがそれがこの対のやつかは不明です。
南口周辺は今でも静かな良い住宅街ですが、当時とは家も建て変わったりマンションが建ったりと大きく雰囲気を変えてることと思います。

おはようございます。

橋は宝塚第一小学校の横に流れている川の橋ですね。(笑)
橋を渡り塩尾寺に行く道ですね。 記憶が…(笑)
その橋を塩尾寺とは反対に行くと逆瀬川と南口と繋がる道に交わる所に道標があり左角にガラス屋が左隣に精米する米屋が…(笑)
道標を右に見て本通りの向かいに大きな洋館の御屋敷が…(笑)
本通りを逆瀬川に行けば小さな交番所が左に 小道を挟んでウイルキンソンさんの大邸宅(笑)更に行くと道を挟みウイルキンソンさんの大きな庭園が…(笑)
過ぎれば逆瀬川
逆瀬川の手前に右側に大ガスのタンクがあり公設市場 この公設市場は子供の頃には ほぼ閉まった店がほとんどでしたね。(笑)

今津線を跨ぐと昔々の焼き場が…楠やらと有りました。
子供の頃には使用は無かったと記憶が…

ナガオカ様
おはようございます。
追記

洋館はガラス屋さんの斜め向かいにあり敷地の斜面に養鶏をされていましたね(笑)
戦後の影響の為に小さな子供の頃に買いに行った記憶が…(笑)

ガラス屋さんの前の道を左に行き橋を渡り少し行き左側の小さな道を行くと幼稚園へ(笑)小さな道の手前の雑木林の中に軍用トラックが放置していましたね(笑)雑木林の中にお墓が…お墓の隣に清水産婦人科医院が…

彦左衛門さま
いろいろ当時の景色がよみがえってるようでなによりです。南口、中州あたりの住宅街は、新しい道が抜けた以外はそれほど面影は変わってないかもしれませんね。
ウィルキンソンさんは宝塚の中州に住んでいたんですか、っていうか宝塚にいてたんですね。
逆瀬川の公設市場、初めは何のことかわからなかったけど思い出しました。そういえば逆瀬川の開発前に細長い商店街がありましたね。親父の友達が果物屋さんやってました、僕は商店街の散髪屋に小学生のころ行ってましたよ。
清水産婦人科は高級産婦人科でそこそこ有名みたいです、同級生が働いてました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582317/55947759

この記事へのトラックバック一覧です: 六甲山縦走:

« あの頃ぼくらはアホでした | トップページ | FIATオイル消費 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ