« SBK 第2戦イモラ | トップページ | 昆陽池へ花見に »

2012年4月13日 (金)

悪意:東野圭吾

悪意:東野圭吾

これはまた作者が実験的な手法で書いた小説のような気がしますね。犯罪のトリックを見破るのではなく、犯行の動機をさがすという小説です。しかも書き方も二人の手記を通して話を組み立てていますね。以前宮本輝氏の本では錦繍を読みましたがこれは手紙のやり取りだけで話が進みます。

悪意ですが、これも相変わらず読者には何が本当なんか最後までわからない作りになってますね~東野圭吾氏の作品はすべてそうみたいですが、うまくだまされます。読みやすいのでどんどん進むんですが最後に、”え、そうなん?”みたいな感じになりますよ。

サクッと読むにはいいでしょう。

« SBK 第2戦イモラ | トップページ | 昆陽池へ花見に »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582317/54460610

この記事へのトラックバック一覧です: 悪意:東野圭吾:

« SBK 第2戦イモラ | トップページ | 昆陽池へ花見に »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ