« 12月26日 | トップページ | クルマいじり »

2011年12月26日 (月)

阪急電車

昨日一日で読み終えたくらい読みやすいし、読みだすとどんどん物語に引き込まれて止まらなくなる小説です。今日嫁さんも一日で読み終えてました。

今年この小説が映画化されたので結構話題になりましたね。それに自分は子供のころから現在も阪急を使うのですごく親近感が湧きます。しかも舞台は宝塚から西宮!

20台前後の若い恋愛慣れしてない複数のカップルのお話ですが、いい話がちりばめられています。舞台の今津線沿線は今も車でよく通るので景色が目に浮かびます。最後の解説を読むまで知らなかったのですが、作者さんは女性なんですね。なんとなく女性目線だなとは思ってましたし、若い女の人の恋愛中の感情表現が細かいなと思いましたが、納得しました。

登場人物の女性のセリフを昔自分が昔の彼女に同じこと言われたのを思い出して、昔は自分もうぶやったなと思いだした(笑)

映画ではどういう風になってるのか見てみたくなりました。

« 12月26日 | トップページ | クルマいじり »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

阪急電車の内容は如何です?

私は本よりも近所に阪急電車の関係者の人々や歌劇団の関係者の人々や撮影所の人々や親は一三さんとも親交があり 色々と詳しく聞いたりとしていただけに…
本は読まず映画も見ていませんが…どんな内容になっているのでしょうね。

彦左衛門さま
小説「阪急電車」は7人?8人?だったかの女性の物語をつづっていくのですが、どちらかというと若い人の恋愛小説的な話です。
ばらばらの物語に見えて絡み合ってる、軽いタッチの小説なのでさらっと暇つぶしに良いと思います。
映画は南口や小林や今津線周辺でロケしてるので、現在の宝塚や西宮の雰囲気は感じてもらえると思いますよ。

ナガオカ様

ありがとうございます。

私が小説を書けば…言われない隠された事を本音で書きますから騒がれるでしょうね。(笑)

彦左衛門さま
小説はあれですが、彦左衛門さま記憶の、昔の良き時代の宝塚の姿はどこかへ書きとめておいてほしいですね。

ナガオカ様

最近 比較的 時間が取れる様になり色々と昔の事が走馬灯のように脳裏を駆け巡ります。
しかし視力が悪くなり歳と性格か書くのが面倒になり記録を書き残すが苦手で…
昔は書類を書いたりとしてましたが(笑)

彦左衛門さま
どこかで宝塚の想い出ブログを作ってください!

ナガオカ様

ありがとうございます。

最近、私は本音を書き込みしそうなんで…(笑)
危ないです(笑)

ナガオカ様

おはようございます。

昔々 江利チエミ・清川虹子・のサザエさんの映画の撮影を見返り岩と武庫川であり 映画に成ったのを小さな子供の頃に見た記憶があります。
宝塚の地域性かして騒ぐ事が無かったです。(笑)

彦左衛門さま
ぼちぼちの返事ですみません。
なかなか誰が見てるかわからないネット上で、不特定多数の人向けに本音をぶちまける度胸はないですね(笑)
今はもうなくなりましたが、ファミリーランドに”宝塚映画”?でしたか、映像を作る会社がありましたね。
昭和の50年代だったと思いますが、週一子供向けのドラマをそこが作っていて見ていました。ロケバスも走ってました。
”見返り岩”というのも知らない場所ですね。
昔は南口あたりで金髪のお姉さんといえば”宝塚の人”でしたが、今は小学生でも金髪がいるからわからなくなりました(笑)

こんばんは

お疲れ様です。

連投の連続で申し訳ありません。
御容赦くたざい。
見返り岩は西側の宝塚ホテルから若水方面に向かい蓬莱橋を渡らず武庫川沿いに生瀬橋へ進むと岩を削った所に武庫川に岩山があり左手の山側に滝の後があり 横にトンネルの後があり その武庫川にある岩山が見返り岩です。
今では乱開発で滝は流れていないかと…(泣)
見返り岩の川向かいには一面の松林が川辺にありました。たしか愛の松林とか聞いた記憶が(笑)
この道を生瀬橋に行くと手間の山側にウィルキンソンのトンネルが幾つも有ったように記憶しています。

昔々は若水の辺りには旅館が 多くあり下駄屋さんやビリヤードや また独特の建物の分銅屋と言う旅館が有りましたね。
(笑)
小学生の頃は賑やかだったと記憶しております。

彦左衛門さま
見返り岩は地図にも載ってますね、道は通ったことがあるので、あそこかなと想像はつきます。
滝もあるんですね、一度確認に行ってみます。
ウィルキンソンも今やマンションになってしまい面影すらないです。
宝塚の温泉街は中途半端な雰囲気ですね。すぐ近くに有馬が控えてるのでどうしょうもないですが。市が立てた宝塚温泉もまだ行ってないので行こうと思っています。

こんにちは

宝塚温泉は冷泉ですね。
昔々、宝塚歌劇の北側に宝塚ヘルスセンターがあり,たまに赤い湯が出る事が有りました。(笑) 鉄分が多くて石鹸が中々 泡立ちが悪くて…(笑)

中洲のダンスホールの横に宝楽と言う旅館に湯本(湯元)から武庫川沿いにパイプでお湯を引いていましたね。(笑)

彦左衛門さま
宝塚温泉は冷泉ですか、色が赤いのは有馬と近いことも関係があるのでしょうかね。
武田尾温泉は武庫川の氾濫で一時期閉鎖されてました。もう再開してるとは思いますが。
年内に宝塚温泉はクリアーしよう。

ナガオカ様

おはようございます。

温泉が出ると言うことは逆に裏を返せば火山活動との関連性がある地域と言うことですよね(笑)

五十年前には中学生の理科の教師が担任 曰く 六甲山が東南だったか東側に年間数ミリ移動していると説明を(笑)
そんな事を知っているのか親は地震には敏感で揺れる前には地震だと叫び家を いち早く飛び出していました(笑)
飛び出してから揺れてましたね。
生きる知恵(笑)

ニュースや行政は流さない地元の歴史と地元の地学を深く知ることが大切ですね。
まさか六甲山が動いているとはね。(笑)

最近 淡路島で開発し残土を処分場に運び込み 銅鐸等が発見されましたね。よく気がついたと思います。
心がある方に見つかり良かったです。

考古学として須磨の海岸の海にアンモナイトの化石が有りますよ♪
持っている方を知っています(笑)

阪神間は古代からの歴史の宝庫です。
四国も荒らされていませんから多く眠っているかも知れませんよ♪

海に近い地域は特に

彦左衛門さま
六甲山が微妙に動いてるんですかね。阪神大震災の時に阪神間は海側に数センチ伸びたようで、土地を測量をしたら合わなくなったようです。震災直前にオープンした阪神競馬も数センチ動いたみたいです。
淡路はイザナギ・イザナミの神話の国なのでこれからもすごいものが出るかもしれませんね。
四国の人はなんかのんびりしてるのか、地下にはいろいろ眠ってるでしょう。

ナガオカ様

おはようございます。

芦屋駅南側の国道の業平の辺りの地下深く掘ると山津波が起きた形跡で多くの木が有るようです。
土木関係者からの話です。

追記

震災後に所用で裏六甲から登ると裏側の斜面に亀裂があり 所々に土が現れていました。
永い時が経つにつれて雨などで いずれは崩れていくのかと…自然の流れでしょうね。

ナガオカ様

徳島の瀬戸内側のお寺の無縁仏に多くの源氏や平家の方々が眠っているとの話を聞きました。
ご参考までに

彦左衛門さま
六甲山も太古の昔からいろいろ形を変えてるのでしょうね。
逆瀬川の上流、西高の先は砂防ダムがありますね、これのおかげで住宅地ができたようですね。

瀬戸内海は海賊をやってた豪族なんてのもいたようですし、知られていない面白い歴史がありそうです。

ナガオカ様

瀬戸内の海賊?は和歌山から大阪から中国地方 更に淡路 四国と活躍していたのかと…(笑)

彦左衛門さま
村上水軍っていうのが有名なんでしたかね。
海賊の活動は範囲が陸に上がってるという説ですか、面白いですね。

ナガオカ様

色々と瀬戸内の歴史を調べれば面白いかも知れませんね。(笑)

昔々の神戸の柳原に大きな北風さんと言う回船問屋があり 古典落語にも名前が出ていましたね。(笑)

彦左衛門さま
瀬戸内の歴史はあまり遺跡等がなくて注目されてないだけにいろんな発見がありそうで面白そうですね。
回船問屋というのもいくつもあったのでしょうね。
大阪市になにわの海の時空館というのが以前ありまして、そこに実物大の菱垣廻船が展示されてるのを閉館前に見に行きました。
このなにわの海の時空館は良い展示だったので、閉館は非常に残念です。
こういう文化的な施設はもうかるかもうからないかのみで判断してほしくないですね。
むしろ文化というのは、為政者や金持の道楽があってこそ発展、継承されるのではないかと思ってるので、よけい残念です。

ナガオカ様

おはようございます。

大阪は士農工商では無く商士農工ではと…
住友や淀屋 鴻池 北風 等々の豪商が存在し米相場を確立した商いを中心にした町ですね。

今の官僚や役所の公務員と政治家に大塩平八郎には色々と意見は有ると思いますが大塩平八郎の言葉を忘れたのかと問いたいですね。

ナガオカ様

大阪の歴史を大衆芸能の故桂米朝の古典落語を聞くと当時の社会を創造する事が出来ますね。(笑)
今の方では…

彦左衛門さま
江戸時代のことは勉強不足なんですが、江戸時代の町人文化、商人文化や流通、金融は当時としは世界的に見ても非常に優れたシステムを確立していたように感じますね。
そういうベースがあったからこその「明治維新」だったという風に理解してます。
残念ながら落語はほとんど無知でございます、面白いのは判ってるんですが。
能・狂言は見たことがあるんですが。

長岡様
こんにちは

落語と言っても色々なジャンルが有りますが 故桂米朝の古典落語は色物から社会生活までと巾が広く語っていますので 昔々の大阪の文化を知るのには面白いです。
お笑いあり泣きがありと…
社会勉強になる作品が有ります。(笑)
テレビの番組よりも為になりますね。(笑)
故桂米朝の落語は本当の話芸ですね。
故桂米朝は時代を色々と文献を調べて落語に語っているだけに…

今の落語家?には語れないでしょうね。

たしか北区兎我野町の御寺に空襲を免れて幕末の新撰組の方のお墓が残っていましたね。(笑)
大塩平八郎のお墓は空襲に遇って現在は移築されているそうです。

長岡様

能や狂言などは親が詳しいですね。茶道 華道 琴 三味線 踊り等々は…

私は…(笑)

彦左衛門さま
大衆演芸の落語にそ当時の生活ありのままが残ってるんだと思いますね。
いまだと小説、歌謡曲とかドラマ、映画などにその時の生活が表現されてますよね。
今の若い人は「ダイヤル回すその手を止めた」なんて歌詞を聞いても?なんじゃないでしょうか(笑)
残念ながら自分の周りには古典芸能通じてる方がいないのでまったくなじみがないです。

今の日本社会の中で少し落ち着いて周りを見渡す時間が必要ですね。

色々な情報に惑わされずに周りを ゆっくりと眺める時間が必要かと思います。
温故知新

紙の文化に馴染んで欲しい時かも…
日本人の日本国民の私の年代から今を見ていると周りに振り回されて異常さを感じます。

良い年を迎えください

彦左衛門さま
今年はいろいろとご教示いただきありがとうございました。
彦左衛門さまも良いお年をお迎えください。

明けまして おめでとうございます。
宝塚も治安が悪く成っていますね。
神戸新聞を見ると名塩でベトナム人が密売用大麻栽培容疑でベトナム人の女逮捕とのニュース
西宮の名塩と言っても宝塚との境目ですね。

宝塚に大麻や麻薬の汚染が進行していないかと怪しいですね。

彦左衛門さま
あけましておめでとうございます。
名塩は西宮というより宝塚に近いですね、変な事件は起きてほしくないですね。

今年は宝塚が良い方向に向いていくようになってほしいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582317/53578137

この記事へのトラックバック一覧です: 阪急電車:

« 12月26日 | トップページ | クルマいじり »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ