« 大阪という地名 | トップページ | CRTはどうなんだろ? »

2012年2月24日 (金)

オランダGPの16ラップ

オランダGPの16ラップ:泉優二、竹島将

’83年のオランダGPを題材にしたバイク本ですね。NS500で戦う片山敬済選手やフレディ・スペンサー、YZRのケニー・ロバーツの戦いぶりをまさに文字で実況中継してます。作者も一レースだけで一冊の本にしてみたかったと前書きで書いておられますが、実験的な小説だと思います。ほんとに細かくスタートからライダーの動作、バイクの動きを文字で描写していくんですが、ラジオの中継でもそこまで実況しないだろ!ということまで書いてあります。しかしやはり文字でここまでレースを細かく書いてもなかなか読者には伝わりにくいのではと思いました。僕はバイクに乗っていたし、フレディも片山もケニーも知ってるからなんとなく想像がつくけど、バイク知らない人には全くわからないと思う。バイクを知ってる人間でもちょっとレースの感じが伝わってこなかった、中でもコーナーの名前をアルファベットで書いてあるんだけどオランダ語の発音をカタカナで書いてくれてないので、コーナーの名前が読めなくて、コース図が頭に入らずすごく読みづらかった。

レースの中の一瞬一瞬の描写で人間ドラマを描こうとされたみたいだけど、今回はレース実況本で人間ドラマのほうはほとんど描ききれてないように感じた。

やはりレースそのものは読むもんじゃなくて、ビデオや写真で見るほうが伝わってきますね。

« 大阪という地名 | トップページ | CRTはどうなんだろ? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582317/54066951

この記事へのトラックバック一覧です: オランダGPの16ラップ:

« 大阪という地名 | トップページ | CRTはどうなんだろ? »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ