« 聖徳太子はいなかった:石渡信一郎 | トップページ | 朝日ヶ丘縄文遺跡 »

2012年4月18日 (水)

逆瀬川~六麓荘

今日はいつもと違って久しぶりにプチ山岳チャレンジ!

 時間があったのでエマニュエル夫人を見てから出発!
 家から六甲山のふもと逆瀬川までは10分あれば着いちゃいます。そこから坂道が始まるのですが宝塚西高校までの直線ののぼりがいきなりきつい!先が見えてるのにぜんぜん近づいてこないのがつらいです。西高まで来るとちょっと勾配も緩くなるしカーブになるので精神的には楽になります。甲寿橋で左折して西宮側に降りて行きます。いつかはこのまま直進して六甲山頂を目指したいんですがまだまだ根性ないです(。>0<。)
 ここから甲山方面は以前に行ったことがあるので今日は苦楽園から六麓荘町に向いました。ここまできたら一度見たかった朝日ヶ丘縄文遺跡をさがしてみようと思いくるくると・・・見つけました。さらに会下山遺跡もさがそうと思ったんですが場所をうろ覚えでこちらは到達できず次回に持ち越し!あとは山幹~171で平たん路。帰りに知り合いのところに寄って久しぶりの人にあってきました。
 距離的には30km弱いつもの武庫川と変わらないけど逆瀬川からの登りがきついので体の負担は比べ物にならないですね。

« 聖徳太子はいなかった:石渡信一郎 | トップページ | 朝日ヶ丘縄文遺跡 »

サイクリング」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

甲山と六甲山との分かれ道の辺りに藤棚のある売店が昔々 有りましたが 今でも有るのでしょうか?
子供の頃に逆瀬川駅から よく歩いて甲山 仁川ピケニックセンターに行きました。
今でも当時の風景が脳裏に浮かびます。(笑)
裏六甲の道は少し気色悪いので歩いた事は有りません。(笑)

彦左衛門さま
甲山と六甲山との別れというと鷲林寺のところですかね。今でも何か店はあったように思いますがその店かどうかはわからないです。最近道路も広くなったり住宅地もできて、昔のイメージではなくなってるはずです。
仁川のピクニックセンターも残念ながらなくなりましたね、テニスコートだけはやってるようですが。

ナガオカ様

お寺には記憶が無いのですが 逆瀬川からひたすら坂道を歩き逆瀬川のゴルフ場を横目に歩き小さな川を渡り ひたすら坂道を歩き左だけでなく右側にもゴルフ場が現れて右側に仁川ピクニックセンターのT字路の角の売店?茶店? そこを仁川ピクニックセンターに行かず真っ直ぐに行くとT字路があり そこが話をされているお寺の所かと思います。(笑)

藤棚の茶店?は ここと似た店が宝塚第一小学校の側の川の川上に教会があり手前に右側に行くと南口方面の三角の所に藤棚の売店が有りましたね。(笑)
宝塚は松林も多くヒマラヤ杉も多く又 藤棚が多い地域でした。
阪急西宮駅の中にも藤棚の売店が(笑)
宝塚ダンスホールの横の庭にも藤棚が(笑)

ナガオカ様

たしか阪神淡路大震災の時に仁川が大変だったとニュースを見た記憶が…
仁川 西宮 宝塚の山側は地下水が豊富な所だけに…

彦左衛門さま
阪神大震災の時の仁川は西宮市側の仁川百合野町が地滑りで被害にあいました。
地すべり資料館というのができてるみたいです、つい最近この施設をなぜか宝塚に移すような記事を見たんですが、西宮の施設を宝塚に移すのかな?

ナガオカ様

今 ネット地図で見ると関学の近くなんですね。

しかし何故 宝塚かと…

西宮市の土地の評価が下がるのを気にしてかと…
行政は開発で税収を考えますからね。
推察(笑)

ナガオカ様

追記

宝塚市も乱開発の酷さには…
地理などなど知り尽くした人物からしてみれば…

彦左衛門さま
関学のそばの仁川沿いの住宅が数軒流されてしまいました。
仁川沿いからピクニックセンターへ抜ける道の一番上まで住宅地が開発されて、今では見る影もないです。

ナガオカ様
おはようございます。
まさか流されるとは考えられないですね。合掌

昔々の話 西宮ではなく逆瀬川沿いの道を山側に進みゴルフ場から右に曲がり道を進み今は団地に成っていますが 山の斜面に囲まれた所に自然に出来た池がありました。
高い位置に池が有るのは それだけ地下水が豊富で水分が含まれた土地だと…
武庫川を挟み東側より西側の土地は地下水が豊富かと…炭酸水が有ったりと…
宝梅の聖天さんの裏側は川原のようで湧水が流れて飲んだりと(笑)
水分が多く地盤です。(笑)
余り話すとヤバいですね(笑)

昔々 宝梅中学校の前の急な坂道は舗装前には川の様でした(笑)
等高線の入った地図を見れば宝塚や西宮の姿が判ります。

彦左衛門さま
逆瀬川~南口の山側では水が出るところがあったのですね。
宝塚は武庫川で分断されてますが、川を挟んで雰囲気や人柄や文化が微妙に違う感じがしますね。
こちら側、東側は、天王寺川が氾濫したというような話を聞いたことがあります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582317/54503405

この記事へのトラックバック一覧です: 逆瀬川~六麓荘:

« 聖徳太子はいなかった:石渡信一郎 | トップページ | 朝日ヶ丘縄文遺跡 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ