« 蘇我氏と古代国家 | トップページ | インディーカー 第14戦ボルティモア »

2012年9月 3日 (月)

2号線で明石へ

山岳ステージの次は平坦ロングコース(といっても本物サイクリストさんからすれば短いですが・・・)ということで明石まで行ってまいりました。

武庫川サイクリングロードを南下して2号線に出ます。
そこからひたすら2号線を西に!ひたすらです。摩耶までは結構路肩が広いのと高架やトンネルもないので走りやすかったです。ただ信号は結構ひっかかるのでそれはしょうがないですね。
三宮のところにみなとのもり公園というきれいな公園がありました、広くて遊びに行くのもよいかも、トイレもきれいでここは休憩場所としてはいいですね。
Img_0732
みなとのもり公園

公園をでたところすぐが日本で一番短い国道
Img_0733
R174号線

摩耶から兵庫辺りまでは高架の登り口を避けたりトラックが多かったりでちょっと走りにくかった。七の宮から和田岬方面を通って須磨まで出ました。この道路、信号の流れが悪かった。
Img_0734
和田岬 三菱前

須磨からは海と山にはさまれた道になります。基本的に路肩広いところのほうが多いけど、たまに狭かったり工事してたりで気をつける場所がありました。
舞子で明石海峡大橋が見えてくるとうれしいですね、天気も良くてはっきり淡路まで見えていい景色でした。アジュール舞子で休憩して景色眺めるのはいいと思います。時間があれば大橋の記念館?によるのもいいかも。
Img_0737
明石海峡大橋

ここまでくれば明石はすぐそこ。大蔵海岸のほう28号線側に行って魚の棚に行きました。
明石到着でちょうど家から50kmでした。

魚の棚と書くけど読みは”うおんたな”ですよ、”うおのたな”とは言わない・・・はず。
せっかくここまで来たので魚の棚の中をちょっと歩いてみました。そしたらレーパンはいてヘルメット持ってる姿してるの市場のおねーさんが声かけてきて”おいしい伊勢エビあるで、おいしいからこうていき”っていやいや自転車なんですが(笑)自転車やから無理ですわって言ってるのに、”ビニールに入れてあげるから大丈夫”って、大丈夫ちゃうから。
魚の棚の中で売ってる海の物は他の市場とはちょっと違うと思いますよ。獲れたてをそのまま、もしくは加工したての海の幸がたくさんあっておいしそうです。
Img_0738
魚の棚  漢字の上にローマ字で”UONTANA”書いてあります

明石といえば明石焼き、明石では”玉子焼き”とも呼びます。ご存知の方も多いでしょうがタコ焼きに似て非なる物です。市場の中に8軒ほどありましたが、周辺を探せばもっとあるでしょうね。入ったのは市場の真ん中あたりの店、10個500円でおいしくいただきました。他の店は15個600円と書いてるところもありました。
Rps20120905_040901
明石焼き 玉子やき

帰りも来た道、2号線をひたすら走ります。帰りは和田岬側は通らず2号線直進。西宮で171号線を通って帰りました。
体力的にどうかなと思いましたが、すでに100km超えを経験してるので大丈夫でした。ギヤはずっと軽めでいきましたが、競技じゃないし時間があれば軽く漕いだほうが楽でいいですね。往復97km。

« 蘇我氏と古代国家 | トップページ | インディーカー 第14戦ボルティモア »

サイクリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582317/55575414

この記事へのトラックバック一覧です: 2号線で明石へ:

« 蘇我氏と古代国家 | トップページ | インディーカー 第14戦ボルティモア »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ