« ピサの斜塔@ナノブロック | トップページ | motoGP TTアッセン »

2012年6月28日 (木)

WACHSEN BA101折りたたみ状況

折りたたみ自転車は折りたたまないと意味がない!

ということで、今後の訓練も兼ねて、折りたたんで500君に積んでみました。
まずはWACHSEN君と500君、白×黒でいい感じ
Img_0574
Amazonの商品説明の画像だけでは分からないという人のために、まずはWACHSEN・BA101の仕様を説明しましょう。
ハンドルをたたむヒンジ、銀のボタンがロックです
Img_0575
フロントVブレーキ:白でかっこいい
Img_0576
ホイール:スポークが白でいいね~黒リムも引き締まっていい
タイヤは20インチ、白リボン
Img_0577
フレームを折るヒンジ
Img_0578
クランクも白に塗装されてて高級感が!
Img_0579
フロント・リア・フェンダーも標準装備、取り外しもできます
Img_0580
ロックワイヤーも標準装備。画像はないけどフロントライトもついてます
Img_0581
シート調整はクイックレバー
Img_0582
リアVブレーキとフェンダー
Img_0583
世界のシマノの6速ディレイラー、リアもスポークは白
Img_0584
センタースタンドも装備、これで十分!
Img_0585
では折りたたみましょう、まずはハンドルのヒンジのレバーを上げる
Img_0587
それで上画像左にちょっと見えてる銀色のロックボタンを押してハンドルを折る
Img_0588
フレームのヒンジレバーを上げる
Img_0589
レバーがロックも兼ねてるのでずらして上にあげて解除、そこでフレームを折る
Img_0590
折りたたみ完成、自立しないので壁にもたれ掛けてます
Img_0591
500君のリアシートを倒して荷室を作る
Img_0592
積み込む
Img_0593
今日は写真撮りながらだったけど、ふつうに折りたたむだけなら30秒かからないと思う!
車への積み込みもアルミフレームで軽いので片手でいけそうです。
シート下げてますが下げなくても積み込めるのでシートは下げないほうが手間が省けていいです。

車へ折りたたんで積み込む場合、リアのフェンダーは恥しておく方がよいです。
はずすのはフェンダー根もとのねじを手で緩めて後ろに引きぬくだけです。
なぜフェンダーを外しておいた方がよいかというと、自転車を折りたたんで格納すると、リアフェンダーが何かに当たった時に左右簡単ににずれる。
それでフェンダーがベースごと動くので、ベースを止めてるねじが緩む。
そうなると、走っているときにフェンダーがセンターにいなくてふらふらしてかっこ悪いです。
しかもベースのねじは+ドライバーで締めることができますがそんなにきつく締めつけれない。
ということで車に積む時はフェンダーは外しましょう。

あんまり改造予定はないですが、折りたたみペダルと太めのグリップは欲しいかな。
今まではジャイアント・エスケープの前後ホイールをはずして積んでたけど、断然WACHSENが楽でいい!これからはWACHSENでドライブ&ポタリングを楽しもう。
ちなみに500君にエスケープを積んだ状況
Img_5655

« ピサの斜塔@ナノブロック | トップページ | motoGP TTアッセン »

サイクリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582317/55073580

この記事へのトラックバック一覧です: WACHSEN BA101折りたたみ状況:

« ピサの斜塔@ナノブロック | トップページ | motoGP TTアッセン »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ