« motoGP第3戦ポルトガル | トップページ | 今城塚古代歴史館 »

2012年5月13日 (日)

フィアット500アバルト

やっとこさ完成しました!とほほな出来ですが晒しますよ~

このキットの説明を少ししましょうかね。フジミのFIAT500アバルトです。これが出る前にノーマルのFIAT500が出てます、それをベースにしたキットですね。ノーマル500からバンパー類とホイルデカール等をアバルト仕様にしてあります。しかし無改造ではこうはならない曲者です。ノーマル500のキットの屋根はラウンジ仕様で前半分がグラスルーフで作るようになってまして、真ん中に溝があります。さらに屋根の前半部分はガラスルーフ設定なのでモールがない。ですから画像のように作るには溝を消して黒く塗っているモールをカッターで溝をすじ彫りする必要があります。マフラーは出口だけを見ればアバルトの左右分割になっていますがノーマルベースのままマフラーを左右に振ってるだけでアバルトの大きな太鼓はついてないです。
ノーマル500もそうでしたがホイールとタイヤのスケール感がちょっといただけない。ノーマルはまだいいけどこのアバルト仕様はちょっとひどい気がする。サイドウインカーですがレンズのクリアパーツに対してボディの穴が小さすぎます、カッターでゴリゴリやって広げてからはめましょう。

今回はアバルトだしちょっと車高を下げようと思い、改造なんかやっちゃおうと思ったのが間違いでした。フロント、リアともロアアームを若干上にあげてますが、アームを切り落としてパテで無理やりつけました。それに合わせてストラットは取り付け部分を削ってます。そのおかげで最終的に組んだら右リアのハブの取り付けがすごくポジティブキャンバーになっちゃってたみたいでタイヤが上側でボディからはみ出すというかっこ悪いことになってます。シートもパテ盛って削ったけど、造形のセンスが自分には無いことを改めて確認出来ただけでした。
これからはストックで作っていきます・・・

一応完成画像

Img_0398
内装、シフトノブはデュアロジック形状からMT風に変更運転席もパテ盛り後成型。

Img_0388
ボディは実車のグリジオカンポボーロで塗装、デカールの上にクリアー塗装後研ぎだし。屋根チェッカーは研ぎだし中に剥がれたので全部剥がしたてからやり直しました、だからクリアーなし。
Img_0391
リアのハイマウント部は内側からクリアレッドを塗装してメタルックを貼ってます。

Img_0393


Img_0396
ドアノブとフロントエンブレム、リアのハッチゲートノブのメッキ部分にもメタルックを貼っています。


Img_0400


Img_0408
屋根はやっぱりつやがないですね。

Img_0407

« motoGP第3戦ポルトガル | トップページ | 今城塚古代歴史館 »

プラモデル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582317/54699543

この記事へのトラックバック一覧です: フィアット500アバルト:

« motoGP第3戦ポルトガル | トップページ | 今城塚古代歴史館 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ