« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

ピクトさんをさがせ!

ピクトさんをさがせ!というネットゲームがあるようですよ。子供がはまってるんですが、それの回答というかネタばれ動画をyoutubeに順次アップして行っております。
僕のyoutubeのアカウントを貼り付けておきますので、お暇な方はどうぞ

http://www.youtube.com/user/acchann500?feature=mhee

追伸:これは人気があるのか再生回数が結構伸びますね。2日くらいで全部で700回を超えてきますね!子供が喜んでおりますヽ(´▽`)/

恥ずかしながら訂正します!

先日のブログにtabushi氏とコメントでやり取りした中で大きく勘違いしたまま書き込んだ部分があるのでお詫びと訂正をいたします。

コメントの中で芦屋の朝日ヶ丘遺跡を高地性集落と書いていますが、縄文時代の遺跡の間違いでした。昨日地図を見ていて気付きました。高地性集落は同じく芦屋の”会下山遺跡”のほうでした。
いや~うろ覚えで確認せずに書きこんだら恥ずかしい間違いをしてしまいますね。もうちょっとしっかり勉強します。失礼いたしました。(。>0<。)

眠りの森:東野圭吾

眠りの森:東野圭吾

今回の作品ではいきなり殺人事件が起こってしまいますね。舞台装置はバレエ団の中。
これまたあまり一般の人は中のことがわからない世界ですね。その閉鎖的な世界の中での特異な状況をもとに謎解きをしないとだめなんですね。まったく事件の背景や犯人の予想もつけることができませんでした。前回読んだ卒業ではまだ学生だった加賀恭一郎がまたまた警察官として出て来るんですね。シリーズ化されてるようです。ドラマでは阿部寛が加賀恭一郎役をしていたそうですね、僕はまったくドラマを見ないので知らなかったですが。
2冊読んでも読みやすい作風は変わらないですね。どんどん行きますよ。

2012年3月27日 (火)

FIAT500オイル交換

やっと500くんのオイル交換しました。
今回は初めて主治医がお勧めのA.S.H.のオイル!
店から家までのちょっとの距離ですがエンジンが軽くなりました。いままでのワコーズもオイル交換直後は軽くなっていたので今のところ大きな違いは感じていませんが、しばらく走ってからのオイル消費料等で違いが出るかもしれないですね。最初の印象はとにかくエンジンが軽くなった感じ。フリクションロスがすごく少ない印象です。

120327_090001

卒業:東野圭吾

卒業:東野圭吾

初めて東野圭吾氏の小説を読みましたが、非常に読みやすいし面白いですね。この作品は学園ドラマみたいな始まりですが、推理小説なんですね。トリックもいろいろ絡めて2重構造になってたりでこってますね。読んでいくうちにトリックとかはもちろんわからなかったのですが、勘で犯人だけは想像して読んでみたんですよ、もちろん当てすっぽで。けどまぐれであたってたのは自称推理小説ファン的にはよかったヽ(´▽`)/
読みやすいのに本格推理小説なんで人気があるのは当然かなと思いました。
たくさん借りたんで続けて東野作品行きますよ。

へレステスト3日目

やはり前回書いた時点ではテスト途中だったのですね。最後はやはりストーナーがトップタイムを更新してました。しかしトップ4ストーナー、ロレンゾ、ペドロサ、スピースのタイムは近いので問題ないでしょう。それに5番手7番手がヤマハのクラッチローとドヴィジオーゾ!ヤマハのマシンが安定していることは間違いないでしょう。それに6番手にさすがのロッシ!こちらも今年はマシンを一新して安定した速さを見せそうなんで、シーズン本番ではトップ争いに絡んでくるでしょうからいい感じですね。CRTはmotoGPのサテライトチームの何台かとはバトルになりそうなんですが、やはり違うクラス的なレース展開になるでしょうね。

2012年3月25日 (日)

3日目はロレンゾがトップタイムか?

いまmotoGPの公式サイトでリンクにあったリザルト見たら3日目の結果ではロレンゾが一人だけ38秒台に入れてトップタイムになってますね!これ15:30の時点みたいだ。
もう少し時間が残ってるのかな?けど今年はストーナーのぶっちぎりではないのでシーズン入ってからも楽しみですね。ストーナー、ロレンゾ、ペドロサ、スピーズの4人中心にトップ争いが展開されるのでしょうが、ロッシ、ヘイデン、ドビジオーゾなんかも絡んできそうだかほんと楽しみです。

ダイソン他

今日はダイソンが届きました、すし長次郎に行きました。東野圭吾の「卒業」読み終わりました。motoGPのへレステストも二日目まで終了してますね。
 ということで色々ありますが時間がないので後日書きます。ではおやすみなさい(-.-)zZ

2012年3月23日 (金)

エネオス・ヤマハじゃなかった・・・

ヤマハ・ファクトリー・レーシングの発表会が行われましたね。1月末のエネオスのスポンサードが決まった時はチーム名もエネオスが入ってカラーリングもオレンジのエネオスカラーを纏って登場することを期待したんですが予想は外れてしまいましたね。ちょっと残念。
 新しいカラーリングは白ベースに青いライン。白の部分が多いのでイメージは変わりましたね、今年から1000ccになって新しくなるのでいいかな。ロレンゾ選手もスピーズ選手もニューマシンを気に入ってるみたいなんで開幕からぶっちぎりを期待しましょう!

モンスター・ヤマハ・テック3も新カラーリングを披露していますね。こっちのほうがいかつくてカッコイイかも。
テック3はクラッチロー選手はmotoGPもヤマハも2年目で去年よりもさらに進化して上位争いが期待できるかな。相方のドビジオーゾ選手は去年までホンダでmotoGPバイクを走らせていたのでヤマハの特性になれたらすぐにでもトップ争いに絡んでくると期待してます。

最後のプレシーズンテストはどのような結果になるかな?

2012年3月21日 (水)

久しぶりにエアブラシ

今日まで連休だったのにプラモ触らなかったら後悔するぞ!ということでサイクリングから帰ってちょっとプラモいじりです。

アバルトの屋根を修正しているんですが、今回はクリアーを塗ってモールドをフラットブラックで塗装してから屋根のチェッカー・デカールを貼ろうと思っています。これでモールドも塗ったのであとはデカール貼って最終組み立てに向えるかな?
もう一つはYZR―M1ですね。これはデカール後クリアー塗装まで終わってる部品をついでに裏のフラットブラックを塗りました。フロントフェンダーとシートカウルですね。こちらもあとデカール、クリア、裏黒塗り、フロント周り塗り&組み立ての作業を順次していかないとだめですね。そうしないと同時に作っているもう1台のM1が終わらない!

Img_7216

いつもの武庫川

今日も週一サイクリングで武庫川に行ってまいりました。最近は花粉症がひどいのですが花粉に負けずに行ってまいりましたよ。しかし帰りは目がかゆくなってきました。

今日は近所の甥っ子も最近走ってるらしいので誘って2台で走りました。

デスモセディチGP12

今年のドゥカティのマシンが公開されましたね。カラーリングは緑も入ってイタリアンのイメージが強くなりましたね。
注目はやはりフレームでしょうか、去年ドクター・ロッシをもってしても車体関係は煮詰めきれなかったようですが、今年は大きく変えてきたようですね。去年G+で宮城さんがよく言っていてわかったのですが、ドゥカティのマシンはフロント周りとエンジンとリア周りが独立している形式だったのですよ、だから車体を組んだときに誤差が出易くセッティングが難しいのではといわれてました。今回発表された画像ではフレーム後半からスイングアームピボットが写ってるだけですが今までのドゥカティの、エンジンにフレーム代わりをさせる構造はすてたようですね。他メーカーと同じようにフロントフォークからエンジンハンガー、スイングアームピボットまでが一体になってるんじゃないでしょうか?やはりメーカーのこだわりを捨ててでもロッシの意見を聞いて勝ちに来てる感じですかね。もともとエンジンは速かったけど車体が難しいといわれていたので今年はほんとに注目ですね。

あとはmoto2のオフィシャルテストが行われていますが、日本人的には2年ぶり?にGP界に戻ってきた中上君でしょう!以前は125で今回からmoto2にスイッチしてますが去年は日本でmoto2とほぼ同じ車に乗っていたのでクラス変えは問題ないでしょう。初日になんと2番手タイム、これはシーズンに入ってからも期待できそうです。それに去年後半怪我、しかも目で視界が2重に見えるという症状を手術で治して心配でしたがいきなり3番手タイム、こちらも問題なさそうで楽しみですね。去年ステップアップ一年目でチャンピオン獲れそうな勢いでしたから、今年も全戦ぶっちぎりで行くくらいの活躍を見てみたいです。

2012年3月18日 (日)

稲作文化

稲作文化:上山春平・渡部忠世

これはシンポジュームを文書化した本であります。

稲作文化がどういう範囲であるかとか共通点は何か、麦の文化とはどう違うのかといったことが討論されています。

米を食べる文化というのは主に東アジアで、麦は西アジアからヨーロッパですね。その中間のインドは米を食べるけど文化的には稲作文化圏には入れない。

もともとの稲作は水田ではなくて畑、陸稲が初めじゃないか、そこから水辺でも育つ種が効率よく育つのでそちらが選べられるようになったのではないか。農耕具の面からは犂、すきは麦文化であると、水田では最初はすきは使われず踏み耕が行われていたらしい。必ずしもすきはいらない。

この本を読めばお米に関するいろんなことが出てきますね。このシンポジュームには考古学の先生は参加されてなくて、登呂遺跡の柱跡から復元した高床の大きな建物を村の共同倉庫だとする考古学の先生の説をお米を研究されてる先生はあり得ないと批判されていました。理由は簡単ですね。リスクの分散です。収穫したコメは一軒一軒の倉庫に保管するのです、しかも家からちょっと離した倉庫で。火事でお米の倉庫が燃えたら餓え死んでしまいますからね。いっぺんで村全体がそういう状況になる可能性がある共同の米倉庫はまず考えられないそうです。実際いろんな国の農業を見て回ってもそんなことをするところはないようですね。

こういうことがあるので歴史学会もいろんなほかの学問の先生と積極的に交流していろんな意見に耳を傾けたらもっと研究が深くなるようにおもいます。

稲作文化で特徴的なものの一つに”ねばねば”の食べ物があるようですね。西側の麦文化圏ではねばねばな食べ物はないそうです。もともと米の前にいも類を食べているとねばねばなものに抵抗がないみたいですね。

天皇制の深層

天皇制の深層:上山春平

哲学者の上山先生の本でございます。
この本でも天皇制、古事記、日本書紀、藤原不比等についていろいろ考察されています。この中で”神祇革命”という言葉で今のような形の天皇制が始まった、もしくは規定されたというようなことが説明されています。神祇革命とは簡単に言うと記紀を編纂するに当たってそれまでの豪族の系譜を高天原系と根国系分ける。そこでそれまで大した系譜を持たなかった藤原の祖先中臣氏も強引にいい系譜にする。また律令制との関連でそれまで世襲的に豪族しかなれなかった高い地位にも着けるようにした。

 また支配者層で歴史を区切ると、6世紀くらいまでの天皇家、その後律令制のもとで藤原氏、その後徳川家という大きいくくりを設定されています。律令制がとられたことで天皇は象徴の存在になりその後は明治まで藤原家と徳川家の支配する国だったのですね。中国の皇帝と日本の天皇は制度的にも違うのです、天命を受ける皇帝は徳が無くなると革命がおこり王朝の交替があるが、日本の天皇は祭祀に比重があり政治は太政官がする仕組みになっていると。うまく説明できない・・・

最後に上山氏が不比等の専門の歴史家から批判をうけた記事に対する反論が説明されてあるんですが、読んでいると不比等専門の歴史家が哲学者の上山氏に不比等論で非常に質の高い説を出されたことに嫉妬して批判してるんじゃないかなと思えました。

MotoGP学科@Honda

Hondaのホームページの中で見つけた。MotoGP学科!

まだ全部目を通してないけど、これすごく勉強になる。とくに今年から始まるクレイミングルールチームの規定について書いてあるのがすごくわかりやすい。いままでなぜ”クレイミング”というのかわからなかったがこれを読めば大体理解できた。CRTチームのエンジンは”クレーム”を付けれて買い取り制度が適用されるんですね。排気量は同じだけどガソリンがmotoGPクラスの21Lに対してCRTは24L使える。それに年間エンジン使用台数も6に対して12とこちらも余裕がある。これだけを見ると、CRTのエンジンのほうがパワーを出すためには有利なような気がするけど、バイクはエンジンと同じくらいシャシーも重要だからそう簡単には行かんでしょうね。今のところテストでは3秒くらいは遅いみたいだし。それにライダーのレベルを見てもやっぱりしんどい気がするな。来年2013年からはまた新しい規定になるような気がしますね。

2012年3月16日 (金)

第一回京都マラソン・小林玲子選手優勝

先週行われた京都マラソンで小林玲子選手が優勝したのですよ!
なんと親戚にあたるのですね、僕の嫁さんの従兄になります。マラソンをしてる親戚がいてるのは知っていたんですがこんなにすごいとは去年気づいたのです・・・

関西の女子市民ランナー界では結構有名みたい、だって優勝しまくってるもん。去年の第1回大阪マラソンもきっちり3時間切りで完走してるし11月の福知山マラソンは優勝!まじですごい。

身近にいたのがびっくりで紹介いたしました

閉鎖状態だった小林玲子選手のブログが再開しましたよ。

こちら走るスーパーOL小林玲子

CRTチームまとめ

今年から新しく設定されてたクレイミング・ルール・チームCRTのチームライダーマシンを整理!

サンカルロ・グレシーニ
  ライダー:ミケーレ・ピッロ
  マシン  :ホンダ+FTR

パワーエレクトロニクス・アスパル
  ライダー:ランディー・ドプュニエ
        :アレックス・エスパルガロ
  マシン :ART アプリリアレーシングテクノロジー

ポールバードモータースポーツ
  ライダー:ジェームス・エリソン
  マシン :ART

イオダレーシング
  ライダー:ダニロ・ペトルッティ
  マシン :アプリリア+オリジナルシャシー

アビンティアレーシング
  ライダー:ヨニー・エルナンデス
       :イバン・シルバ
  マシン :カワサキ+FTR

スピードマスター
  ライダー:マティア・パッシーニ
  マシン:ART

フォワードレーシング
  ライダー:コーリン・エドワーズ
  マシン :BMW+シューター

以上のようですよ、予習して開幕に備えましょう!

7チーム9名のライダー、エンジンはホンダ、アプリリア、カワサキ、BMWの4種類、シャシーはFTRが3台、アプリリア?が4台、シューターが一台、イオダオリジナル1台ですが組み合わせで行くと5種類のマシンが走ることになるのかな。

今のところ各チームのスポンサーカラーがわからないのでマシンのイメージが湧かないですが、早めに頭に入れておくほうがレースを見るにはいいでしょう。

ライダー的にはコーリン・エドワーズとランディー・ドプュニエが実績実力ともにこの中では一つ抜き出てるのは皆さんも同じ意見ではと思いますが、マシンが全くの未知数なんでどうなるか想像できないですね。テストでどこまで初期不良をつぶせてくるか、セッティングを煮詰めるところまで持ってくるかでレースになったときに大きな差が出るのは必至ですね。

エンジンはワールドスーパーバイクでしのぎを削るホンダ、アプリリア、カワサキ、BMWだからそこそこ走るんでしょうかね。アプリリア採用マシンが5台と一番多いので開発は一番進むか、台数が多い分結果を残す可能性があるかも。ホンダ、BMWは一台に集中投資で開発を進めるか?どうなることでしょう。

2012年3月14日 (水)

徳島ラーメン:ふく利

またまた、たまたま仕事で徳島行きが当たっちゃいましたよ。しかもまたラーメン行きましょと!今回はお客様が食べログで1位のふく利さんに行こうということで食べてきました。

今食べログ見たら2位だった、3位がいのたに
Ts3v00070003
徳島ラーメンは豚骨醤油が定番ですかね、それと生卵のトッピングも普通そうなんで今回も投入。注文したのは肉玉です。しかし卵だけでもよかったかも、肉をつけなくても普通に入ってて量が多くなるだけっぽい。いのたにみたいに薄切りバラ肉と思っていたら普通のチャーシューだった。

スープの味ですが、僕はふく利さんのほうがマイルドでおいしかったです。いのたにさんのスープは塩味がきつい感じがしますね。あくまでも僕の意見ですが、一緒に行った人もふく利さんのラーメンのほうがよかったみたいです。麺は少なめかな・・・

ポタリング

今日はこまごま用事片づけを自転車で。ついでに武庫川サイクリングロードの写真も撮ってまいりました。そのうちウエブページで紹介しましょう。今日は毎年植えられる菜の花がちょっとだけ準備始まってたのでその画像を。
Img_0268
ポタリングなのでスニーカーでフラットペダル側を。汗もかきたくなかったので軽いギアでゆっくり走りました。今日はいつもと違って軽い浜風。行きがしんどくて帰りが楽なパターンですね。大した風じゃなかったけど折り返したらやはりちょっと追い風でした。ほぼ無風の自転車日和でしたね。
そうそう風向きが変わると伊丹空港の飛行機がいつもと違って宝塚側から着陸態勢に入るのですよ。今日は行きに見たときはそうでしたが帰りはほとんど風が無くなってたので通常の宝塚側離陸になってましたが。

帰りにイオンによって伊丹図書館の本を返しジョーシンでダイソンの値段をチェックして、ヒロコーヒーでコーヒーミルを物色してたら店員のおねいさんが試飲のコーヒーを持ってきてくれたのでいただきました。ペルーの豆でしたがアメリカンで薄味、浅煎りで豆もうすい茶色でした。味もあっさりでおいしかったです。最近ペーパードリップでコーヒーを入れて飲んでるんですが、コーヒーの香りを楽しみたいので豆で買って自分で挽いていろんな味を試してみたくなっております。
あとはドラッグストアで洗剤やら水○の薬やらを買って帰りましたとさ。

2012年3月12日 (月)

久しぶりに触った

去年の夏くらいから中断していたのでこのブログ始めてからは初めてのプラモネタになります。
現在は500アバルト、YZR-M1’05バレンシアともう一台YZRーM1を同時進行しています。今日はアバルトの屋根にクリアー塗装、YZRのカウルのクリアー塗装とカウルのデカール貼り。画像はセンターとアンダーカウルのデカールです。
デカールがカウルをまたいでるの結構難しい。ある程度定着した後でカウルの分割ラインにデザインナイフをいれてデカールを分離するんですが、ここでよく失敗する。今回も右のカウルが若干失敗した・・・カッターの刃はこの作業の前に必ず交換しないとだめです。

さぁ今年は何台か仕上がるかな( ̄▽ ̄)去年は完成なしだったからな┐(´д`)┌ヤレヤレ

Img_0256

初 有馬温泉!♨

阪神間で生まれて育って43年一番有名で一番近い温泉、有馬温泉に初めて入ってきました。

観光地なんで日曜日とかの休日には行きたくなかったので平日に行ける機会をうかがっていたのですが、今日は僕も嫁さんも休みで子供は学校ということで二人で行ってまいりました。
まずはぶらりとお土産物屋さんを見ながら有馬の温泉街をくるっと一周。上のほうに銀の湯がありました。

Ts3v00070002_2
下に降りて金の湯に!
料金は大人\650タオル\200
Ts3v0009_2
 噂で金泉は茶色いお湯だと聞いてましたがそのままですね。鉄分のさびみたいな感じで茶色いお湯です。口に付いたお湯は塩っぽかったです。
 温度も42℃と44℃の設定があったけど44℃のほうは熱すぎた。42℃のほうはちょうどいい感じで温まれました。
Ts3v00080001_2
 出るときには外は吹雪いてましたよ!びっくりした。
炭酸せんべいと有馬サイダーをお土産に買いました。

帰りは船坂のうどん屋さん”すじかま”によりました。
釜揚げうどんがうりみたいだったので釜揚げうどんを注文。
待ってる間にうどん生地を揚げたものが出てきていただきましたが、塩味がきいてておいしかった。今度はごまとしょうがが先に来てうどんが来るまですって待ちます。
うどんとつゆが来たら食べるんですが、薬味の量やたすタイミングでいろんな味が楽しめますよ。生生姜もすりたてでおいしい!
置いてある天かすがこれまたさらにおいしくなります。麺はもちろんこしがあって問題なし。

120312a_2
ここのおうどん屋さんは行って正解でした。

2012年3月11日 (日)

facebook

facebookにさっきちょっと登録してみたんですが、ほんの数十分しか経ってないのに知ってる人から友達申請が来てびっくりした。
 どう使うのか全く理解してませんよ!いとこをグーグルで見つけてつながっておこうと思って登録したんだけどこれからどうなることやら。
 

歴史発掘おおさか2011

3月25日までなんでもうすぐ終わってしまいますが、近つ飛鳥博物館で特別展をやっております。僕は先日仕事で偶然行ったのでお客さんに了解を得てちょっと見てきました。もともとプライベートで行こうと思っていたのでついでに行けてラッキーでした。

 この一年間の大阪の遺跡発掘の成果を速報展示する企画ですね。
やはり実物を見る機会というのはそうないことなので見ておいてよかったと思います。

 縄文から古墳時代くらいの遺跡に興味があるわけですが、その発掘地の大阪府内の分布がなるほどと今回思いました。発掘調査というのは全土を一斉にほるわけではもちろんないですし、開発や工事に伴って偶然そこを発掘調査するというたぐいのものではあるのですが、それでも古墳時代くらいまでの大阪の遺跡の分布はやはり特徴があると思いました。
 大阪の古代史に興味がある方ならご存知だと思いますが、かつて大阪は大阪湾が内陸まで入り込んでいて、大阪市は上町台地だけが陸地であとは海だったのですよね。ですから古墳時代くらいまでの遺跡の分布は平野区の東のほうから八尾市、そこから生駒山の麓、東大阪市の東のほう、そして四条畷市、交野市のほうにあります。海を使った水路での飛鳥への玄関口は今の大阪港ではなくて住之江、堺市のほうだったんですかね。大陸から来て一番初めに目にするのが百舌鳥~古市古墳群なわけです。
 これはやはりインパクトあると思いますね。しかも古墳は今の森のような姿とはまったく違ってきれいに石が敷き詰められたきれいな姿であったはずです。
 余談ですが、現在の大和川の八尾から西側は確か江戸時代に人工的に西側に向けて掘られた人工水路です。地形も数百年で結構変わってるんですよね。

プラモ作品

以前に作ったプラモデルの画像をマイフォトにちょっとずつアップしております。

プラモデルはレーシングマシンのバイクと車が中心です。たいして上手ではないですが暇な人は見てみてください。

2012年3月10日 (土)

16.5→17

これはSBKの中継中に八代さんが解説されていて気になったキーワードです。

SBKは前からタイヤはピレリのワンメークですね。コンパウンドは毎回何種類かあるんでしょうがサイズは一緒ですよねたぶん、それが今年からホイールサイズが16.5インチから17インチに変わったそうですね。市販車の設定はどうなんでしょうか?motoGPは今は16.5ですね。八代さんも言ってましたがこのサイズ変更はタイヤのハイト、高さ・厚みが薄くなるんですよね、それでタイヤの仕事量、接地面積も減るので去年までとはちがう乗り方をしないとだめじゃないかなと思います。ライダーにとっては結構大きな変更なんじゃないでしょうか、といっても全員一緒なんでライダーは言い訳なしで対応しないといけないわけですが。

話は変わりますが16.5インチと言えば僕の中では最初にGPでこれが話題になったのは’98か’99年くらいのシーズンのような気がします。間違ってたらすいません。なぜ覚えてるかというと、当時のライダーでレッドブルヤマハのギャリー・マッコイ選手がコーナーリングでリアをスライドさせて路面にブラックマークをはっきり残しながらカウンターを当てて曲がっていくそのライディングが強烈だったからです!その時にマッコイ選手が履いていたのが16.5だったんですね。当時は17インチが主流で16.5を試していたのはマッコイ選手ぐらいだったのかな?なんしか強烈なライディングでした。

あとSBK第1戦では実況ではさらっと触れただけでしたが、悲しいことにスーパースポーツクラスの選手が予選で事故死してるようですね。ほんとに毎年のようにこういう事故はありますね、やはり危険なスポーツですしそうだからこそエキサイティングなんでしょう。

2012年3月 8日 (木)

徳島ラーメン:いのたに

先日仕事で徳島に行ってまいりました。帰りにお客さんと徳島ラーメンを食べて帰りましょうということになりました。いのたにさんは以前に仕事で行ったときにお客さんと食べたことがありまして、徳島ラーメンと言えば”いのたに”と教えてもらいました。

スープは豚骨醤油で肉入り卵乗せを注文しました。ちなみに注文は食券を買いますが僕は卵乗せにするのを忘れていたのですが注文時に訂正出来ました。

豚骨醤油のあじが濃いです。肉はチャーシューじゃなくて豚バラ肉を味付けで煮込んである感じですかね、これはこれで徳島ラーメンの特徴なんでしょうおいしいです。

店内にはたくさんのサイン色紙が飾られてありますよ、どうでもいいですが・・・駐車場もちゃんとあるし市内でわかりやすいと思いますので徳島に行かれた時は試してください。

120219_151601

武庫川サイクリング

今日は3週ぶりに武庫川サイクリングロードを走ってきた。

天気は曇り、しかしもう3月かなり暖かくなってきましたね、風がぜんぜん冷たくなかったです。その代わり目がかゆかった。だいたいそうなんですが、宝塚側から河口へ向けて走ると行きは追い風で帰りは向かい風になることが多いですね、今日もそうでした。とくに仁川を渡って田近野あたりからは松の木もなくなって遮るものが無くなるからか風が直接当たりしんどくなります、トレーニングにはちょうどいいかな。

もう春はすぐそこですよ、いつも菜の花をいっぱい植えている花壇も今日はちょっとだけ菜の花を植えてありました。今月中に満開の菜の花が見れるでしょう。

あと阪神武庫川駅の下から43号線にかけて、サイクリングロードの舗装が新しくなっていました。ときどき工事で道がよくなっていきますね。

2012年3月 7日 (水)

200000km

200000km
営業車の30プリウスの走行距離が20万を超えました!

2012年3月 6日 (火)

神々の体系

神々の体系:上山春平

まずなぜ上山春平氏の本を読もうと思ったか、からです。歴史関連の本をいろいろ図書館で借りて読んでいるんですが、知っていてはずしていたのが井沢元彦氏の逆説の日本史でした。読んだらいっぺんでファンになりました。理由はまた今度ですが、そこに梅原猛さんの著書が紹介されていて梅原猛氏の本を読みます。ここでまた梅原先生の古代史謎解きのファンになるんです。そうすると梅原先生の古代史の考察にアドバイスというか一緒に古代史を考えてるのが上山春平氏だとわかるのですね。順序が逆ですがやっと僕の古代史の見かたをどんどん変えてくれる考えの大元にたどり着いたようです。

井沢氏、梅原氏の著作をすでに読んでいるのでもう驚きもないですが、日本書紀の作者、プロデューサーが藤原不比等であるということが書いてありますね。

古事記、日本書紀の神代の系譜と日本書紀が書かれた600年代後半から700年代前半の天皇家と不比等との対比で、その時代のことを神代に持っていってるのでは、と考察されています。天孫降臨が元明天皇から聖武天皇への孫への系譜と重ねて考えるのはいろんな方が言っておられますね。元明がアマテラス、聖武天皇が天孫ニニギということですね。

哲学者の先生なので哲学系の専門用語が出てきたりしますし、物の考察のアプローチも哲学的なんでしょうね、その辺は梅原先生と同じです。しかし徹底的に掘り下げて何度もくどいように説明されているのでゆっくりですが僕にも理解は出来たような気がします。

歴史学の先生の日本書紀や古事記の表面上をみていろいろ考察するだけではやはり物の本質は見えてこないとおもうのです。人間がやることなのでその行動には何らかの理由があると思うのです。ですからそこに書かれてあることだけではなく、書かれていないことも、なぜ書かれていないのかということまで掘り下げないとだめなんですよね。歴史学会では上山氏や梅原氏、井沢氏等の説は無視されたりしてるようですが、このような視点から歴史を見る必要があるし、だからこそ真実に迫っていけるような気が僕にはします。

けど結構難しい本ではあります。次も上山春平氏だ。

2012年3月 4日 (日)

SBK Round1オーストラリア

いよいよレースシーズン開幕ですね。レース自体は先週の日曜日に行われたわけですが、JSportsの中継は1週遅れなんで僕らは今日が開幕です。

さて初戦はまずライダーの移籍やバイクのカラーリング変更を覚えないといけないですね。新しいカラーリングやデザインは毎年楽しみです。今年のライダーの移籍は撤退したヤマハのメランドリーがBMWワークス、ラバティーはアプリリアワークスですね。それになんといっても注目は青山博一の参戦でしょうか。逆に芳賀選手のBSBへの移転は残念ですね。バイクのカラーリングも各チーム変わってましたね。ホンダはテストの時は去年までのカストロールカラーだったと思うのですが、白に青赤のトリコロールでしたね、チーム名もテンケイトからホンダワールドスーパーバイクチームに変わっていたのでワークス体制に戻したんでしょうか?カストロールカラーが無くなったのは残念です。アプリリアワークスもアリタリアが撤退で赤/黒のカラーに変更です。BMWワークスは去年とほぼ一緒、サテライトチームは白青黄色のきれいなカラーリングで目立ちますね。

レース1はいきなり去年のチャンピオン、チェカとビアッジのマッチアップでしたが高速コーナーでチェカがハイサイド!そのままビアッジのぶっちぎり。2位にBMW移籍初レースのメランドリが入り3位はギュントーリでしたね。メランドリは何に乗っても器用に乗りこなしますね、昔から好きな選手です。

レース2はスタート直後の1コーナーでビアッジが飛び出して、もう終わったと思ったのにそこから怒涛の追い上げ。トップグループはレース1でこけたチェカがトップに立つとそのまま逃げ切り。レイ、サイクス、の表彰台争いになんと20台抜いてビアッジが追いついてそのまま2位に浮上!ちょっと今年のアプリリアは早すぎる予感が・・・3位争いはタイヤがきつそうだったレイが最終コーナーでサイクスにかわされて決着。ハスラム、メランドリーのBMW勢が4位5位でした。

このレースだけではわからないですが、ドゥカは今年も好調、アプリリア+ビアッジは抜け出すとちょっと早すぎる、BMWとカワサキも結構速いという感じで面白くなりそうです。

青山選手は8位と9位マシンはレイ選手が速かったので青山選手はSBKの雰囲気に慣れたらトップ争いに絡んでくるとおもうので期待しましょう。ホンダのHPはレース後すぐに結果が載ってるので中継まで見るのは危険です(。>0<。)

2012年3月 1日 (木)

motoGPセパンテスト

2回目のオフィシャルテストがありましたね。相変わらずホンダのストーナーが一番時計!ダニーも続いて好調を維持していますね。その後ろにぴったりヤマハのベンとホルヘがつけてまずまずかな?去年のテストよりホンダとヤマハのタイム差が離れていないので今年は楽しみですね。ドゥカティのロッシとヘイデンはけがの手術明けでまだ本調子ではないかな、そうだと今よりもっとタイムがよくなる可能性があるのでこちらも本番に向けて調子をあげてほしいですね。そうすればよりエキサイティングなレースが展開されるでしょう。

CRTはやっぱり実力者のベテラン、コーリンがトップタイム。しかしケーシーからは3秒以上離されているので前にはこれないでしょう、しかしサテライト勢からは1秒ちょいおちなんで中断以降は抜きつ抜かれつの大バトル大会があるかもしれないですね。そうなればテレビ中継でも先頭ばかりでなく中段争いのバトルも見ごたえあるかも。期待しましょう!

今年はホルヘにチャンピオン奪還をお願いします!

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ