« 今日は武庫川 | トップページ | ロレンゾ連続ポール! »

2012年4月26日 (木)

日本地名の語源

日本地名の語源:石渡信一郎

続けて石渡氏です。もう理論的には理解できないと分かっていながら最後までとりあえず読み進めました。途中で副題がついてるのに気付きましたよ、副題は”地名からわかる日本古代国家”。これを見た瞬間内容がなんとなくわかってしまいました。とにかく日本の地名の語源が古代朝鮮半島の国名、というより朝鮮人に支配された日本の国名にちなんでつけられているということを証明する、というのがこの本の内容です。そして日本は朝鮮半島人に支配された国なんです。そういうことが書いてあるんですね。

とりあえず内容をかいつまんで紹介しましょう。

倭国は4世紀中ころから480年までが加羅系倭国、490年から7世紀終わりまでが百済系倭国なんです。それで国内では加羅系倭国は加羅・大加羅・南加羅・大南加羅を名乗った、百済系倭国は東加羅・大東加羅・新南加羅などと名乗った。それぞれの読み方は今はあえて書かなかったのです、なぜならたくさん読み方があるからです。なおク?とかシ?は本文ではなぜか何の断りもなしに読みもつけずにハングルらしき文字をそのまま書いてあるからです!

ここからはそれぞれの国名(加羅など)からつけられた日本の地名を紹介しましょう。

加羅(カラ)
韓亭、韓泊、唐古、賀夜、賀陽、吉良、気良、毛屋、古市、

大加羅(ク?カラ・タカラ・オオカラ・アカラ・キカラ・イカラ・カカラ・ウカラ・タイカラ)
山代、山背、山城、山崎(カカラ→ヤカラ→ヤカ→ヤマサシ→ヤマサキ)
山科、秋篠、平群(キカラ→ヒカラ→ヘクリ→ヘグリ)
飽波、夜麻、、久米、河内、豊浦、茨田、大鳥、豊島、伊賀、三重、

南加羅(ナムカラ・ナカラ)
奈良、額田、高市、名張、

大南加羅(ク?ナカラ・オオナカラ・ウナカラ・キナカラ・カナカラ)
乙訓、愛宕、宇陀、呉原、平田、枚方、日根、度会、

東加羅(シ?カラ・サカラ・スカラ)
相楽、佐保、佐紀、添上、志紀、住吉、志摩、

大東加羅(ク?シ?カラ・オオシ?カラ・ウシカラ・クサカラ・カスカラ・アサカラ・イシカラ・イセカラ)
宇治、久世、大隅、大住、香住、霞、朝酌、石川、和泉、伊勢、

新南加羅(シ?ナカラ・スナカラ・ソナカラ)
綴喜、鳥飼、鳥貝、科長、讃良、鈴鹿、

大新南加羅(ク?シ?ナカラ・タイシ?ナカラ)
五十鈴

以上にあげた地名は本の中の一部です!!!この本のほとんどのページを使ってだらだらとこの地名は○→○→○と変わったという説明が延々続きます。地名の紹介としては東北から沖縄に至ります。机上の空論とはこういうことを言うのでしょうか?日本語をまったく無視した地名起源考だと思います。日本語をなんやと思ってるんでしょうか?これだけの音の変化にどれくらいの年月がかかると計算されてるのでしょうか、その辺の説明は一切なかったので不明ですね。
与那原よなばる、コナカラ大南加羅→ヨナカラ→ヨナハラ→ヨナバル!!!バンザーイバンザーイバンザーイ!間違いましたマンセーマンセーマンセーですね。

いや~読み方も何種類もあるし音の変化もすごいし読むの大変でした、まぁまったく頭に残ってませんが。

« 今日は武庫川 | トップページ | ロレンゾ連続ポール! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

eyeマイブログへの投稿ありがとうございます、走行可能のジオラマ(レイアウト)製作は
初めてです、時間をかけて慎重に製作してます、明け番での製作はきついですわ(汗)
管理人様のビシッと決まった作品宜しくお願いいたします・・・・・・!

マイ パジェロミニ見てくれはった?(笑)

どうも~あれで時間かけてるんですか!めっちゃ手ぇ早いですね!僕なんか全然進んでないのに。

パジェロミニ!?なんか赤っぽいのがガレージに止まってたような

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582317/54567150

この記事へのトラックバック一覧です: 日本地名の語源:

« 今日は武庫川 | トップページ | ロレンゾ連続ポール! »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ