« 神々の指紋(下) | トップページ | WACHSEN・ヴァクセン BA101 »

2012年6月15日 (金)

神々の指紋

神々の指紋:グラハム・ハンコック

上下巻を読んで前回までに内容を紹介したつもりでしたが、肝心なことを書いてないような気がするので追記です。

中南米のペルーやナスカ、エジプトのピラミッド、古代南極地図、これらのことを紹介してあるわけですが、グラハム・ハンコック氏はこれらの古代遺跡は現在知られていない文明人が造ったのではないかと書いておられらます。
これらの遺跡には現在の定説では説明できない謎の部分がたくさんあるし、ノアの箱舟に代表される神話も実際に古代人が経験したことの言い伝えではないかと。そしてその古代文明は今はまだ発見されていないが、それは今は厚い氷におおわれている南極大陸にあるのではないかと予想を書いておられます。
ピラミッドなどの遺跡は今はまだ知られていない文明人が造ったのではないかとしていますが、まだまだ確認出来ないので、これらの遺跡のことを”神々の指紋”としているのですね。

太陽の歳差運動は難しいですが、北極の氷に閉じ込められた南方系の動物であるナウマンゾウや植物の謎など興味深いことがたくさん書いてありました。

« 神々の指紋(下) | トップページ | WACHSEN・ヴァクセン BA101 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582317/54968415

この記事へのトラックバック一覧です: 神々の指紋:

« 神々の指紋(下) | トップページ | WACHSEN・ヴァクセン BA101 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ