« SBKは最終戦 | トップページ | 板尾創路の脱獄王 »

2012年10月18日 (木)

幻夜

幻夜:東野圭吾

この小説も読んでて気持ちが重たくなってくる感じの小説でした。
前に読んだ「殺人の門」「さまよう刃」なんかと同じ空気感ですね。

始まりは阪神大震災。僕もあの揺れを宝塚で経験して、壊滅状態の街を見た経験がありますが、その中でも悪い話のエピソードから入っていくのがいきなりしんどかった。

「殺人の門」の主人公と今回の主人公が僕には重なる感じだった。こんなに悪いことが人生で重なるか?ここまで人に悪いように利用される人間がいるか?と思ってしまいますね。
最後の最後、引き金を引く場面になって、まぁそこまで読めばすぐ次に結末は書いてあるわけだけど、ここで僕的に考えた結末がすぐ後に出てきて、”やっぱりそうなりますか!”って感じの終わり方でした。
解説を読むと、これは「白夜行」の2部になる作品ということなので、「白夜行」は読んでみようかな。

これまで東野圭吾氏の作品を何作か読んできましたが、最初のころの加賀刑事のシリーズは殺人もあるけどそんなにひどくなくて、推理小説として楽しめたけど、ミステリーはなんか読んでる途中も読み終わってもすっきりしない、どんよりした作品がありますね。
あまりの作品の振れ幅にびっくりします。
ただ筆の進め方はさすがですね、どんどん先を読みたくなる構成になってます。

« SBKは最終戦 | トップページ | 板尾創路の脱獄王 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582317/55920274

この記事へのトラックバック一覧です: 幻夜:

« SBKは最終戦 | トップページ | 板尾創路の脱獄王 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ