« ドヴィジオーゾはドゥカティ | トップページ | motoGP第12戦 チェコ予選 »

2012年8月23日 (木)

殺人の門

殺人の門:東野圭吾

 殺人の門とはこの場合、殺人を犯したら超えてしまう門ということみたいです。
主人公は子供のころからその殺人の門のすぐそばに立ち、一線を越えそうになります。そして何度か門をくぐるチャンスを迎えるんですが一線はなかなか超えない。

 主人公の人生の転落っぷりに読者のこっちのほうがなぜそこで殺さないのかと?殺意を膨らませてしまいます。ほんと見事に落ちていくんですね、ちょっと平坦になったかなと思うとまた転がり落ちていく。自分があんな目に会うと、生きていく力無くしてしまうと思いました。

 推理小説と違って犯人になろうとしてる人が最初から出てきてどうなるのか?というふうに話が進んでいくんですが、主人公のつらい生活に気分が重くなって読むペースはちょっと遅くなった。しかし東野作品、しっかり最後まで引き付けてくれます。
ついにやったかと思ったら・・・また一味違った小説でした。

« ドヴィジオーゾはドゥカティ | トップページ | motoGP第12戦 チェコ予選 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582317/55491617

この記事へのトラックバック一覧です: 殺人の門:

« ドヴィジオーゾはドゥカティ | トップページ | motoGP第12戦 チェコ予選 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ