« motoGPセパンテスト | トップページ | 神々の体系 »

2012年3月 4日 (日)

SBK Round1オーストラリア

いよいよレースシーズン開幕ですね。レース自体は先週の日曜日に行われたわけですが、JSportsの中継は1週遅れなんで僕らは今日が開幕です。

さて初戦はまずライダーの移籍やバイクのカラーリング変更を覚えないといけないですね。新しいカラーリングやデザインは毎年楽しみです。今年のライダーの移籍は撤退したヤマハのメランドリーがBMWワークス、ラバティーはアプリリアワークスですね。それになんといっても注目は青山博一の参戦でしょうか。逆に芳賀選手のBSBへの移転は残念ですね。バイクのカラーリングも各チーム変わってましたね。ホンダはテストの時は去年までのカストロールカラーだったと思うのですが、白に青赤のトリコロールでしたね、チーム名もテンケイトからホンダワールドスーパーバイクチームに変わっていたのでワークス体制に戻したんでしょうか?カストロールカラーが無くなったのは残念です。アプリリアワークスもアリタリアが撤退で赤/黒のカラーに変更です。BMWワークスは去年とほぼ一緒、サテライトチームは白青黄色のきれいなカラーリングで目立ちますね。

レース1はいきなり去年のチャンピオン、チェカとビアッジのマッチアップでしたが高速コーナーでチェカがハイサイド!そのままビアッジのぶっちぎり。2位にBMW移籍初レースのメランドリが入り3位はギュントーリでしたね。メランドリは何に乗っても器用に乗りこなしますね、昔から好きな選手です。

レース2はスタート直後の1コーナーでビアッジが飛び出して、もう終わったと思ったのにそこから怒涛の追い上げ。トップグループはレース1でこけたチェカがトップに立つとそのまま逃げ切り。レイ、サイクス、の表彰台争いになんと20台抜いてビアッジが追いついてそのまま2位に浮上!ちょっと今年のアプリリアは早すぎる予感が・・・3位争いはタイヤがきつそうだったレイが最終コーナーでサイクスにかわされて決着。ハスラム、メランドリーのBMW勢が4位5位でした。

このレースだけではわからないですが、ドゥカは今年も好調、アプリリア+ビアッジは抜け出すとちょっと早すぎる、BMWとカワサキも結構速いという感じで面白くなりそうです。

青山選手は8位と9位マシンはレイ選手が速かったので青山選手はSBKの雰囲気に慣れたらトップ争いに絡んでくるとおもうので期待しましょう。ホンダのHPはレース後すぐに結果が載ってるので中継まで見るのは危険です(。>0<。)

« motoGPセパンテスト | トップページ | 神々の体系 »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582317/54137419

この記事へのトラックバック一覧です: SBK Round1オーストラリア:

« motoGPセパンテスト | トップページ | 神々の体系 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ