« 南河内サイクルライン | トップページ | ブレーキワイヤ交換 »

2012年6月 4日 (月)

motoGP第5戦 カタルニア

録画してるレースを追っかけて見るのが精いっぱいです。

今回もヤマハ勢は全体的に好調ですね、やっとスピーズも本来の速さを取り戻してきたみたいです。予選上位6台に4台すべてが入る安定ぶり。
決勝は相変わらずダニのロケットスタート!ほんとに3、4速くらいから一人だけ伸びてきますね。それに食いついて行くスピーズ、今回は速さを取り戻したかに見えましたが気持ちが入りすぎたか、ブレーキングで突っ込みすぎてコースアウトで軽く転倒。そこからは10台抜きの追い上げだっただけに転倒が悔やまれる。
トップ争いはダニ、ロレンゾ、ドヴィジオーゾの順で進みます。ドヴィジオーゾもやっとヤマハのマシンに慣れたんでしょうか、シーズンオフの怪我の影響で出遅れてたのかな。その後ロレンゾがダニのミスをついてトップに浮上、そのまま逃げ切りでスペイン人同士の争いに決着をつけます。3位争いはなぜか遅れているドヴィにストーナーが追いつきますがドヴィが逃げ切りで今期初表彰台。ヤマハはほんと調子いい!

moto2はルティ、イアンノーネ、マルケス、ポルの争いが熾烈でしたね。後半のマルケスとポルの接触は一瞬ヒヤッとしたけど、あれはレーシングアクシデントですね、レース後一旦審議になったけど取り消されたみたいなんでそういうことですね。中上君も最後追い上げてたしこれからも期待できそうですね。

あとは気になってることを少し。マシンではフロントのブレーキレバー側のハンドルグリップエンドから手の甲を保護するような形でバーが出てるのが気になる。何の目的なのか分からないです。
それとダニ・ペドロサはスペインの至宝と言われmotoGPクラスに上がった時は次のスペイン人チャンピオンの最有力候補で一番期待されてたんですよ、その実力まあると思います。しかし現実には後輩のロレンゾに先を越されてしまいます。今まで怪我に泣かされた面もあるけど今年はほんとに真価を問われるシーズンだと思いますね。というのは、何年もホンダに乗り続けてきたのに去年移籍してすぐにあっさりケーシーにチャンピオンを取られ、しかもそのケーシーは今年で引退を表明。プーチ門下生同士では今のところケーシーに負けっぱなしです、今年同じマシンに乗るケーシーを破ってチャンピオンになるかならないかで大きく評価が変わってくると思うのです。もし今年チャンピオンになれずに、来年とっても”ケーシーがいないからだ”と必ずいわれると思う。そうならないためにも、今年チャンピオン獲る必要がありますね。けどヤマハファンの僕は今年のチャンピオンはロレンゾだと思ってますが!
もうひとつ、今年のダニのピットでアップで映る女性はダニの彼女なんでしょうか?これがまたものすごくかわいい!アレックスの彼女と同じくらいにかわいい。

« 南河内サイクルライン | トップページ | ブレーキワイヤ交換 »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582317/54877840

この記事へのトラックバック一覧です: motoGP第5戦 カタルニア:

« 南河内サイクルライン | トップページ | ブレーキワイヤ交換 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ