« 発掘 日本の原像 | トップページ | 上山春平さん »

2012年8月 6日 (月)

夜明けの街で

夜明けの街で:東野圭吾

不倫してるオジサンたちへの警告書です!不倫ではまっていくととんでもないことになりますよ!と書いてあります。読み始めてしばらくは不倫話だけで事件らしいことも起こらないのでこのまま不倫小説なのか?なんて思ってるとさりげなく15年前の殺人事件の話題が出てきます。それでも急展開せず淡々と不倫が深まっていく・・・
けどそこは東野作品やはり犯人はだれ?と読者に想像させながら進む構造に自然となっています。そしてやはり東野作品の定番最後の最後で!

また東野作品で変わった作風の小説だったので最後の著者以外の人の解説を楽しみにしていたんですがそれはなくて、代わりに主人公に不倫の大変なことをかなりの説得力で説明した人の回想があります。やっぱり不倫はダメだということです。

« 発掘 日本の原像 | トップページ | 上山春平さん »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582317/55364160

この記事へのトラックバック一覧です: 夜明けの街で:

« 発掘 日本の原像 | トップページ | 上山春平さん »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ