« 銅鐸から描く弥生時代 | トップページ | カウル磨き »

2012年7月 9日 (月)

motoGP第8戦 ザクセンリンク

今回のmotoGPクラスも興奮いたしました。
予選はものすごい雨の中のタイムアタック、ラスト5分くらいのみんなのタイム出し合戦は迫力ありました。それにしてもさすが世界のベスト20人、土砂降りの中こけないですね、すごすぎます。それとオンボード映像の時のアクセルインジケーターがすごい。土砂降りのなかコーナー立ち上がりでロレンゾはパカっとアクセル全開にしてる!トラクションコントロールを雨のセッティングにしてるといってもあの開けっぷりはすごいと思ったし、トラクションコントロールの性能も驚愕ですね。ペドロサの開け方は8分くらいまでパカっと開けてあとはじわ~っとな感じでしたがそれでもすごい開けっぷり。
それとザクセンは極端な左回り、しかも雨で滑るコンディション、予選の終盤までトップタイム付近にいたのはヘイデンでした。僕はさすがアメリカンライダーだと思いましたね、アメリカンライダーは大体ダートラをレースや練習で経験してて左周りのリヤスライドは得意な選手が多い、エドワーズも今回は予選で速かったし、そういうこともあるんではないでしょうか。

決勝も雨かと思ったらドライで行われました。スタートは相変わらずのペドロサロケットスタート!ストーナーと序盤から最後までランデブー。ホンダは最近安定して速くなってきましたね。続いてロレンゾ、スピーズのヤマハ、ドヴィ、カルのテック3、ブラドルを挟んでヘイデン、ロッシのドゥカと2台ずつできれいだった。テック3とスピーズのバトルは面白いけどスピーズにはワークスの意地で抜け出てほしい、このままだと来年はドヴィとワークス入れ替わるんじゃないかと心配です。カルは自滅。
淡々とレプソル2台の攻防が続いてザクセンに強いペドロサかストーナーが刺しきるかとおもったラストラップの12コーナーでまさかのストーナー転倒リタイア!これで我慢の3位走行だったロレンゾが2位で前回のアクシデントを挽回。ドヴィが押さえきって連続表彰台。
それにしてもストーナーは最後アタックしたけどこけたのはもったいなかった。チャンピオンシップ的には1戦で振り出しに戻ったから面白くなったけど、ホンダの速さにヤマハは対応できるのか?

moto2はマルケスですね、速すぎます。もう来年はmotoGP確定ですね、ルーキールールも撤廃されたし。レプソル+ホンダ+スペイン人のチーム誕生ですかね。高橋選手はフレームの問題じゃなくてフロントフォークの問題だったようですね。やっと本人もレースができるようになったと言ってるみたいなんでこれからが期待ですかね、もう遅い気がしますが・・・

moto3は一転土砂降り。ビニャーレスが雨でぜんぜん乗れてないのが意外でした。コルテセの地元優勝か、まぁいいでしょう。

琢磨君の解説はmixiでも話題になってますが、ぼくもちょっとあんまりな日本びいきはちょっとうんざりかな。とくにモリワキとかモトビのマシンが映る度に言わなくていいから。あと日本テレビのアナウンサーの実況ももうちょっとなんとかしてほしい。テレビなんだからいちいち順位の入れ替わりくらいで大声で実況しなくていいと思う、ラジオじゃないんだから視聴者は見てたらわかる。野球は一球一球言わないでしょ。解説の人のしゃべってるときにしょうもないことで話し切るのもいかがなものか。それに変に素人にもわかるように解説してくれてるつもりなんだろうけど、素人向けの初歩的な解説はいらないです、解らない人は調べるしみてるうちに覚えるから。前回気になったのはまだ中盤戦なのにレース中にこのままの順位で終わったらポイント争いがこうなりますと解説してたけど、まだ早い!ラスト3戦くらいからでいいと思う。
またいずれ書こうと思ってるけど、ガオラの実況と解説はアメフトもレースも面白いですよ、Jスポーツもいい感じ。G+はアメフトもダメダメ・・・地上波じゃないんだからもっとマニアックな放送してほしい。

« 銅鐸から描く弥生時代 | トップページ | カウル磨き »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582317/55158387

この記事へのトラックバック一覧です: motoGP第8戦 ザクセンリンク:

« 銅鐸から描く弥生時代 | トップページ | カウル磨き »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ