« 豊饒をもたらす響き 銅鐸 | トップページ | 銅鐸から描く弥生時代 »

2012年7月 7日 (土)

アバルトの聖地

って書くとフィアットのアバルトでイタリアのトリノのお話かと思う人がいたらごめんなさい。タイトルは冗談で、わが町宝塚のお話ですよ、しかもサイクリング。

宝塚市の最北端、西谷の一番奥地にそこはあります。そう”上佐曽利”かみさそりですよ。
さそりといえばアバルト
Img_0625
バス停も
Img_0627
アバルト乗りの人はここまでアバルト転がしてきて写真撮りたくなったでしょ!
僕は500だから九州の国道500号線に行きたい。

そんなことはどうでもよくて

山手台から長尾山トンネルを抜け、西谷に入り奥まで走ります。
エスケープでここまで来たのでもうちょっと足を延ばして、猪名川霊園まで行ってきました。
120707_155401
ここまでで28km途中はアップダウンがあってなかなかしんどい。帰りの猪名川町と宝塚の境の山道がきつくて止まりそうになった。
しかしこんなところでしんどいといってたら琵琶一なんてできないな・・・今度はもうちょっと先まで行こうと思いますが、今回でも結構きつかった。ひざは痛まなかったからよかったけど。
次は三田か篠山か┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~







« 豊饒をもたらす響き 銅鐸 | トップページ | 銅鐸から描く弥生時代 »

サイクリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582317/55144294

この記事へのトラックバック一覧です: アバルトの聖地:

« 豊饒をもたらす響き 銅鐸 | トップページ | 銅鐸から描く弥生時代 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ