« ベン・スピーズは! | トップページ | CAAD10 »

2012年9月18日 (火)

moto GP 第13戦 ミサノ

もう残すところは6戦となりました。

今回はケーシーの代わりにジョニー・レイがレプソルチームで参戦。放送ではジョナサンと言ってましたが。

CRTのエドワーズはそのままフォワードレーシングで来年も参戦決定みたいですね、先日テストでアプリリアに乗ったけどスッター+BMWのほうがよかったんでしょうか。それと今回のレースからダニロ・ペトルッチがスッター+BMWにスイッチしたようですね、これで開発が進めばコーリンももうちょっと前でバトルできるようになるかな、ちょっと楽しみになってきました。

決勝ははじめから混乱しましたね。まずはスターティンググリッドでスタート直前にアブラハムがエンジンストールでウォームアップからやり直し。そのやり直し自体が現地で大混乱だったようで、ペドロサのコメントを見ると、次のスタートまでのスケジュールがオフィシャルから明確に各チームに伝わってなかったようですね。それでペドロサはタイヤウォーマーを掛けるか掛けないかで判断できず、しかも掛けたウォーマーが外れないというトラブルが発生。一旦ピットレーンに一瞬だけ入れそうになるが、コース上でウオームアップラップが始まってからメカが触ったのがいけなかったようでウォームアップラップには間にあってたけど最後尾スタートに。ペドロサはスタート直後に数台抜いて、早くもプロト組に追いついて、さぁこれかどこまで追い上げることができるか、と思った矢先にバルベラが突っ込みで無理してペドロサに激突!そのままペドロサリタイア。ペドロサは3連勝がかかってたし、チャンピオンシップでも13ポイント差に追い上げていたのでこの転倒リタイアは痛すぎますね。レース後のコメントで、まだまだあきらめない、と言ってるのでこれからもペドロサ大注目です。

早々にペドロサが飛んで、ケーシーは欠場、手首骨折から復活のヘイデンも本調子ではなくいつもの上位陣がいないせいで表彰台争いがいつもとは違ったメンバーで争われました。
なんといってもヴァレがスタート直後から2位走行、その後ろがブラドルという並びは新鮮でした。
ホルヘは難なくトップを独走。ブラドルはロッシを抜けそうで抜けない、後ろでクラッチローが転倒リタイア。今回は荒れたレースになりました。

後ろから追いあえてきたバウティスタがドヴィ、ブラドルとかわしてなんと初表彰台。しかもドヴィと僅差、写真判定で決着。ロッシはドゥカティでドライで初表彰台、久しぶりにヴァレのうれしそうな顔を見た。ロレンゾが余裕の逃げ切り勝ち。
ブラドルは速さはルーキーながら十分に証明できたけど、後半のタレが今後の課題でしょうか?

« ベン・スピーズは! | トップページ | CAAD10 »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582317/55685091

この記事へのトラックバック一覧です: moto GP 第13戦 ミサノ:

« ベン・スピーズは! | トップページ | CAAD10 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ